鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 北東北・函館フリー乗車券の旅E 津軽鉄道編

<<   作成日時 : 2011/02/08 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4

2月8日(火)

昨日、青函トンネルを抜けて青森県に来てからは
ずっと雪が降り続いていてホテルの窓の外も積もる一方
今朝は駅前を除雪する除雪車の音で目が覚めました。

今日は、ストーブ列車で有名な津軽鉄道へ行きますが
せっかくなので青森に朝やってくるブルートレインを撮影に
昨晩の大雪で相当遅れてやってくることが予想されましたが
ホテルのロビーにあるPCで運行情報を見ると平常どおりとの事。

弘前7時35分発の青森行きで山間部の無人駅、鶴ヶ坂下車
画像
青森と弘前の間の峠とあって弘前市内以上にかなりの積雪
駅から徒歩20分ほどで超有名な撮影ポイントがあります。
乗ってきた電車の20分後ぐらいに、はるばる大阪からやってくる
寝台特急日本海が通過するので撮影できるか微妙でしたが
昨晩の大雪にもかかわらず定刻でキタ━━━(゚∀゚ )━━━!!
画像

この場所からさらに弘前方向へ徒歩5分ほど歩いたところで
日本海通過からクソ寒い中、待つ事約1時間15分後に
今度は上野からの寝台特急あけぼのがキタ━━━(゚∀゚ )━━━!!
画像

本当は津軽鉄道よりこちらの方が今日のメインだったかも

奥羽線で元来た道を引き返し、途中の川部で五能線に乗り換え
画像
画像
約30分の乗車で津軽鉄道の接続駅五所川原に到着
画像
画像

津軽鉄道の次の列車まで約40分ありましたので
駅前の軽食コーナーのようなところで、「津鉄汁セット」の昼食
画像
地元産の野菜や鶏肉を使った汁だそうです
箸入れが、良く見ると「はしいれメロス」って書いてますね

いかにも地方私鉄って感じの待合室です
画像
画像
画像

五能線は北東北・函館フリー切符の範囲ですが津軽鉄道は別料金。
津軽鉄道は過去に2度ほど乗ったことがあるので
今回は終点までの乗車にはこだわらず、地図とにらめっこして
撮影条件の良さそうなところで下車してみる事にしました
画像
今どき懐かしい硬い切符に鋏も入ります。

ストーブ列車は乗車した事があるので今回は撮影するだけ
そのため今回乗車するのは真新しいディーゼルカーです
画像


太宰治の生誕地、金木のひとつ手前の無人駅、嘉瀬で下車
画像
画像

嘉瀬駅には、何年か前にSMAPの香取慎吾が
何かの番組で地元の子供達と落書きした車両が放置されています
画像
SMAPや香取慎吾ファンにとっては、たまらない車両でしょうけど
鉄道愛好家にとっては落書きをされただけで心が痛むのに
落書きされた当初はまだ営業運転に使われていましたが
現役を退き廃車体として雪に埋もれる姿はあまりに無残です

地図で、駅近くに線路をまたぐ陸橋がある事を確認し
ストーブ列車を撮ってみましたが…
画像
木の枝が邪魔でイマイチな写真に
フェンスがあるのでこれより右では撮れませんでした。

ついでに動画も撮ってみました


折り返し便は雪原の中で撮ってみました
画像
老朽化したストーブ列車の維持管理費用の捻出の為
数年前から運賃以外に「ストーブ列車料金」が必要になり
特別料金を払ってまでストーブ車両に乗りたくない地元の人向けに
真新しいディーゼルカーを一両連結するようになってしまい
なんかイマイチの編成なんですよね

嘉瀬から五所川原に戻る列車内
画像
福井県のえちぜん鉄道の影響で、最近地方鉄道で流行している
若いお姉さんのアテンダントが津軽鉄道にも乗っています
「今からどごさ行くの?」等、なまり口調で長々と話しかけられましたよ

五所川原駅では弘前へのJR五能線の列車まで約1時間あるので
駅構内にある観光案内所で地図をもらってラーメンを食べに行く事に
手打ちラーメンが絶品と書かれた「義平」に決めました
画像
画像
15時過ぎと中途半端な時間なので客は私のみ。
普通のラーメンもあるみたいですが、やっぱり手打ちで
画像
 …ん?何じゃこの麺は〜 
画像
名古屋のきしめんというよりは平打ちのパスタの食感
包丁で切っているのか太さもマチマチで極太の部分も
画像
スープは特筆すべきほどではありませんでした。
厨房を覗くと業務用ラーメンスープの紙パックがあったので、そのせい

義平の場所はこちら。ホテルサンルートの裏あたりです


五所川原から弘前へ戻る五能線車内から、黄昏の岩木山
画像


弘前で奥羽線に乗り換えて今日は秋田県の大館に泊まります
画像
今夜は楽天トラベルから予約したビジネス民宿のような所。
バス・トイレ共同で素泊まり3,600円程度と
昨日までのバストイレ朝食付きの東横インの事を思うと割高です
肌寒い共同風呂には湯船が張っていなくて、
女将の説明では、湯船を張ってもいいとは言っているものの
どうやら今夜の客は私一人だけのようで、
「水道代とガス代がもったいないからシャワーで済ませて欲しい」
という本音が見え隠れする言い方でした

極寒の秋田で、なんでシャワーせなアカンねん
と、しっかり湯船を張ってやりましたよ

夕食は、大館駅の駅弁が有名との事で駅で買ってきましたが
併せて、近所のスーパーで閉店前の半額セール150円程度で
電子レンジでチンするだけの秋田名物きりたんぽ鍋を発見
画像
画像
秋田の濁り酒と共にいただき眠りにつきました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
のんびりと鉄道の旅をしながら、所々で美味しい物を食べて羨ましいですね〜
きりたんぽ鍋&鶏めし弁当美味しそうですね!
とっちゃん
2011/02/15 21:57
とっちゃん様へ。
最近はビジホに泊まって、晩御飯を地元のスーパーに買出しに行くのがマイブームです。
その土地それぞれの食品に出会える事も多いですしね。
カップ麺のどん兵衛も西と東ではダシが違うので東日本へ旅行した際の楽しみのひとつです。
鉄仮面
2011/02/15 23:32
ブルートレインは運行が減ってきてますのでね〜。雪の中を走るブルートレインはいいですね。
クッキー
2011/02/18 14:40
クッキー様いらっしゃいませ。
全盛期は鈍行列車の方が好きで見向きもしなかったブルトレですが今や客車列車といえばブルトレしかないですからね
それにしても津軽鉄道のストーブ列車に気動車を併結するのはやめてほしいです
機関車が調子悪い時は気動車が直接客車を引っ張って「ストーブ列車」として走らせているらしく、最悪ですね。
鉄仮面
2011/02/18 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
北東北・函館フリー乗車券の旅E 津軽鉄道編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる