鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「九州満喫切符」の旅 @

<<   作成日時 : 2010/12/09 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

12月9日(木)

先月韓国へ行ったのが今年最後の旅行のつもりだったのですが
今日から仕事は想定外の5連休となりました
5日間、地元でダラダラ過ごすのも勿体ないので急きょ九州旅行へ
青春18切符は明日から使えるのですが
九州内には年中発売のこんな切符があります
画像
九州内のみの18切符的要素(普通・快速列車のみ乗車可)に加え
九州内全ての第3セクター・私鉄・地下鉄・路面電車にも乗れる切符です
数年前に一度利用した事がありますが今回2度目の利用となりました。

家を早朝6時過ぎに出て新神戸7時25分発ののぞみで博多へ
画像

博多駅の楽しみはホームの立ち食いかしわうどん
画像
画像
九州ならではの甘めのダシに鶏そぼろが入ってウマ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

今日は熊本県人吉方面へ向かいますが、私鉄も利用できる切符なので
天神まで市営地下鉄に乗り、天神から大牟田までは西鉄の特急
画像
2扉で転換クロスシートの並ぶ車内は京阪特急のよう
画像
福岡天神から大牟田まで約75キロを60分で結ぶ快速ぶりです

大宰府天満宮への乗換駅、二日市駅発車直後の動画をどうぞ 


大牟田からはJRに乗り換えですが次の電車まで30分あるのでを。
大牟田ラーメン発祥の店を名乗る、大牟田郵便局隣のお店
画像
画像
うーん、馬油の入ったとんこつにしては結構あっさりしたお味…

大牟田からは八代行き普通電車で終点まで1時間40分
画像
大きな窓と、木の板にクッションを貼り付けただけの独特の座席
画像

八代で肥薩線人吉行きのディーゼルカーに乗り換えです
画像

人吉まで、球磨川の渓谷に沿って走る風光明媚な区間です


約75分で、お城と温泉の町、人吉駅に到着
画像
画像

ここからくま川鉄道に乗り換えますが次の列車まで1時間以上あります。
人吉はバイクツーリングで何度も訪れていて馴染みのある町で
人吉を訪れた際いつも楽しみにしているラーメン屋へ行ってみましたが…
画像
なんと残念なことに臨時休業していました
熊本ラーメンの中でもかなりのコテコテが味わえる名店なのですが…
仕方なく、この店のすぐ近所にある昨年宿泊したビジネスホテルへ
画像
…と言っても今回はここに宿泊するのではなく、
一階にある源泉掛け流しの素朴な銭湯が目的
人吉は共同浴場が多数ありますが、場所によって泉質が違うみたいで
何ヶ所か訪れた中で私的にはここのお湯が一番好きです

元国鉄湯前線の第3セクターくま川鉄道の、16時33分発湯前行き
画像


今晩は、この鉄道沿線の多良木駅前に7月にオープンしたばかりの
引退した寝台特急「はやぶさ」の車両を使った町営宿泊施設に泊まります

とりあえず多良木駅を通り過ぎくま川鉄道の終点、湯前まで乗車しました
画像
湯前線はこの先の県境の峠を越えて宮崎へ延伸されるはずだった路線です。

九州内のJR在来線は数年前、既に全線走破していますが
今回のくま川鉄道乗車により九州内は第3セクターも全線走破
これも「九州満喫切符」のおかげです

折り返しの列車を30分弱待って今日の宿泊地、多良木駅へ3駅戻りました
画像


九州満喫切符は3日間10,500円で一日あたり3,500円になりますが
今日普通に切符を買って旅した場合、JRが大牟田〜人吉の2,730円で
それ以外の、福岡市営地下鉄・西鉄・くま川鉄道の合計が2,140円で
合計4,870円になり1,370円オトクでした

今夜の寝台特急「はやぶさ」の宿については後記事をどうぞ〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「九州満喫切符」の旅 @ 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる