鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡発往復1万5千円 韓国4日間の旅@   (国内移動編)

<<   作成日時 : 2010/11/10 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11月9日(火)時々&強風

今日から早い正月休み(正月三ヶ日が出勤の為の代休)を含めて6連休
ここ数年、毎年この時期の恒例となりつつある韓国へ

韓国へは学生時代から何度も行ってますが
いまだにで行った事がありません。
別に飛行機嫌いではないんですが…
飛行機で行った方が安いんでしょうけど、
九州を経由することで博多でラーメンなど国内旅行も楽しめますので…

今回も九州博多から釜山への高速船で行く事にしました
通常、往復2万4千円ですが利用の少ない便に激安運賃が設定されていて
昨年は2泊3日で往復1万円で行きました

今回も2泊3日までなら1万円で設定があったのですが
せっかくの連休、そこまで日数をケチるのは勿体ないので
今回は6泊7日までなら1万5千円という、ひとつ高い割引設定で。

激安運賃設定便や空席の関係で今回は韓国内は4日間となりました。

以前は仕事帰りの晩に寝台特急「あかつき」で博多に朝到着という
パターンをよくやったのですが、寝台特急もなくなってしまい
夜行バスはしんどいし新幹線&前泊は勿体ないので
大阪南港から北九州へフェリーで船旅を楽しみます
昼過ぎに家を出てJRや大阪市営地下鉄などを乗り継いで大阪南港へ
画像
少し前、よくニュースで映った建物ですね。
整形して逃亡していたあの殺人犯が捕まった場所です

博多発朝10時の釜山行き高速船に乗り継ぐ為には
北九州へ早朝5時半に着く便でないと間に合わない為
大阪南港が17時発と、えらい早い時間の出航です
画像
この「名門大洋フェリー」、一日2往復していて
昨年は大阪20時発の便に乗りましたが2便目の方が新しく綺麗。
今回は古いほうの船なのであまり綺麗とはいえません。

雑魚寝の2等にプラス1200円程度なので2等寝台を予約していたけど
高速のETC割引で苦戦して色々キャンペーンをやっていて、
「同じ料金で特2等寝台にワンランクアップできますよ」との事。
2便目の特2等はベッドごとに液晶テレビがあるカプセル式ベッドですが
古い1便目の方の、2等寝台と特2等寝台の差は
ベッドの長さ・奥行きがわずか5センチずつ広いのと
相部屋にひとつテレビがあるだけで
ワンランクアップしたといってもオトク感は全く感じませんでした
画像
相部屋のテレビは、相部屋さんに見たくもないテレビをつけられて
睡眠の妨げになるだけでかえって必要ないと思います
今回の相部屋さんはたまたまテレビをつけずにゆっくり休んでいましたが…

食堂は、遅い出航の2便目はオーダー式ですが
1便目はゆっくり食事をする時間があるのでバイキング式で1500円。
食べ放題とはいえ冷凍食品が陳列されたバイキングに1500円は…
ということでコンビニで買っておいた弁当の質素な夕食でした
画像

先月乗った北海道行きフェリーのような豪華さはないので
特に船内の写真撮影はしておりませんので悪しからず

早い時間の出航なので明石海峡大橋通過は18時頃で
その後、瀬戸大橋通過の頃まで起きていましたがいつの間にか睡眠

低気圧の発達で今朝から強風が吹き荒れ海も白波が立っていて
相当揺れそうな嫌な予感がしていたけど
大型フェリーの瀬戸内海航行には全く影響なく快適な船旅でした

11月10日(水)
定刻の早朝5時30分、北九州新門司港へ到着
無料送迎バスで約40分のJR小倉駅まで送ってもらいました
画像
ここから博多まで、しばし九州旅行となりますが
時間がないので、ただ博多まで鹿児島本線を快速電車で移動しただけです。
博多駅に着いたらお楽しみは駅構内の立ち食いうどん
画像
博多では、かしわうどんと、ごぼう天うどんが有名ですが
せっかくなので両方入った、ごぼう天かしわうどんを注文
画像
かしわとごぼう天の双方が味をかく乱させてしまい
せっかくの甘いかしわの味も、ごぼう天の香りもよくわからず
欲張らず、どちらかにしておけばよかったと後悔

博多駅からは西鉄バスで約15分、博多港国際ターミナルへ向かいます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡発往復1万5千円 韓国4日間の旅@   (国内移動編) 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる