鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州ツーリング 2011 E はやぶさ宿泊編

<<   作成日時 : 2011/09/01 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 4

8月31日(水)

人吉から、第三セクターのくまがわ鉄道沿いを走って行くのですが
第三セクター沿線の割にはかなり沿線人口があるようで
人吉からの帰宅ラッシュと重なり道路はかなりの混雑
私のバイクの右側からやたら割り込もうとするうっとうしい地元の軽トラが
他県からの旅行者を見ると嫌がらせをしてくるヤツはどこでもいますね
この一台の車の為に熊本県民全体の印象が台無しです。
割り込んだところでバイクはすり抜けて前に出るんだよバーカ
うっとうしい車は相手せずさっさと混雑をすり抜けて前へ前へ

この車通勤の人々が鉄道利用に切り替えれば鉄道の収支も改善するのに
「年に一回、くまがわ鉄道に乗りましょう」なんてポスターを見かけました
地元民は学生程度しか利用しないんでしょうねぇ…

今夜は昨年12月にも泊まった、多良木町営のブルートレインの宿です
画像
画像
数年前まで東京〜熊本間を走っていた寝台特急「はやぶさ」の廃車体が
町営の簡易宿泊施設として第二の人生を送っています。
昨年宿泊時は、あえて情緒ある開放式B寝台車で寝たのですが…
画像
家族連れの宿泊者のガキが早朝から車内を走り回ってやかましかったので
今回は個室寝台「ソロ」で寝ることにしました
画像

そしてこれは今夜の「寝台券」
画像
開放式でも個室「ソロ」でも寝具と向かいの温泉の入浴券付きで一泊3千円。
現役時代の寝台料金が運賃・特急券と別に6300円だった事を思えば安いけど
別に鉄道に興味のない人には狭いベッドで寝るだけで高くてイヤかも…

個室「ソロ」の室内はこんな感じですが…
画像
バイク旅行の荷物を部屋に持ち込むと足の踏み場もない状態に

今夜の宿泊客は私と出張ビジネスマンらしき人の2名だけのようなので
開放式2段ベッドで向かいや上段ベッドに荷物を置いた方が広々寝れました。

素泊りなので、晩御飯は近所のスーパーへ買出しに
画像
人吉で食べた「好来」ラーメンが3玉ぐらいありボリューム満点なので
もうそんなに食べる気も起こらず球磨焼酎のアテ程度で…
鶏のタタキと熊本名物の馬刺し、からし蓮根です。

トイレと洗面所は車外に綺麗なものが取り付けられていますが
こちらは国鉄時代の飾りっ気のない冷水器と洗面所(使用不可)
画像
画像
洗面所の間にあるのは、今や死語の「痰壺」ですね。



9月1日(木)

寝台特急「はやぶさ」の「ソロ」で目覚める朝
画像
くまがわ鉄道の線路が左にあり、まるで走行している車窓のようです。

こちらは朝日が差し込む開放式B寝台の朝
画像


朝食は昨晩スーパーで買出ししていた高菜のおにぎりで
画像

貴重な車両で汚すと修復できないので寝台内での飲食は厳禁。
フロントと飲食スペースに改装された2号車でいただきます
画像


こちらは宿泊代にセットされている、向かいにある町営の温泉
画像


朝日を浴びる寝台特急はやぶさ
画像
画像
残念ながら、寝台車に死んだ医者はいませんでした…by高木ブー

「ブルートレインたらぎ」のホームページはこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
鶏のタタキに辛子蓮根、さらに馬刺しで一杯なんて乙ですね〜
羨ましい・・・

実は28年ぐらい前に福岡?博多だったかな?
ブルートレインで帰ってきたことがあります!
名前は何だったのかな???
とっちゃん
2011/09/09 10:31
とっちゃん様へ。
28年も前だと博多から東京へは「はやぶさ」の他に確か、さくら・みずほ・あさかぜ がありましたね。当時はそれだけ夜行列車の需要があったという事ですね。
鉄仮面
2011/09/09 22:50
こういう車中泊も良いですねぇ。私も一度、泊まってみたいです。夢の国に行けそうです。
きつぽん
2011/09/11 18:26
きつぽん様へ。
このあたりではいつもキャンプしていたのですが、今回北海道旅行から急きょ九州ツーリングに変更したのでテント等の準備が間に合いませんでした。でも、こんな宿泊施設が出来てしまったら鉄道好きならテント持って行っててもこっちに泊まっちゃうかな〜
鉄仮面
2011/09/11 20:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
九州ツーリング 2011 E はやぶさ宿泊編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる