鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとそこまで、韓国まで。 1泊4日の旅 A <つかの間のソウル編>

<<   作成日時 : 2011/11/20 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 4

11月20日(

ソウル駅をあとにして、夜行列車の出発時間までソウルをウロつきます
といってももう16時で、日が暮れるのも早い季節で中途半端な時間

意外と訪れた事のなかった「景福宮」へ地下鉄で向かったけど
既に日が暮れはじめ夜景になってしまいましたが、これはこれで…
画像

おにぎり1個のみの機内食から殆ど何も食べておらず
ソウル駅構内のフードコートも超満員だった為寄れず空腹も限界に
これ以上歩くのも限界で、適当に見つけた店で石焼ビビンバを
画像
日本語でも看板が上がっていて怪しいとは思ったけど
8000ウォン(約580円)と観光客向け価格で韓国にしてはお高め
画像
う〜ん、味もイマイチパッとしないものでした


ビビンバ1杯だけでは夕食には足りないので、地下鉄に乗りもう一軒。
「地球の歩き方」掲載の「チョンジュ・チョングッジャンチプ」というお店
画像
画像
左から2番目が「チョングッジャン」と書かれています。

チョングッジャンとは韓国版の納豆汁です
画像
7,000ウォンですので日本円で約510円です。
画像
日本の納豆よりかなり臭いので納豆嫌いの人には絶対無理ですが
過去に田舎の民宿で食べたものが美味しくて私はハマってます

韓国といえば焼肉。私もできることなら本場の焼肉を食べたいところですが
一人で焼肉を焼くほど虚しいものはないですからね〜
実際一度やってみたけど案の定、周りからの冷たい視線を感じました
そんな訳でいつも韓国での食事はご飯ものになってしまいます

韓国人は、食事は誰かと食べるというのが基本スタイルだそうで
焼肉はもちろん、ご飯ものの店でも一人の客はまず見かけません。


空腹が落ち着いたところで夜行列車の出発する清涼里駅
画像
清涼里(チョンニャンニ)駅前は韓国で一番有名な売春地帯となっており
ちょうど上の駅舎の写真の右側が風俗街となっています。
看板もなく、中からピンク色の明かりが煌々とする「小屋」がいっぱいあって
初めて清涼里を訪れた際、肉屋の並ぶ商店街なのかな?と思いきや
下着姿のお姉ちゃんに小屋の中から手招きされ、状況を理解しました

韓国の交通の主流は高速バスで高速バスターミナル周辺の方が賑やか。
鉄道駅周辺は大抵寂れていて、清涼里だけでなく地方都市の駅前でも
同じようにピンク色の明かりが煌々とする一角がよくあります。

買春目的で韓国を訪れている訳ではないのでこれ以上の事は知りません。
「清涼里」と検索すればいくらでも情報は得られるはずですよ

エロ記事に期待して検索で入って来られた方、ご期待に沿えずゴメンナサイ


ソウル駅と違い列車の発着も少ないので落ち着いた待合室
画像


今から乗車する夜行「ムグンファ号」が入線してきました

韓国で夜行列車に乗るのは今回で2回目です。

韓国では、高速列車KTX>セマウル>ムグンファという列車階級になっていて
停車駅の多い少ないだけではなく車内設備で運賃が決まります。
ムグンファ号は長距離列車では一番低い階級にあたりますが
日本より線路幅が広い事もあり、日本の特急よりかなりゆったり。

最後尾の1両だけが、今から私が乗る「特室」です
画像

夜行だし他の車両より割高な特室だし、どうせガラガラだろうと思いきや
ほぼ満席になり私の隣にも乗客がやってきました。

清涼里駅出発時の車内放送を動画でどうぞ

特室なので座席がかなりゆったりしているのがおわかりかと思いますが
ムグンファ号の車両をセマウル号の座席に取り替えたものと思われます。

清涼里〜江陵間の路線からセマウル号の設定は数年前からなくなり
その代わりに1両だけ特室が連結されるようになったみたいです。

所要約6時間の夜行に揺られて、東海岸の江陵(カンヌン)を目指します

ちなみに今夜は風呂にはありつけませんでした
韓国人は皆ニンニク臭いので臭い体で夜行列車に乗ろうと平気です
韓国では満員の地下鉄に乗ったらホント車内がニンニク臭いですよ〜
                                   
                                        Bへ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございますぅ♪
いろんなところに旅されていて羨ましい〜〜〜☆
でもでも、1泊4日なんてタフですね。
韓国も変わっているんだろうなぁ。じゅんころも企画しちゃおっかなぁ〜なんて気分になっちゃいました。
じゅんころ
2011/11/26 11:56
じゅんころ様、おはようございます。
ちょっと連休があるとつい旅に出てしまいます
1泊4日というのは、宿1泊と夜行列車2泊という意味ですが、タイ旅行の時差ボケ疲れよりさほどでもなかったですよ。
韓国は毎年行くけど、目まぐるしく発展していますね。
鉄仮面
2011/11/27 08:20
韓国版の納豆汁はかなり濃そうな感じですねぇ。ムグンファ号の特室、ゆったりしてますねぇ。タイと違って滑るようにホームを発つ列車ならぐっすり眠れそうですが、臭いは苦手だなぁ。
きつぽん
2011/11/27 19:10
きつぽん様へ。
納豆汁は納豆だけでなく色々野菜が入っていましたよ。
満員の地下鉄はニンニク臭いですが長距離列車は別に匂いは気になった事ないです。ただ、携帯電話のマナーというものがない国のようで、車内でも着信音や通話やお構いなしでやかましいです
鉄仮面
2011/11/28 01:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっとそこまで、韓国まで。 1泊4日の旅 A <つかの間のソウル編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる