鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国ツーリングB

<<   作成日時 : 2010/05/16 20:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月15日(土)
相部屋の爺さんのイビキに加え、早朝4時にカヌーツアーに出かける
宿泊客の物音も加わり、寝たのかよくわからないまま7時起床
画像

朝食もユースにしてはなかなか豪華なものでした
画像
どうせ前の晩の残り飯なんだろうなーと思っていたら
ちゃんとまた炊きたての御飯だったので感心しました

今日は松山22時55分発の大阪行きフェリーさんふらわあで帰ります
2泊するのは想定外だったのであまりコースを決めていなかったのですが
とりあえず昼ごろまでこの辺でのんびり写真撮影しようという事で…
画像
国道からこの岩間沈下橋を渡って
対岸の究極に狭い道を10分ほど南下したところにユースがあります。
四万十川の風景として一番紹介される事が多い橋だと思います。
画像

ユースから一番近い(といってもかなり遠い)江川崎駅の隣の駅は…
画像
国鉄時代は平仮名主体の駅名票だったのですが
JR四国は漢字主体の駅名票なので面白みが減りましたね
JR四国も同じ高知県の後免駅だけは平仮名で「ごめん」という駅名票にして
笑いを誘っているようですが、こちら「ハゲ」はある意味差別用語ですからね…

そして次の十川駅付近は毎年この時期
大規模な鯉のぼりが四万十川の谷に架けられることで有名
画像

この鯉のぼりが架けられている山の上に行けないものかと調べたら
林道をバイクで登れることがわかり登って俯瞰撮影してみました
画像
画像
今度は四万十川の沈下橋とJR予土線を絡めて撮影してみました
画像
                 (クリックすると拡大します)
すっかりお昼になってしまい道の駅大正で昼食を
しいたけ丼とうどんのセット(800円)を注文
画像
道の駅ということであまり期待していなかったけど
肉厚のしいたけはとてもジューシーでその笠の下側には穴子が。
うどんも冷凍ではなく手作りだそうでコシのあるものでした

狭い国道大好きな私は、大正からまた439(与作)を走って北上
画像

梼原町からは快適な国道197号線などを通り大洲から瀬戸内の海岸へ

青春18切符のポスターでもお馴染みの夕日で有名な、予讃線下灘駅
画像
画像
画像
画像
画像

その先の道の駅では伊予名物じゃこ天の揚げたてアツアツを海岸で
画像

上記の道の駅近くの丘から海岸線を走る予讃線の列車を
画像

松山からフェリーに乗って帰るという事は旅の〆はやはりこちらですね
画像
土曜日の晩とあって観光客でごったがえしていましたが
風呂上りは土産物を買ったり、しばし温泉情緒を味わいました
画像

松山での晩御飯はパッとした店がみつからず結局吉野家で
松山といえばJR駅前に吉野家のパクリみたいな中野家という店がありましたが
今もまだあるのかな?看板の色も吉野家と見間違う感じでしたが…
あと餃子の王将のパクリ?の餃子の大将っていうのも昔食べましたが
こちらは今回注意して走行してたけど見落としたのか気付きませんでした
松山はパクリが好きな町なんでしょうかね?

九州別府から松山を経由して大阪へ向かう
22時55分発のフェリーに乗るため早めに港へ行きましたが
四国松山から乗船するライダーは私とあと2人。うち一人がアメリカ人
アメリカ人は日本語ペラペラでとてもフレンドリーでした

乗船後、昨晩の爺さんのイビキで寝不足なので即爆睡しました

5月16日(日)
早朝6時ちょうど頃、明石海峡を通過
画像

早朝というのに見物客で甲板は賑わっていました
まあ私は家の窓からも毎日見えているんですけど
他の地方からの乗船客にとっては雄大な景色ですよね。
ここら辺で下ろしてくれたらすぐ家に帰れるのに…
神戸港にも寄らなくなって不便になり約50キロ先の大阪南港まで乗船
画像

ここからは阪神高速湾岸線で神戸垂水まで戻りますが
昨晩のアメリカ人ライダーは神戸の某大学の外国人講師だそうです
画像
(サングラスをしているのでプライバシーに問題ないと判断して掲載しました)

帰る方向が同じなので先導してほしいとの事で、快く引き受けました

途中のパーキングでもコーヒーをご馳走したり日米親善に努めたら
大変喜んでもらい名刺もいただき、今度一緒にツーリング行きましょうとの事。
アメリカ人のツーリング仲間がいるなんてちょっと自慢ですかね?

6時頃垂水付近を通過したというのに垂水の家に戻ったのは9時半頃でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国ツーリングB 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる