鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS ツルッと関西 京都市の最北端へ 秘境路線バスの旅

<<   作成日時 : 2010/11/21 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11月21日(日)

画像

一昨日も、スルッと関西3dayを使って京都へ行ったのですが
今日はいつもの大食いの同僚とのお出かけです
私は平日の休みが多いので一人だとわざわざ
この時期紅葉見物で混雑する京都に週末には行かないのですが
同僚は土日祝しか休みがない配属部署なので…
神戸電鉄沿線の同僚と新開地駅で9時待ち合わせ
画像
神戸の奥座敷、有馬温泉などに向かう私鉄です。

京都烏丸まで阪急電車に乗って市営地下鉄に乗り換えJR京都駅へ
京都駅から歩いてすぐの京都の代表的なラーメン店「新福菜館」本店
画像
真っ黒いスープが特徴の醤油ラーメンですが…
画像
濃い醤油と多めの焼き豚で私は結構好きで、何度も訪れていますが
ラーメンはコテコテのスープでないと許せない同僚は「二度と来ん」との事
スープはほとんど飲まずに残していました
ラーメンの好みは人それぞれですから仕方ないですが…

JR京都駅に戻りJR京都駅ビル内にあるラーメン横丁のような所へ
画像
ここは何度か訪れていますが、今回は初入店のこちらへ
画像
以前から、このラーメン横丁を訪れた際に
強烈な豚骨臭のするこの店舗が気になっていたのです
店員が色々と勧めるけどここは一番基本の「ラーメン(650円)」を注文
画像
店外の豚骨臭から期待していたとおり、かなり完成度の高い豚骨ラーメン
画像
コテコテ好きの同僚も絶賛しておりました
辛子高菜やニンニクなどトッピングを置いてあったので
ついつい入れてしまい味を変えてしまったけど
基本のスープの味が一番旨いと感じるラーメンでした

京都市は北に広くて福井県若狭地方との境ぐらいまで広がっています。
市内最北端の広河原という過疎集落まで京都バスの路線バスが
京阪出町柳駅前から途中鞍馬を経由して一日4本だけ走っています

京都バスは全線、スルッと関西3dayの有効範囲内なので乗ってみる事に
一番利用しやすい時間のバスは出町柳14時発→鞍馬14時44分発なので
鞍馬の発車時間まで鞍馬をブラつこうという事で叡山電車出町柳駅
画像
紅葉最盛期の週末とあって予想通り大混雑で改札制限
通常20分間隔の鞍馬行きも12分間隔に増発されていましたが
通勤ラッシュ並みの大混雑 所要30分、立って乗るのはイヤなので
一本見送って余裕で着席して鞍馬へ向かいました
画像

今年の京都の紅葉は猛暑の影響か特に赤色がイマイチのような気がしますが
標高が高く、夏も多少涼しかったであろう鞍馬は綺麗な木もありました
画像
画像
画像
画像

5月の新緑の季節に訪れた際は観光客もまばらだった貴船・鞍馬ですが
今日の貴船・鞍馬は大混雑でウンザリでした

出町柳からやってくる14時44分発の広河原行きバスに乗ります
画像
画像

鞍馬から北は観光地ではないので乗客は地元民4〜5人程度。
すれ違いもままならない林道のような究極に狭い山道を延々1時間乗車。

「You Tube」に走行する車内から撮影した動画があました
http://www.youtube.com/watch?v=N3ldPXIENlw&feature=player_embedded
京都市内とはとても思えない、日本昔ばなし的な風景の終点広河原へ到着
画像
画像
終点に着く頃には乗客は我々2名のみになっていました

乗ってきたバスが、折り返し17時発の今日の最終バスとなります。
発車まで1時間ぐらいあるけど自販機もない何もない集落
京都市内というのに同僚のauと共に私のドコモでさえ携帯は圏外でした
画像
画像
画像
山深い集落とあって日没も早く段々薄暗くなってきました

バス停の前には京都市内というのになんと天然雪のスキー場があります
画像
最近は温暖化で積雪も少なく営業日数も減り苦戦しているようですが
閉鎖されず今でも現役のスキー場だそうです

http://www.hirogawara.com/
若者の集まるスキー場で携帯電話がドコモでさえ圏外って…


このバス停から先の佐々里峠を超えると分水嶺となり
峠の向こう側を流れる川は日本海へ注ぐ由良川です。
広河原集落を流れる川は嵐山を流れる桂川で、淀川・大阪湾へ注ぎます。
模様の綺麗なアマゴらしき魚がたくさん飛び跳ねておりました

画像
薄暗くなった17時ちょうど、我々だけ乗せたバスは出発しましたが
途中の停留所からは次々と登山客と思われる乗客があり
大学のサークルと思われる団体も乗ってきて超満員に

帰りも鞍馬から叡山電車で出町柳まで乗る方が通常は早いのですが
この時期沿線の紅葉がライトアップされて、それ目当ての団体旅行者も多く
大混雑は必至なので時間はかかるけどそのまま出町柳までバスで
鞍馬からは、混雑する電車に積み残された人達なのか、
さらに大勢の客が乗ってきてバスも大混雑に

京都産業大学あたりからは京都の街中への走行と変わり
市内最北端の過疎集落から2時間かけて大都会の出町柳駅に到着
ちなみに広河原から出町柳までの普通運賃は1,050円です。

出町柳からは京阪・大阪市営地下鉄・阪神と乗り継ぎ
神戸三宮の居酒屋で一杯やって帰りました


今日、普通に切符を買いながら旅した場合の運賃は5610円になりますが
スルッと関西3dayチケット(5,000円)利用なので約1,700円で済みました



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツルッと関西 京都市の最北端へ 秘境路線バスの旅 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる