鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡発往復1万5千円 韓国4日間の旅E

<<   作成日時 : 2010/11/13 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

11月13日(土)時々+黄砂

今日は釜山14時発の高速船で九州博多へ帰国します
一時間前に港へ行ったらいいとして、それまで半日は観光できます

昨晩泊まった「サムウォンジャンヨグァン」(三原荘旅館)
画像
ここから高速船の出る港までは地下鉄でひと駅ですが
歩いても15分ぐらいで行ける距離です。
出航時間まで旅館に荷物を預けるのも手ですが
韓国のコインロッカーは1000ウォン(約75円)と安いので
港の最寄り駅のコインロッカーに預ければいいやということで
重い荷物を背負って一駅歩いて港の最寄り駅「中央洞」に向かうと
コインロッカーは全て硬貨投入口がテープで塞がれ「使用中止」
仕方なくもう一駅歩き国鉄釜山駅地下の地下鉄駅のロッカーを使用。

そしてここで事件が

コインロッカーの料金は1000ウォン(約75円)なのですが、
いちいち千ウォン札を両替して百ウォン硬貨を10枚入れなければなりません。
昨年使用した際、何故か900ウォンで鍵ががかかり
「なんといい加減な機械…」と思ったものですが、
今回、百ウォン硬貨を十枚入れても残枚数のデジタル表示がゼロにならず
11枚目でやっとゼロになり鍵がかかりました
百ウォン硬貨一枚余計に入れたところで、たかが7〜8円程度なのですが
ほんと韓国の機械っていい加減ですよね〜
韓国人のよく使う言葉「ケンチャナヨ」
(大丈夫大丈夫、気にしない気にしない)の精神でしょうか

預けてる間に簡単に鍵を開けられて中身を盗まれるんじゃないかとか
取り出す際、本当に鍵が開くのだろうか、とか信用できなくなりますね〜

ここから地下鉄で、昨年10月に釜山を訪れた際に気になっていた場所へ
西面駅で地下鉄1号線から2号線に乗り換え
韓国有数の海岸リゾート「海雲台(ヘウンデ)駅」で客のほとんどが下車しても
通り過ぎさらに2駅、地下鉄2号線の終着駅、萇山(チャンサン)駅まで乗車。
ここまで国鉄釜山駅からの乗車時間は1時間近くにもなりますが
運賃は僅か1300ウォン(約99円)で私はICカードでさらに1割引

地下を出ると高層マンションの乱立するニュータウンです
画像
画像
しかし、この高層マンションの谷間を15分ほど南へ坂を登って行くと
丘の頂上から先は一気に景色が一変し、昔ながらの漁村風景が広がります

昨年、海雲台から遊歩道を歩いて行くと漁村にたどりついたのですが
この漁村から、山の頂上に展望台があるのが気になっていて
昨年は時間がなかったので今回是非、ということで登ってみました
画像
漁村を走る国鉄東海南部線というローカル線の線路が見えます。
釜山(釜田駅)から蔚山・慶州を経由して東大邱へ向かうムグンファ号です。
快晴の予報にもかかわらず昨日から季節はずれの
黄砂が飛んでいるらしく、どんよりした空で海の色も鉛色

韓国北東部の端っこ、江陵(カンヌン)へ向かう長距離ムグンファ号
画像
木々が生い茂っていなかったら絶好のロケーションなんですが…
北朝鮮からの密入国を阻む鉄条網と密入国監視小屋が見えます

同じ列車をレンズを手前に引いて漁村をバックにもう一枚
画像
昨日も木浦から釜山まで8時間乗りっぱなしでしたが
この列車も9時頃に釜山を出て江陵へ17時半頃着と乗り応えたっぷり
昨日の慶全線鈍行列車8時間の旅は単調な景色ですが
こちらは海岸線を走ったり雄大なスイッチバックがあったり楽しめて
私は今までこの列車に2回、全区間乗ってしまいました

撮影した展望台の場所はこちらですよ


山の麓の漁村に下りて思いつきで動画を撮ってみましたが…

逆光でイマイチな映像ですね

漁村から再び丘を登って高層マンションの建ち並ぶ地下鉄萇山駅に戻ります。
地下鉄に1時間近く乗って、コインロッカーに荷物を預けている
国鉄釜山駅地下にある地下鉄釜山駅(プサンヨグ)駅
いい加減なコインロッカーから無事荷物を取り出すことが出来ました

高速船の出航まであまり時間がなくなってきたので
昼食は国鉄釜山駅内にあるフードコートで
画像
真っ黒くて甘い味噌をかけて食べるジャジャンミョン(ジャージャー麺)を注文
画像
フードコートとあって、レトルトをかけただけと思われる味でした
でもご飯とキムチは食べ放題でした
画像

ちなみに韓国では2月14日バレンタインデー、3月14日ホワイトデーと並んで
4月14日は、恋人や配偶者のいない男女が真っ黒いジャージャー麺を食べる
「ブラックデー」なのだそうです

韓国上陸初日に釜山駅の売店で時刻表はあるか尋ねると売り切れとの事
その後、どこを探しても時刻表は見つからないまま帰国日を迎えました

11月1日にKTXの高速路線が東大邱〜釜山まで開業し全通したという
国をあげた大々的なダイヤ改正であるにもかかわらず…
日本なら大規模なダイヤ改正の時は通常よりも早く時刻表が書店に並ぶのに
なので、今回は時刻表を手に入れることも出来ず旅行していたのですが
韓国鉄道公社(国鉄)のホームページから
旅行出発前にある程度の列車時刻は調べていたのでした
ハングルのサイトなので、ハングルがわかる人でないと調べられません

今から帰国するというのに今さら韓国の時刻表を買っても仕方ないのですが
毎回韓国を訪れた際には記念に買うことにしているので
再び初日に訪れた釜山駅構内の売店に行ってみると時刻表がありました
しかし良く見るとKTX全通前のダイヤしか載っていない10月号
画像
10月号だけど仕方なく購入しました(5000ウォン)

売り切れたからって、使い物にならない改正前の物をまた仕入れるとは
さすが韓国。ここでも「ケンチャナヨ〜って聞こえてきそう
日本では色んな種類の時刻表を色んな出版社が出していますが
韓国で時刻表といえばこの一種類しかありません
日本の時刻表で11月号といえば11月に使える時刻表という意味ですが
韓国で11月号の時刻表とは単に11月に発行された時刻表という意味で
実際店頭に並ぶのは12月に入ってからという所も。
う〜ん、実にケンチャナヨ〜な国ですよね〜

国鉄釜山駅から徒歩15分程度で釜山港国際ターミナルへ。
4日間滞在したケンチャナヨの国、韓国をついに離れます
画像

               アンニョンヒケセヨ〜                    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡発往復1万5千円 韓国4日間の旅E 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる