鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS タイに行きタイっ! H 泰緬鉄道へ(前編)

<<   作成日時 : 2011/10/06 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4

10月6日(木)

泰緬(たいめん)鉄道とは、第二次大戦中にタイとビルマを結んでいた鉄道で
日本軍により建設・運行されたが、戦後連合国軍によって部分的に撤去され、
現在はミャンマー国境手前のナム・トク(Nam Tok)で途切れている鉄道です。
現存部分は、タイ国鉄南部線の支線、ナム・トク線として運行されていて
大自然の中を通るため風光明媚で、外国人に人気の路線となっています。

しかし、個人で列車に乗って向かう場合、バンコクから実質一日一往復しかなく
ただ、ひたすら乗って帰ってくるだけとなり見所の見学も出来ないので
日本からツアーを申し込んでいましたが、「人が集まらず保留」とのメールが。

一昨日の市内ツアーで余計な店へ連れて行かれたりツアーはもうウンザリだし
昨日のメークロンまでの単独トリップでそろそろ一人歩きにも慣れてきたので
「このままツアーが中止になり返金してくれた方がいいんだけどなぁ…」と
期待していたのに昨日「参加申込がありましたのでツアー決行です」と電話が。
一人で終点ナムトクまで往復10時間、延々客車列車の旅を堪能する段取りで
一昨日の晩から綿密に調べていたので逆にガッカリしてしまいました

ちなみに今日のツアーは約6千円ですが終点ナムトクまで片道約200キロを
個人で列車で往復した場合、僅か200バーツ(約500円) 
※これは外国人料金だそうでタイ人ならもっと安いのでしょう。
本数は少ないけどドル箱路線で外国人料金を導入し収入源にしているみたい。
とはいえ200キロというとほぼ大阪〜名古屋の距離ですが、片道250円

集合時間は私が宿泊しているホテルの隣のホテルの玄関前に6時40分
大渋滞が名物のバンコクでは早朝出発は仕方ないのかも知れません。

ホテルの朝食バイキングは6時から営業なのでさっさと朝食
画像
クセのあるチャーハンにもだいぶ慣れてきました

ツアーは2名から催行で、私以外の客は一昨日に続きまた若いカップル一組で
それも新婚旅行との事で、またもや私は単なるお邪魔虫でした
しかし、話を聞くと私と同じ神戸市垂水区からとの事いや〜世間は狭い

自動車学校のスクールバスのようなワンボックスでのツアーです。
空港からホテルまでの送迎や一昨日のツアーのHISの車は安全運転でしたが
今日の「パンダツアー」の運転はメチャメチャ飛ばしまくります
一般道では百キロ以上、高速に入ると150キロ以上は出ていたでしょう
それを抜いていく車もいくらでもいるのでタイでは当たり前の運転なのかも。
昨日のメークロンからの帰りの高速バスもこんな感じで飛ばしまくりでした

1時間ほど走ったところでトイレ休憩
タイではガソリンスタンドが日本のSAや道の駅の役割をしているようで
大型トイレとコンビニ、ちょっとした喫茶店を併設した所が多いみたい
画像
タイではトイレがほとんど有料制ですがガソリンスタンドのトイレは無料です。
別に給油しなくても、トイレやコンビニだけの利用も普通みたいでした。

あと1時間ぐらい乗って、映画「戦場にかける橋」で有名なクウエー川鉄橋へ。
少し手前からモーターボートに乗って橋を水上から見学するとの事
画像
救命胴衣も着けずにガンガン飛ばして橋の真下をくぐります
画像


ボートを降りて戦争博物館を見学
画像
画像
画像
生々しい人形や本物の遺骨が展示されていたりしますが
本館に入る前の付属展示物かと思っていたらもう出口。シケた博物館でした

犠牲になった日本軍兵士達の慰霊塔だそうです
画像


そしていよいよ泰緬鉄道と、ご対面〜
画像
鉄橋のたもとにある駅ですが西洋人観光客でごったがえしています。

列車が鉄橋を渡るシーンを見学するというのもツアーの目玉のひとつらしい。
駅で停車している間に先回りして、撮影するため鉄橋上へダッシュ

日本では考えられませんが鉄橋は遊歩道にもなっていて観光客でいっぱい
画像
まぁ、1日4〜5回程度しか列車が走らないので平気ですけどね
手前の丸みのある欄干は元からあるもので
奥に見える角ばった欄干は戦争で破壊されて架け替えた部分だそうです。
「内側の線路は昔の鉄道の幅です」とガイドが説明してたけど、オイオイ
脱線防止用のレールで日本でも鉄橋やカーブ部分に取り付けてあるんだよ。

そして泰緬鉄道の列車がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
画像
この列車はバンコク市内の駅を7時45分に出て11時頃ここを通るのですが
この時点で既に定刻より1時間ほど遅れていますなんていい加減な…
でも、この程度の遅れを最初から想定してツアーが組まれているようでした

とっさの思いつきで動画も撮影しましたが…

地面にカメラを置いただけなので車両の床下部分ばかり映ってますね

鉄橋走行シーンを見学した後、車で先回りしてこの列車に乗りこむようです

                                   後編へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
しかしメチャクチャ飛ばすんですね
これで何かあったらひとたまりもありませんね

しかし、またまた新婚カップルと一緒ですか
とっちゃん
2011/10/16 10:58
前回の市内観光もですが新婚カップルと3人になるというのは想定外でした綺麗なお姉さんばかりのグループと一緒ならいいんですけどね
鉄仮面
2011/10/16 22:30
パンダツアーの運転は凄いですね。国内の高速でも150キロ何て出せません。ちょっと恐ろしいですね。泰緬鉄道の列車の撮影アングル、良かったですよ。木の枝を引きずっていたり面白かったです。
きつぽん
2011/11/05 21:04
きつぽん様へ。
タイの車は飛ばしまくるけど韓国もスゴイ飛ばしますよ。街中で人が横断しようとしても止まってくれない韓国と違いタイではたいてい止まってくれますし、車線変更の際の譲り合いの精神も感じられ交通モラルは韓国より上と感じました。
泰緬鉄道の動画はとっさの思いつきなので、床下ばかり映っててよくわかりませんね。
鉄仮面
2011/11/05 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイに行きタイっ! H 泰緬鉄道へ(前編) 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる