鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとそこまで、韓国まで。 1泊4日の旅 E <東海南部線 撮り鉄編>

<<   作成日時 : 2011/11/22 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

11月22日(火)

昨晩宿泊した「三原荘旅館(サムウォンジャンヨグゥアン)」
画像


「1泊4日の旅」というのは、宿1泊と夜行列車2泊という意味
格安航空券だけあって明日帰りのは仁川空港9時発と早い
搭乗手続き等で空港には余裕をみて2時間前に着いておく必要があり
ソウルからで1時間かかるので6時にはソウル駅を出ないといけません
今日中にソウルへ移動し宿泊して、早朝宿を出発するぐらいなら
早朝にソウルに着く夜行列車で向った方が賢明と考えた訳です

そんな訳で、釜山23時10分発の夜行列車まで今日は釜山を満喫

韓国へは今まで毎回博多からの高速船で釜山入りしているので
私はソウルより釜山の方が訪問回数は圧倒的に多くて
地下鉄のICカード(SuicaやICOCAみたいなもの)を作って持っています
画像
割引のないSuicaやICOCAと違いこちらは運賃が10%割引となり
10`まで1,100ウォン、10`以上1,300ウォンのただでさえ安い運賃が
10%引きなので、どこまで乗っても日本円で100円以下になります

宿の最寄の「南浦駅」から乗車して、途中「西面駅」で2号線に乗り換え
1時間弱で韓国最大のビーチリゾート「海雲台(ヘウンデ)」へ着きますが
日本人観光客も多く降りる海雲台を過ぎて、閑散とした車内
画像

海雲台から2駅先の、2号線の終点「萇山(チャンサン)」まで乗車
画像

駅から地上に出て、朝食をいただくことにしました
画像
韓国内そこらじゅうにあるキムパブのフランチャイズ店で24時間営業。
日本の牛丼チェーン店みたいなものでしょうか
ここの店名は「キムパブ天国」ですが、他にも色々「キムパブ○○」
という店があり、中でも一番面白かった店名が「キムパブマニア」

キムパブだけでなくビビンバや各種チゲ類など色々食べられますが
私はあっさりと野菜キムパブうどんを注文
画像
コンビニのキムパブと違い、出来たてのキムパブはウマ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
色鮮やかな中身ですがピーマンも入ってます。なかなかイケますよ
うどんは韓国語でも「うどん」で、日本と同じ和風ダシで辛くありません。

キムパブのチェーン店には、決まってお持ちかえりコーナーも
画像

萇山駅周辺は高層アパートが乱立する釜山のベッドタウンですが…
画像
坂道を30分ほど登ると昔ながらの漁村を望む丘へ出ます
画像
昨年秋にも訪れた日本人にはまず知られていない場所で
眼下には海沿いを行く東海南部線の線路も見えます
画像
韓国の鉄道では貴重な、海沿いを走る区間なのですが
電化による線路付け替えで近々廃線になってしまいます

廃線を待って、線路部分だけ工事が中断している道路工事
画像


今度は、丘から見えていた漁村まで下りてきて
一昨年訪れた際に気になっていたポイントへ行ってみました

密入国者を監視する櫓のような建物があり前回は諦めましたが
今日は地元のオバチャン達が沢山ハイキングしていたので大丈夫と判断

韓国版新幹線KTXができるまで韓国の主だった
「セマウル号」がローカル輸送で細々と活躍


通勤型気動車を優等列車用に改造した「ムグンファ号」


光線がいい方向の列車は静止画を撮影しました
画像
画像

電化され線路が移設されるとおそらくトンネルで抜けてしまうであろう絶景
近いうちに、貴重な映像・写真となる事でしょう…

海岸での撮影ポイントはこちらですよ
まあ参考にして行く人なんてそういないでしょうけど…


地下鉄萇山駅まで急坂を延々40分近く登り、今度は紅葉の山寺へ

                                        Fへ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
貴重な映像、画像のオンパレードですね。
きつぽん
2011/12/02 15:15
きつぽん様へ。
韓国には鉄道趣味というのがほぼ存在しないので廃線されようが日本のようにマニアが殺到なんて事もありません。日本人の私が貴重な映像を残しておかなくてはなりませんね
鉄仮面
2011/12/02 20:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっとそこまで、韓国まで。 1泊4日の旅 E <東海南部線 撮り鉄編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる