鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 青春18切符 神戸発、紀伊半島一周日帰りツアー  <前編>

<<   作成日時 : 2011/12/21 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2014年4月現在、幾度のダイヤ改悪で接続が大変悪くなっており、この記事のようにはうまく接続が取れなくなっています。

12月21日(水)時々

冬の青春18切符は昨年より有効期間が10日短くなってしまい
これから年末年始の忙しい時期に入ると休みも取れず
使い切るのが難しいのですが、親と分け合って使う事にしました。

この紀伊半島一周日帰りコースは今までに何度も行っていますが
この時期でまだ日本海側に積雪がない場合で冬型気圧配置だと
曇り空の日本海側へ向かうより太平洋側の紀伊半島は天気も良く
絶景の海岸が望めるルートなので、時々ふと行きたくなるんです

5時50分頃、まだ始発バスもないのバイクで最寄の舞子駅へ
6時05分発の快速に乗り、神戸駅で6時23分発の新快速に乗り換え。
快速は座れなかったけど意外にも新快速は神戸駅から座れました

大阪駅に6時48分に着き、54分に和歌山行きの快速があるけど
10分後にまた和歌山行きの快速があるので1本見送り先頭に並びます。
しかし…先頭に並んでいたにもかかわらず、大阪駅で入れ替わるだろうと
予測していた乗客がほぼ降りる事なく、想定外に座れず。マジでぇ〜 
しかし新今宮で4人掛けの席に何とか着席でき、ひと安心

関空へ向かう為に造られた車両なのでスーツケースを置くスペースとして
片側の座席を一人掛けにしている分、座席が少ないんですよね〜
こういう場合は快適に座れる1人掛け席を狙って前に立つより
4人掛け席の前に立つ方が、窮屈でも座れる確率が4倍になりますね

阪和線を南下して、8時26分和歌山駅到着
画像

阪和線にはまだまだ年代モノの電車が使われています
画像

しかし、国鉄車両の王国だった和歌山以南も世代交代の波が。
8時37分発の223系御坊行きに乗り、9時45分御坊駅着
画像

御坊といえば年代モノの車両が走っていたミニ私鉄「紀州鉄道」ですが…
画像
兵庫の北条鉄道からやってきたレールバスに置き換えられています。

御坊からは、9時58分発の2両ワンマン紀伊田辺行きで
画像
中間電動車に運転台を無理やり取り付けた、変な顔の113系。

梅で有名な南部(みなべ)が近づくと海岸を走るようになります
画像

今年の夏に車でこの付近を訪れて撮影した写真
画像

10時41分紀伊田辺着。53分発の新宮行きに乗り換え
画像
ここから先は2〜3時間に1本程度しか普通列車がなく
この為、18切符利用の日帰りで京阪神から紀伊半島を一周するには
この列車を利用するプランに限られます。半島逆回りは接続が悪く不可


国鉄時代の飯田線119系の塗装のような105系ワンマン
画像
ここから新宮まで約3時間、ロングシートに座りっぱなし
画像
新宮までの3時間、終始こんな感じのガラ空きでした

ダイバーに人気の周参見では特急通過待ち
画像

バイクツーリングの際、何度か休憩した事のある海辺の見老津駅
画像
駅前の国道はネズミ捕りのポイントです。要注意
(目撃しただけで私が捕まった訳ではありません

そして、本州最南端の串本駅には12時半頃到着
画像
画像

串本駅を過ぎると見えてくるのが橋喰岩
画像
かつては天王寺から新宮まで夜行の普通列車がありよく利用しましたが
新宮まで乗り始発で折り返し、橋喰岩の日の出を撮影した時代が懐かしい

橋喰岩を回り込むと、海岸スレスレの紀勢本線クライマックス
画像

何年も前のバイクツーリング中にこの付近で撮影した写真
画像

そして、今年の夏の台風で大きな被害を受けた勝浦へ到着
画像
台風の被害により、ここから新宮までは長らく不通になっていて
紀勢線が復旧して全線開通してからまだ1ヶ月もたっていないのです。
車窓からはあまり台風の傷跡を物語るような光景は見えませんが
それでも至るところに瓦礫の山が積まれ、海岸には流木が多数

台風の上陸も多い紀伊半島ですが、紀伊半島といえば南海地震への備え。
車窓からは、地震発生時の高台への避難経路が多数見受けられました。

終点、新宮が近づくと広々とした海岸線に出ます
画像
かつて、夏の時期に夜行列車で5時頃新宮へ到着する際には
朝日の海岸で牛を散歩させる農家のシルエットが印象的でした。

こちらも何年か前にバイクツーリング中、この付近で撮影した写真
画像


絶景の海岸線に3時間も飽きる事なく13時51分、新宮駅到着
画像
画像
画像
ここまでずっと接続が良すぎて乗り換えだけで乗りっぱなしでしたが
ここだけは接続が悪くて次の列車まで80分も待ち時間があります。
接続が良すぎるのも考え物でタマにはこんな時間も必要ですね

何度も新宮を訪れているにもかかわらず、意外と行った事のなかった
駅から徒歩15分程度の世界遺産「熊野速玉大社」へお参りを
画像
画像
熊野本宮大社と似た、厳かな造りですね〜

天王寺発新宮行き夜行普通列車は、かつて「はやたま」って愛称でした。
大昔「はやたま」は、天王寺発紀勢線経由名古屋行きだったからスゴイ

                                        後編に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
車窓から橋喰岩がきれいに撮れていますね。けっこうタイミングが難しいように思えます。瀞峡めぐりも運行が再開されたようですが、和歌山は少しはあったかいのでしょうか?
きつぽん
2011/12/24 14:15
きつぽん様へ。
海岸線だけを旅してる分には台風の傷跡を探すのも難しかったですが川湯温泉とか山奥へ入ると道路状況はどうなんでしょうね?
この日まではたまたま暖かかったですが今日あたり和歌山も寒いのでは。高野山は多分積雪してますよ
鉄仮面
2011/12/24 20:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
青春18切符 神戸発、紀伊半島一周日帰りツアー  <前編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる