鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 青春18切符 木土限定!笠岡諸島縦断コース(後編)

<<   作成日時 : 2010/07/31 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 2

多度津駅から港への道のりは標識もなく何度訪れても迷うので
前回のツーリングでも活躍したカーナビを持参していて難なく到着
多度津から途中高見島を経由して佐柳島へ向かうフェリー
画像
多度津町内の佐柳島までは毎日数便運航があります。
佐柳島までの乗船券。硬券ではないものの味がありますね
画像

14時に多度津港を出航香川特有の富士山形の山が遠ざかります
画像
          瀬戸大橋も遠くに見えてきました
画像
          佐柳島までの途中、高見島にも寄ります
画像
多度津から50分で佐柳島本浦港へ到着
画像
画像
画像
わずか5分の乗継ぎで木土曜のみ運航
2012年8月現在、土曜のみの運航になっているようです。
県境を越えて真鍋島に行く便に連絡しますが…
ある程度予想していたものの県境を越える客は我々2名だけでした
画像
島の住人宛の荷物が数個積まれていて
客よりも離島の物資輸送目的で週2回の運航を継続しているようです。
ちなみに数年前までは火・木・土の週3回でした。
佐柳島から15分程度で県境を越えて岡山県笠岡市の真鍋島到着
画像
佐柳島から乗ってきたこの船が本州側の笠岡まで行くのですが
ここで1時間15分停泊するので島内を散策する事ができます
画像
真鍋島で一度下船しますが切符は佐柳島から笠岡まで通しで買えました。
「この船がそのまま笠岡まで行くので今日中に笠岡まで行くなら
本当はダメだけど通しで買った方が安いからいいよ」
という船員さんのおおらかで粋な計らいで1150円でした

真鍋島は「瀬戸内少年野球団」など映画の撮影にも使われた
瀬戸内に浮かぶ風光明媚な小さな島です
先ほどの佐柳島と、岡山県側は一つ手前の北木島までは
車を運べるフェリーがありますが真鍋島へは客船しかありません。
歩いても回れるぐらいの小さな島なので車の必要がないのです。
車の通行がないので、この時期のセミの大合唱がなければ
波の音と船の行き交う音しか聞こえない癒しの島ですよ
昔ながらの漁師町って感じの真鍋島港です
画像
丘を超える事、徒歩5分程度で島の反対側の砂浜へ行けますが
ここに「三虎」という旅館があります。
真鍋島小学校の古い建物を移築したのだそうです
画像
数年前までユースホステルも兼ねていて、安い料金で泊まれたので
15〜20年ほど前に何度か宿泊した事があるのですが
最近はネット予約などで安く泊まれるビジネスホテルにおされて
全国的にユースホステルがすたれてしまっているので
ユース協会に収める多額の協会費に嫌気がさして脱退する旅館も多く、
ここもそのひとつなのでしょう
相部屋とはいえ2食付4千円程度で
地魚料理をたらふく食べられたのですが残念です
現在は普通の旅館として1泊2食10,500円なのだそうです。
宿の物と思われる浮き桟橋に少しお邪魔して海側から宿を撮影
画像
昔お邪魔したときには元小学校の建物ぐらいだったのに
砂浜にせり出すようにたくさん増築されていました。
島の反対側にある港から道路もない所なので船で資材を運んだのでしょう

再び連絡船の発着する島の反対側への丘を越えて元来た道を戻ります。
今回は薄雲りの天気でしたが、この丘から昔撮った写真がこちら
画像

16時25分の出航時間まで港周辺をのんびり撮影
画像
画像
画像

Dr.コトー診療所を思い出します
画像

中でも真鍋島小中学校は木造の建物で趣あるものでした
画像
わずか1時間15分でしたがけっこう真鍋島を堪能しました。
画像
ここから先の連絡船は毎日何本か運航があります。
途中いくつもの島に寄る航路というのがわかりますね
画像

笠岡が近づくにつれあちこちの島から徐々に乗客が乗ってきて
ほぼ満席近くの状態で17時37分に笠岡港へ到着
画像
今夜は笠岡市の花火大会だそうで港周辺の岸壁では
まだ明るい時間なのにものすごい人が場所取りをしていました
周辺道路も人や車であふれかえっていました
我々オッサン2人組には花火なんか用事ありません
笠岡といえば最近話題の笠岡ラーメン
花火じゃないラーメンだラーメンラーメンを食わせろ
…という事で前もってチェックしていた有名どころ「いではら」
画像
このお店、昔真鍋島を訪れた際に、笠岡に美味しいラーメン屋があると聞き
一度訪れた事があるかもしれないのですが、なにしろ20年近く前の話で
本当にこの店だったのか記憶が定かではありません
店内に入ると、昔入った店はもっと薄暗くて汚かったような…
ここじゃなかったのかな
このお店の道を挟んだ斜め向かいに、
新横浜ラーメン博物館に期間限定出店している「坂本」があるので
昔行ったのはあちらだったのかも知れません
「坂本」にも是非行きたいところですが15時までの営業で既に閉店
それはともかく「いではら」のラーメン(並600円)はこちら
画像
笠岡ラーメンの特徴は豚チャーシューではなく鶏チャーシュー
画像
5月に高知をツーリングした際に食べた
須崎の鍋焼きラーメンも鶏肉が入っていましたが
あちらは大変脂の乗った鶏肉でしたがこちらは脂の乗っていないモノ。
スープも須崎と同じく鶏がら系でしたが脂身ではない分あっさりとした物で
麺を日本そばに変えたらこのまま鶏南蛮になるのではという物でした
いではらの場所はこちらになります

「坂本」が既に閉店しているとあって他に笠岡駅周辺にめぼしい店がなく
時間が余ってしまったので時刻表を再確認すると
尾道ラーメンの一番人気店「朱華園」の福山店へ行ける余裕があるとわかり
急きょ岡山県笠岡から広島県福山へ向かいました
画像
県境を超えてわずか15分で福山に到着
画像
「朱華園」は尾道市にある本店は常連ですが福山の支店は今回が初めて。
場所もあまり知らなかったのですがここでもカーナビが活躍
駅からわずか5分程度、地元百貨店天満屋の南側スグの所に発見
画像
店の外も中も尾道の本店と似た雰囲気の作りでした。
          そして中華そば(並550円)です
画像
画像
尾道ラーメンの特徴、平打ち麺に背脂の浮いたイリコダシ系のスープは
支店でもウマ━━━(゚∀゚).━━━!!!
尾道の本店は観光客も多くピーク時には長蛇の列が出来たりしていますが
福山に支店があることは観光客にほとんど知られていないので穴場ですね
朱華園福山元町店の場所はこちらです

本数の少ない岡山〜姫路間は、18切符の時期混雑する有名ポイントで
着席乗車する為に岡山駅のホームで早くから並ばなくてはなりません
この苦労をパスできるのが岡山以西から姫路まで直通する電車で
福山に僅か43分の滞在で19時22分発の直通姫路行きに乗車。
しかし福山〜姫路間は各駅停車で2時間半座りっぱなしとなります…

姫路で3分の接続で新快速がありますが
私の最寄り駅舞子には新快速が停車しないため
明石で各駅停車に乗り換えなければならず、その接続がとても悪いので
その次の各駅停車で舞子まで直通で乗っても大差がないとわかり
18キッパー達が全速力で乗り換える新快速を見送ってガラ空きの各駅停車で。
そしてこの乗継時間に姫路名物えきそば
画像
画像
和風ダシに中華麺の組み合わせが最近特に有名になりましたね
大盛り無料サービスを今日までの期間限定でやっていましたが
時間もないので断念し速攻で胃袋に流し込んで乗り換え

広島県福山から3時間22分、定刻22時44分に舞子駅に到着しました

18切符は1回当たり2300円ですが今日普通に切符を買いながら旅行した場合
7,330円になります(JR利用分)

18切符日帰りの笠岡諸島縦断コースは、逆コースも木土曜のみ可能ですが
真鍋島で長時間滞在できるこの北行きコースがオススメです
笠岡から真鍋島を往復するだけなら曜日にかかわらず可能ですが
どうせなら多度津〜笠岡間を縦断したいですね。
ちなみに讃岐うどん巡りにこだわらないなら
行きに宇野〜高松間のフェリーでさらに船旅を味わうのもいいですよ
1時間の船旅でわずか390円ですから…
帰りも我々のようにラーメンを食べなければ2時間程度早く帰れます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
鉄火メンさん、いつも楽しそうに旅してますね〜
方向音痴のオレにとっては、鉄仮面さんの道の詳しさはうらやましすぎます!!!
アーーーッオレもラーメン食べたい〜旅したい〜
ぜるびす
2010/08/13 20:15
ぜるびすさん、お疲れ様です
これから涼しくなると
ラーメン&温泉ツーリングもいいですね
来来亭&柚耶の里で温まりましょう
鉄仮面
2010/08/13 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
青春18切符 木土限定!笠岡諸島縦断コース(後編) 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる