鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS タイに行きタイっ! M フアラムボーン駅再び

<<   作成日時 : 2011/10/08 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 4

10月8日(土)時々

帰国前にもう一度、鉄道好きとしては外せない場所をリクエストしました

ここへ向かう途中、レンタカーの運転手がスピード違反で捕まりましたが
その場で警察官に(確か)200バーツ(約500円)の賄賂を渡すとスルー
警察官に賄賂を渡す行為はタイでは日常茶飯事、当たり前のようです。
警察官が一人で道路の真ん中に立っていただけで
どこで速度を計っていたのかもわからないし、小遣い(賄賂)稼ぎかも


また来ちゃいました、フアラムボーン駅
画像
ドーム型の駅舎がたまら〜ん。行き止まりの上野駅のようです。

こちらは日本と同じ、駅構内の「駅そば」のような店
画像

画像
本当はこの駅からアユタヤにも行きたかったけど洪水でねぇ…

シンガポール行きの国際列車の発着表示も
画像

改札もないのでまた適当にホームに立ち入りました
画像
画像

ちょうど発車するところでしたので動画撮影を

タイ語がわかる同級生の奥さんによると「無料列車」と書かれているそうで
貧困層の為に無料路線バスがあるらしく、それと同じ意味合いでは?との事。

タイの国鉄では線路内に立ち入る事なんか全く問題にもならないので
隣のホームに移るのもイチイチ駅舎のある行き止まり部分まで戻らなくても
線路をヒョイヒョイとまたいで隣のホームへ移動できます
他の人たちも、みんな普通にやってますから…

ホーム先端近くに展示されているのは、多分日本のC56じゃないかな
画像

そして入れ替えシーンも動画におさめました

この撮影場所も日本なら絶対怒られる場所ですが、全く問題ナシ
ホームから線路をまたいで来ましたからね。

そしてまた反対側の端のホームへ線路をまたいで行くと…
画像
おーっ、これは日本のJRから贈られた12系客車
そして、隣に連結されているのも日本の14系客車じゃあーりませんか
画像

食堂車らしきマークの車両もとまっていましたので…
画像
ホームではなく線路側からよじ登り、車内を見学
画像
クソ暑いのに窓全開で冷房もない蒸し風呂食堂車でした

そしてこれは寝台がまだセットされていない、座席状態の寝台車のようです
画像
これは日本から譲渡されたブルートレインの車両ではありません。
寝台車は高い料金設定だけあってガンガンにクーラーが効いていました

駅の入場券(存在の有無不明)も買わずに車内まで見学させてもらえるなんて
貧困層の無料列車とあわせてタイ国鉄って太っ腹ですねぇ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
日本という島国に住んでいたら、国際列車と聞くと、不思議な感じがします。
ついシンガポールまで行ってしまいそうになりますね!
それに改札がないのでホームに簡単に行けるのもいいですね!
食堂車はクソ暑かったみたいだけど、タイの季候は10月でも真夏の暑さでしょうか?
まあ熱帯雨林だと思うので、ハワイみたいに
カラッとした暑さとは違うのでしょうね!
たぶん
もりた
2011/11/08 14:10
もりた様へ。
車内で入国審査のある国際列車、憧れますね。
私の感想としては今回超蒸し暑く不快でしたが
4月ぐらいがタイでは一番暑いらしく
最低気温で30度ぐらいなのだとか。
現地の友人曰く、10月は涼しく快適だそうです。
鉄仮面
2011/11/08 21:48
タイ国鉄ならではの、線路・ホーム・車内まで自由に見学できるとは楽しいですね。食堂車なんてけっこう良い感じと思いましたが冷房がないとはねぇ…。でも見ているだけでも面白いです。
きつぽん
2011/11/13 21:24
きつぽん様へ。
自動改札が導入されている都会のJR駅では入場券を買っても2時間という時間制限がありますが、ここはタダで入れて一日いても飽きないですよ
鉄仮面
2011/11/13 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイに行きタイっ! M フアラムボーン駅再び 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる