鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS ストリーム号で行く、秋の北海道 @船旅編

<<   作成日時 : 2010/10/07 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 2

10月6日(水)
明日から一週間の連休が取れたので北海道へ
バイクで舞鶴〜小樽のを利用して今まで何度も行っているけど
今回この新日本海フェリーが就航40周年記念企画という事で
乗用車だけ大幅に割引していて通常往復約6万円するところ4万円
バイクでの乗船とほとんど料金に差がない事から
そして、新車に買い換えたところという事もあり
ガソリン代はバイクの倍ぐらいかかるものの
十分足を伸ばして車中泊できる広さもある事から
贅沢ながら初めてマイカーでの北海道行きとなりました
おそらくマイカーでの北海道はこれが最初で最後でしょう。

神戸から舞鶴へは民主党の中途半端な政策で無料実験中の
舞鶴若狭自動車道で結ばれており所要僅か2時間
フェリーは日付の変わった0時半出航なので
仕事帰りでも難なく乗船する事ができます

舞鶴港で乗船待ち中のストリーム号
画像
画像


10月7日(木)
舞鶴港を深夜0時半に出航して北海道小樽へは今夜20時45分着。
朝目覚めても丸々一日船内で過ごす事となり
船内の設備もそれなりに充実しています。

奥に案内所カウンターが見える船内中央のエントランスホール
画像

往復4万円というのは一番安い雑魚寝の相部屋の値段で
長い航海なので片道2700円投資して2等寝台で
画像
個室じゃないけどカーテンで仕切られるだけでも落ち着きますね
JRの寝台列車もこれぐらいの差額ならもっと利用者があると思うけど
一番安い3段式の狭い中・上段でも運賃・特急料金プラス5250円とは

目覚めると朝食の時間ですがフェリーのレストランは高い
バイキングで食べ放題とはいえ1000円もするので
たかが朝食に1000円も出す人はそんなにおらず
私同様、乗船前になどで買物をして持込むのが船旅の定番
画像
快晴の大海原を眺めながらの朝食は格別です
画像

長距離フェリーの楽しみの一つは船内の展望風呂
乗船時と翌朝から夕方まで何度でも自由に入浴ができます
画像
コインランドリーもあります。旅の最初と終わりに乗船する人が多いと思うので
利用する人は長距離トラックの運転手ぐらいでしょうか
画像
高速船で風がキツイ為、外に出られるのは三方向を囲われたこの場所だけ
画像
画像

食っちゃ寝、食っちゃ寝の生活でもうお昼御飯の時間
昼食も、もちろん高額な食堂を敬遠して前もって買い込んだ食料で
画像

津波で多くの犠牲者を出した記憶も新しい奥尻島が見えてきました
画像
そして夕日の時間多くの客が甲板で撮影されていました
画像
画像

可愛そうなので夕食ぐらいはいつも食堂で食べるようにしています
カフェテリア方式で、トンカツに御飯+豚汁+漬物で1050円だったかな
画像
トンカツもアツアツではないし豚汁には肉がほとんど入っておらず
御飯もいつ炊いたのかわからない固くてマズイもの
この安物の漬物もサービスではなく百円の有料です
こんな事だから長距離フェリーの客はみんな食料を持ち込みするんだよね

長い船旅も普段出来ないボーッと過ごす時間が長くていいもんですが
そろそろ遂に北海道に上陸
20時45分の定刻に小樽港へ到着しました
画像

以前の遅い船の時代ならもう一晩寝て早朝4時半ごろ着いて
そのまま北海道をどこまでも走って行けたのですが
高速船になり夜に着くようになってしまいかえって不便に
いきなり宿に泊まるのはバカらしいので今夜はどこかで車中泊
さて今夜はどこまで走ろうか… 

Aへ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分も北海道が大好きで、ツアーや個人で何度も訪れていますが、横浜〜青森〜函館、道内色々周って函館〜青森、ひたすら走って横浜へ、と言う実に楽しい旅をした事があります!

一度新潟あるいは大洗から、のんびりフェリーで行きたいと思っているので、実に興味深く見させていただいています!
以前は13号地(お台場の近く)から釧路への航路があったのですが、今は廃止され(貨物のみ運航)一般客は茨城の大洗からとなってしまっています


自分は全部で10日間でしたが、そのうち車内泊が半分ぐらいでしたね〜

一度噂の展望風呂に入ってみたいと思っています!
とっちゃん
2010/10/24 13:45
とっちやん様いらっしゃいませ
私は北海道へ学生の頃から30回以上
行っていると思います
東京〜釧路のフェリー懐かしいですね。
「幸せの黄色いハンカチ」で
武田鉄矢が北海道に上陸するのが
その近海郵船でしたね。
「幸せの…」と共に、その姉妹映画のような
山田洋次監督の「遥かなる山の呼び声」
を見て北海道に憧れたのが
北海道通いのきっかけかな
鉄仮面
2010/10/24 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストリーム号で行く、秋の北海道 @船旅編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる