鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 青春18切符 北陸〜関東ツアーBわたらせ渓谷鉄道

<<   作成日時 : 2010/08/28 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8月28日(土)
栃木の夜といえば餃子ですが、朝は「レモン牛乳」で始まります
画像

今日は宇都宮を出発して小山駅から水戸線でひたちなか海浜鉄道に行くか
同じ小山駅から両毛線に乗り換えてわたらせ渓谷鉄道に行くか
小山駅到着まで迷ったのですが
せっかく栃木で宿泊したのだから…という事で
同じ栃木県にある足尾銅山跡辺りが終点のわたらせ渓谷鉄道

両毛線桐生駅がわたらせ渓谷鉄道の乗換え駅です
画像
元々国鉄足尾線だったのでJRと同じ駅の中。
わたらせ渓谷鉄道の一日フリー券がJRの券売機で購入できるのですが
桐生駅はSuicaエリア内なので私のJR西日本ICOCAでも購入可能でした
国鉄から転換された第三セクターということで
ガラガラの車内を予想していたのに読売旅行のツアー客も乗ってきて超満員に
地図で確認した、渓谷が綺麗らしい進行方向右側の座席には座れず
それに冷房が調子悪いとの事でほとんど効かず蒸し風呂状態
持参していたウチワであおいでいたけど途中から窓を開けました。
車内放送のテープの機械もおかしいらしく
回転が遅くてオカマが喋っているような声でおかしかったです

団体客が途中駅で次々降りていく中、とりあえず終点の間藤まで乗車
画像

画像

足尾はかつて銅で栄えた鉱山の町で栄えていた頃の遺構が残っています
画像
こちらは間藤駅前にある銅山の社宅の廃墟
画像
間藤から先も鉱山跡への貨物線の廃線が続いていました
画像

終点、間藤からひと駅戻り、足尾駅の駅舎がいい感じでした
画像
国鉄時代の気動車も静態保存されていました
画像
足尾からさらにひとつ手前の通洞駅が足尾の町の中心部ですが
足尾駅〜通洞駅間は1キロもなく列車の本数もないので歩いてみました。
通洞駅前にはかつての銅山跡の坑内が見学できる施設があり
800円もするけどせっかくなので立ち寄ってみました。
坑内まではトロッコに乗車して下っていきます
画像
画像
画像
外は蒸し暑いけどやはり坑内はかなり涼しい
画像


わたらせ渓谷鉄道は週末にトロッコ列車を走らせているのですが
今日は特別にJRのトロッコ列車が団体専用で直通してくるらしいです。
通常のトロッコ列車なら機関車が引っ張ってくる形なのですが
今日のJRのトロッコは気動車ということで撮影する気はあまりなく
銅山をのんびりと見学していたのですが
まぁついでに撮ってみようかとチェックしていた踏切に向かうと
銅山見学前に誰もいなかった踏切に黒山の人だかりが
画像
ちょっと立ち位置を間違うと「邪魔だ!」と怒られてしまいました
踏切の遮断機越しになんとか撮った1枚がこちら
画像
気動車という事で撮る気なかったけど機関車が引っ張ってくるとは
皆、わたらせの機関車とJR車両の貴重なコラボを狙っていたのですね
JRのトロッコはキハ48を改造した「風っ子」
画像
画像

今日は、この団体専用トロッコの運行で通常のトロッコの運行がない為
トロッコに乗れなかった観光客で普通列車が満員なんでしょうね

通洞駅から次に目指すは神戸駅
画像

そしてついに我が故郷神戸に阪急電車が到着
画像
色は似てますがもちろん阪急ではなく神戸と書いて「ごうど」と読みます
画像
感じのいい駅舎の前のバス停も勿論「神戸駅」
画像
神戸駅構内に元東武特急の車両を使った食堂があります(駅名票の後ろ)。
他に食べるところもなさそうなのでここでお昼御飯にしました
舞茸天ぷらそばを注文すると、
かけそばの上に天ぷらが乗っていると思いきや、ざるそばでした。
まあ暑いからいいんですが、揚げたての天ぷらはいいとして
スーパーで売っているような安っぽい麺で800円ぐらいでした
画像

先ほどのJRのトロッコ列車が足尾から折り返してくるので
撮影ポイントらしきあちこちの場所には既に人垣が
私は先ほどの場所の撮影者の異常な数と熱気にもうウンザリ
別に思い入れのある車両でもないし天気もイマイチだし
「もうええわ」と帰路につくことにしました。神戸から神戸に帰ります
画像
桐生へ戻りJR両毛線に乗換え群馬県の県庁所在地、前橋へ
画像
ここから上野行き快速に乗りますが
約2時間もかかるのに普通車は全てロングシート
新快速など快適な車両に乗り慣れた関西人としては耐えられないので
750円払って快適なグリーン車にしました
しかし国鉄時代に作られた古いタイプの車両だったので
前の座席下が空洞ではなく足が伸ばせずちょっと損した気分

時刻表を見ると、大宮発武蔵野線経由八王寺行き臨時快速という
一日一往復の変わった電車がちょうどある時刻なので
どんなルートを通るのか前から興味があったので
大宮で降りて乗ってみることにしました
画像
画像
画像
一日一往復という事で存在さえ知られていないのでしょう、
通常走っている、混雑した武蔵野線の電車を横目に
乗車した大宮から立川まで終始ガラガラで、ボックス席独占でした
画像
東北線や中央線と武蔵野線との連絡は地下トンネルの貨物線を通りました。
立川で折り返し中央線で東京へ戻ります
画像
東京駅から今夜の夜行バスで神戸に帰りますが
晩御飯に、せっかくなので荻窪でラーメンを
以前、荻窪より西荻窪の方が旨いラーメン屋が多いと何かで聞いたので
荻窪駅周辺の店は何度か行ったし西荻窪で降りてみましたが…
画像
下調べを特にしてこなかったので駅に看板があった店に入りました
画像
画像
以前荻窪駅前で食べた有名と思われる店よりかなり脂っこいスープ。
客に提供する直前に背脂をスープにふりかけていました。
背脂が浮いた醤油スープという事で尾道ラーメンに近いようなお味。
あとで調べたらけっこう老舗だそうでファンも多いお店だそうです

ラーメン1杯では晩御飯に足りないのでもう一杯行くぞ
今度は降りた事のなかった中野駅で降りてみました
画像
中野サンプラザで有名な場所ですね
ここも特に下調べをしてきた訳ではないので繁華街を適当に物色。
人がすれ違えないような路地に店はありました
画像
入店して驚いたのは私以外の客が全て単独の若い女性客
私の後からも次々と若い女性客が単独で入店し、
女性専用の店に迷い込んだのかと本気で焦りました
女性に支持されている理由がこのラーメンでわかりました。
食券券売機に一番オススメと書かれた「野菜たっぷりもりそば」
画像
ものすごい野菜の量なのですヘルシー志向の女性が来店しているのですね。
ラーメンにささがきごぼうは初めてだなー。これが案外シャキシャキ美味しい。
それに食用の花びらまで入って彩り豊かなラーメン
魚介系の塩ラーメンでしたがスープもなかなかウマ━━━(゚∀゚).━━━!!!
画像
たまたま見つけた店で、また食べたいと思えるラーメンに出会えました

夜行バスという事で乗る前に銭湯で汗を流したい…
以前、高田馬場駅近くに銭湯を発見したことがありそこへ行ってみる事に
画像
駅から5分程度歩いたところに銭湯を難なく発見しましたが
なんと土曜日定休
他にも都内の銭湯の場所をいくつか知っているものの
これ以上移動していると夜行バスに間に合わない
仕方なく汗だくのまま東京駅に向かいトイレの個室で着替えだけ済ませ
22時30分発の神戸三宮行きJR夜行バスに乗ったのでした
画像


わたらせ渓谷鉄道をメインとした一日でしたが実は青春18切符の旅。
青春18切符は一日あたり2300円ですが
今日普通に切符を買いながらJRに乗っていた場合4760円になります
今日は距離的にあまりJRに乗っていないようで案外オトクだったんですねぇ

レモン牛乳ラスク
NASUのラスク屋さん
☆栃木の隠れた名産!?のレモン牛乳がラスクに!!☆今話題のレモン牛乳のラスク☆ラスク屋のラスクはフラ


楽天市場 by レモン牛乳ラスク の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
青春18切符 北陸〜関東ツアーBわたらせ渓谷鉄道 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる