鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾に行きたいワン U^ェ^U F 集集線の旅<後編>

<<   作成日時 : 2012/03/29 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 2

3月29日(木)時々

集集線はほぼ80分間隔。終着駅の車埕駅では次の便の発車まで滞在。

12時59分発の列車で引き返しました
画像
みんな夕方までこの辺りで遊んでから帰るのでしょうか、
先ほど乗ってきた列車は満員でしたが今度はガラ空き。
画像
昨日の平渓線も、これと同様ロングシートで味気ない車内。
ビニール張りの硬い座席は、病院の待合室の長椅子のようです。

線名にもなっている、途中の集集駅
画像
画像
集集線沿線のこの辺りは1999年の大地震で大きな被害を受けたらしく
この集集駅も倒壊したらしいですが、当時の姿に再建されたそうです。

集集線を行って帰るだけの「乗り鉄」だけでは味気ないので
行きの車窓から撮影に良さそうな場所をロケハンしてました

「龍泉駅」で途中下車してみました
画像

木々が生い茂る森の中をキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!
画像

横を走る道路は「集集緑色隧道」と呼ばれる緑のトンネル
画像
さわやかな高原の並木道のようです

駅の裏手には、軍事関係らしき工場への引込線が
画像
日本では工場への引込線の風景も少なくなりましたね

約80分間隔なので「龍泉」でも約80分の滞在となりました。

14時43分発の列車で、本線と接続する「二水駅」へ
画像
龍泉駅のホームからも、入線する列車を南国らしく撮れました


15時09分、本線の「二水駅」到着。僅か1分の接続で高雄行きがあるけど
台湾の鉄道がどの程度正確か不明だったので次の便を予約してました。
しかし、台湾の鉄道は日本より正確なのではないかと思うくらい正確

余裕で乗れた列車を動画撮影で見送りました

古いタイプの客車で折戸式の扉は手動。開いたまま走る姿も見られました
丸い屋根と窓の形状は、青く塗ると日本のかつての20系寝台車のようです。


次の高雄へ行く列車まで1時間以上あるので駅を出てみました
画像

少し歩くといい感じの跨線橋があったので撮影タイム 
朝に乗ってきたのと同じ、台湾国鉄自慢の「自強号」
画像

動画も撮っておりましたのでどうぞ〜



そろそろ駅に戻り、高雄へ向かう列車に乗り込みます。

                                        Gへ続く

台湾鉄道の旅完全ガイド最新版
楽天ブックス
きっぷの買い方、乗り方、路線の魅力まですべてわかる イカロスmook イカロス出版発行年月:2011


楽天市場 by 台湾鉄道の旅完全ガイド最新版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに色は違いますが寝台車ぽい雰囲気はありますね。
きつぽん
2012/04/21 19:17
きつぽん様へ
あとで調べるとこの車両も日本製のようです。
鉄仮面
2012/04/21 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾に行きたいワン U^ェ^U F 集集線の旅<後編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる