鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾に行きたいワン U^ェ^U C <台湾煤礦博物館&十分瀑布>

<<   作成日時 : 2012/03/28 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 6

3月28日(水)時々

十分の町など平渓線の沿線は、かつて石炭の採掘で栄えたそうで
平渓線は石炭輸送の為に日本統治時代に建設された路線だそうです。
十分駅から徒歩20分ほどで、炭鉱跡が見学できる施設があるとの事で
石炭輸送のトロッコ列車も復活運転しているらしいので行ってみました。

S字カーブの山道を登ってゆくと現れたトロッコの軌道
画像
ヘロヘロの架線柱もいい感じですが架線はないようです。

線路上をもう少し歩くと現れたトロッコの台車
画像

画像

そして炭鉱跡を公開している博物館に到着。
訳もわからずウロウロしていると綺麗なお姉さんが声をかけてきて
日本人だと告げると日本語のわかるおじさんを呼んでくれました。

入場料200元(約570円)をおじさんに払い、解説のビデオを見終わると、
トロッコの乗車も入場料に含まれているので乗りなさいとの事。
走行シーンの撮影はしたかったけど乗る気はなかったのですが…
画像
電気機関車は日本製のものでした
画像
操業当時はパンタグラフをあげて走行していたらしいですが
安全の為、架線が撤去されバッテリー車に改造しているそうです。
当時電車が走っていなかった台湾では、電気で動く列車が珍しく
この炭鉱を走る電車は操業当時台湾の人々に大変驚かれたそうです。

私一人を乗せたトロッコは先ほど歩いてきた線路を1キロ余り走りますが
いつ脱線してもおかしくないようなガタガタの線路で乗り心地は最悪でした
画像

引き換えし地点で機関車の機回しが行われます

機関車の揺れのすごさで、乗り心地が想像できると思います。


出発地点に戻ると「弁当はどうですか」とおじさんが聞くので
ちょうど昼どきなのでいただく事にしました
画像
画像
観光地の食事といったら日本ならボッタクリのイメージですが
このボリュームにお茶つきで40元(約110円)は安すぎでしょ

ちなみに、弁当を台湾では「便當」と書き「ビェンタン」と発音するようですが
便當という文化・単語は、かつて日本が台湾を統治していた名残だそうです。


もう少し施設内を見学しますが、入場時から気になっていたのは
閉山した炭鉱にもかかわらず全身真っ黒に汚れた人が沢山いる事。
普通ならそんな客が来そうにない施設なのに人が沢山いるのです。
おじさんに聞くとテレビの撮影との事で台湾では結構有名なタレントらしい。
知っていたらタレントを撮影していたのに、台湾の有名タレントといったら
ビビアン・スーと、亡くなったテレサ・テンぐらいしか知らないもんな〜


施設を見終わるとおじさんの車で麓の町まで送ってくれるとの事でしたが
「他に行きたい所はあるか」と聞くので十分といえば滝が有名らしいので
「滝に行きたい」と告げると滝の入り口まで車で送ってくれました

滝の入り口から滝に向かう途中で撮影した列車
画像

そしてここから2〜3分歩くとゲートがあり入場料を払います。
他の行かれた日本人のサイトを見てみると入場料180元(約510円)と、
滝を見るだけなのに日本の物価でもえらい高いなぁと思っていたけど
今回私が訪れると80元(約220円)に大幅に値下げされておりました。

そして台湾のナイアガラ(?)の「十分瀑布」です
画像
画像
いかにも南国といった感じで西表島のマリユドゥの滝に似てるかも。

滝から駅に歩いて戻る途中に、数少ない列車がちょうど一本通過するので
どこかいい撮影場所はないかと探していると、台湾人の綺麗なお姉さんが
カメラを構えていたので、私も「ニィハオ」と横に並んで撮影
画像
台湾にも「鉄子さん」は存在しているんですね〜
言葉が通じず残念ですがジェスチャーでコミュニケーション

駅に戻る途中にあった台湾の踏切です
画像
警報機の音は日本と全く同じなので日本製かな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
このお便當、お茶つきで40元(約110円)は安すぎです
では、新北投温泉で食べた餃子400元は何だったのでしょう。(美味かったから、まっいいか)
台湾統治の歴史があり、年長者は日本語を話し、観光のためとはいえ日本客に親切にしてくれるものなのですね
メロンパン
2012/04/07 20:45
メロンパン様へ
便當は後々の記事にも度々登場しますがだいたいこれくらいの価格ですよ。その中でもここが一番安かったですが。
餃子400元はビール込の値段なのですが、餃子はメニューに価格が書かれていたけどビールがメニュー表になかったのでビール代を日本人だと思ってぼったくられたんだと思います。
鉄仮面
2012/04/07 22:20
トロッコ列車の揺れは確かに相当なものですね。良く脱線せんわとびっくりです。しかし、鉄仮面さんの撮影ポイントの確かさはさすがです。日本とは違う、便當、食べてみたいです。
きつぽん
2012/04/11 18:58
きつぽん様へ
今回の撮影ポイントは台湾人の鉄子さんに便乗しただけですよ。トロッコの軌道は多少のカーブなら直線の線路を組み合わせているだけのようでしたし揺れるはずですね。
台湾の弁当はどこもこのようなコテコテ肉系ばかりです
鉄仮面
2012/04/11 21:55
トロッコの揺れで、脱線しそうですねw
クッキー
2012/05/05 20:17
クッキー様へ
いくら遊覧用の鉄道とはいえこの線路状態は日本では絶対許可されないでしょうね。
鉄仮面
2012/05/05 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾に行きたいワン U^ェ^U C <台湾煤礦博物館&十分瀑布> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる