鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS ストリーム号で行く、東日本応援ツアー B福島応援編

<<   作成日時 : 2011/05/11 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4

5月11日(水)

夜中に緊急地震速報で携帯電話がけたたましく鳴ってビックリして起きました
ケイタイにこの機能があるのは知っていたけど鳴ったのは初めてだったので
最初何事かわからず、こんな時間に目覚ましセットしたっけと思いました。
画面を見ると「福島沖で地震発生、強い揺れに警戒してください」との事
結局全然揺れなかったけど、実際この辺で暮らしている人は
しょっちゅうこのけたたましいサイレン音に脅かされているんだろうな〜



三島町営の温泉宿「ふるさと荘」の朝食
画像
ごま油で和えられたこごみがとても美味しかったです
原発の近くでは、このこごみの出荷も制限されているとか
原爆で被害を受けた唯一の国なのに
なぜ危険な原発の建設を国は推し進めたのでしょう

天気がいいなら山形や秋田方面へ向かう事も考えたけど
今日も天気が悪いみたいなので、一日この会津でマッタリする事にしました

朝食を終えて、風光明媚なJR只見線の撮影に出かけました
「ふるさと荘」のある会津宮下駅と隣の早戸駅の間にある有名な鉄橋
画像
大雨だか雪解け水だかわからないけど水が濁って汚い
雨で霧が発生して汚い川を覆ってくれた方がかえっていい写真になりそう…
画像
本数の極端に少ない只見線なので撮影は困難を極めますが
朝方は2本、上下の列車同士が会津宮下駅ですれ違うので4本は撮れます。
朝起きた時点で雨が降っていたので朝食前の2本は撮影しに行く気力が涌かず
朝食後の9時前後に通過する2本だけを撮影しました

この撮影場所は国道のスノーシェッドの中からの撮影になります。
歩道はありますが、トラックなど通行量もそこそこあるので落ち着きません

上の写真の撮影場所はこちらですよ


この9時前後の列車が行ってしまうと次は13時頃まで列車はありません
天気が悪くする事もないので国道を、新潟県境まで走ってみました
画像

JR只見線はここから県境の峠を越えて新潟県側へ年中走っていますが
道路は5月半ばというのにまだ積雪で通行止めで新潟県側へ抜けられません
あさっての15時から開通すると書いてありましたけどね

来た道を引き返し、来る時に気になった「めがね橋」で13時頃の列車を撮影
画像


天気も悪く寒いし、撮影する列車もほとんど本数がないし…
する事がないときは、やっぱり温泉でしょう
先ほどの鉄橋の近くにある「つるの湯」という日帰り温泉へ
画像
茶色く濁ったお湯でとても温まる源泉かけ流し温泉でした
画像
画像
客が入った浴室は撮影できないのでHPから拝借させていただきました

つるの湯の場所はこちらですよ


温泉に入っている間に雨は本降りとなり、
15時頃の列車を撮影する気力がなくなり休憩室で寝てました

朝撮影した鉄橋から「ふるさと荘」を挟んで反対側に、
朝の鉄橋よりも超有名な只見川第一鉄橋があります。
国道の道の駅から徒歩一分で撮影ポイントに到達できるというお手軽さ

がザーザー降っていますが濁った川を霧が隠してくれている事を期待して
16時頃通過する列車を撮影。明るい時間帯に撮れる今日最後の列車です
画像
予想通り、雨で霧が発生していて幻想的な写真になりました

明日早朝、始発列車通過時にもっと幻想的な霧が発生している事を期待して
今日はこの道の駅で車中泊するのですが、車中泊なので晩御飯を食べに
会津といえば喜多方ラーメンでしょうと、一旦喜多方へ向かいました

その前に、ちょっと寄りたかった所へ…
国鉄時代に喜多方駅から分かれていた「日中線」という
短い距離の支線があってその終着「熱塩駅」が保存されているのです
画像
画像
確か現役時代、朝夕合計3本程度しか列車がなかったと記憶しています。
客車も保存されていましたが、とても保存状態が良好でした
画像
画像


さて喜多方ラーメンですが、目星をつけていた所が既に閉店していたり
他の店も基本的に昼どきがメインの店が多いようで
選択肢がなく、仕方なく適当に開いている店に入りました
画像
画像
画像
麺は縮れているけど、これは喜多方ラーメンではなくただの醤油ラーメンですな
チャーシューは分厚くて良かったけど、あくまで普通の醤油ラーメンでした。

ラーメンだけでは晩御飯には足らないので、市内のスーパーで
この辺りのご当地カツ丼らしい「煮込みカツ丼」とやらを購入して
山奥の道の駅に戻って車内でいただきました
画像
揚げたカツをダシで煮込んでいるから煮込みカツ丼なのでしょうか
詳しい事はわかりませんが、惣菜コーナーのカツ丼のカツなんかしょせん
作り置きでダシが浸みてしまうので結局どこも煮込みカツ丼と同じでは

この道の駅三島のある国道252号線は現在積雪で新潟県側へ抜けられない為
夜間は通行も皆無で、トイレ以外真っ暗なとても静かで快適な車中泊でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
自分は最近車内泊していないなぁ〜
色々とその時思い立った所へ行けたり、急に予定変更したり、地元や旅先で知り合った人から仕入れた情報を元に明日の予定を決めたりね〜

立ち寄り湯に入ってそのまま一杯飲んでお泊りとかね!

喜多方ラーメンは残念でしたね・・・
そう言えば道の駅喜多の郷で車内泊したんですが、立ち寄り湯が併設されていると嬉しいですよね〜
でもあそこはけっこうザワザワしてましたけどね・・・

ちょうど桜が開花していて綺麗だった事を思い出しました!
とっちゃん
2011/05/17 17:50
とっちゃん様へ。
車中泊は昨年この新車に買い換えて秋に北海道でやったのが最初です。宿に泊まると早朝に出発しにくい面もあって、写真撮影を趣味としている者としては早朝の撮影がしたい時なんかは車中泊が便利ですね。
「喜多の郷」は先日めざましテレビで、風評被害で客が来ないと放送していたので、テレビでやっていた「ラーメンバーガー」を食べたくて行ったのですが17時というのにもう閉店ですと言われ、仕方なくすぐ近くにある熱塩駅に寄ったのでした。道の駅はどこも閉店が早いのが欠点ですね
鉄仮面
2011/05/17 20:33
おお、めがね橋の上の列車が最高です!ちょっと水路閣にも似ているような、車体の緑と山の緑が調和しています。只見川第一鉄橋の絵は北欧の風景のようで素晴らしいです!熱塩駅の列車はとても保存状態が良いですね。びっくりです。
きつぽん
2011/05/20 19:22
きつぽん様いらっしやいませ
第一鉄橋や朝の第二鉄橋のアングルは、よく旅行雑誌などで紹介される有名なポイントですが、めがね橋は、たまたま通りかかって「なんかいいな」と思って私独自の感性で撮影してみました
熱塩の駅舎は数年前までガラス割られ放題でお化け屋敷のように荒れていたようですが綺麗に修復されてました
鉄仮面
2011/05/20 22:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストリーム号で行く、東日本応援ツアー B福島応援編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる