鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾に行きたいワン U^ェ^U O 夜行列車・台湾新幹線・帰国編

<<   作成日時 : 2012/04/01 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

3月31日(土)

明日昼ごろ台北桃園国際空港から帰国するので台東から夜行列車に乗って
台北に向かいます。台東から先の路線は台湾の東海岸を走る絶景区間で、
夜間に乗るのは残念ですが、次回台湾を訪れた際のお楽しみという事で

台東22時30分発の莒光号 高雄行き
画像
北にある台北に向かうのに、なぜか南の高雄が終着駅。

台湾の島はほぼ日本の九州と同じ大きさだそうですが、今いる台東の位置は
九州で言えば宮崎に相当し、高雄は鹿児島、台北は博多に相当します。
この夜行列車は九州で言えば、宮崎発の博多経由鹿児島行きなのです
台北に早朝5時半に到着し、そのまま直通して高雄へ昼前に到着します。
通しで乗る客なんかいないでしょうけど、客車の運用上の事なのでしょう。
日本でも昔、天王寺発紀勢線経由名古屋行きという夜行列車がありましたね。
天王寺を23時頃に出て南紀の新宮に朝5時頃着き、そのまま名古屋まで…

夜行列車といえどほぼ各駅停車で、各駅ごとに大音量で自動放送が流れるし
リクライニングシートとはいえ座席で一夜を明かすので熟睡はできません

4月1日()

寝たのかよくわからないまま5時半に台北到着
画像
台東から台北まで約350`。莒光号の運賃は605元(約1730円)と激安

飛行機は昼頃の便だし、空港へ向かうにはまだ早いのでちょっと寄り道を…

数年前まで日本からの定期航路が発着していた基隆へ向かいます。
基隆は台北から東へ約30`の港町で、台北からは通勤電車が頻発。

日曜の早朝とあってガラ空きの電車で向かいました
画像
所要約45分で、6時半頃に基隆駅に到着
画像
台北から28`で、運賃は41元(約115円)と激安

数年前まで、名古屋から大阪・沖縄本島・石垣島などに寄港し、ここ基隆まで
「有村産業」のフェリーがあったのですが利用客の低迷で廃止されましたね
画像
ここまで日本からフェリーで来れたんだな〜という感慨にふけっただけの、
約1時間弱の基隆滞在で、再び通勤電車で台北に戻りました
画像
この車両、前面の形状から日本のマニアから「スネ夫」と呼ばれているらしい。

今回、台湾国鉄5日間乗り放題2500元(約7100円)の「TR-PASS」で旅したけど
これだけ鉄道に乗りまくっても、あとで計算すると元を取っていないようです
韓国の「KR-PASS」が新幹線に乗れるのに対し、こちらは乗れないのが痛い。
韓国のKR-PASSも単価の高い新幹線に乗らないとなかなか元は取れません。
台湾の鉄道も韓国同様ホント安い。普通に切符を買った方が賢明なようです。


そろそろ帰国する為、桃園国際空港へ向かわなくてはなりません

リムジンバスで向かうのが一番安いですが、時間が読めないというのもあるし
やはり鉄道好きとしては、入国時と同じく新幹線で向かいました
画像

僅か20分の乗車なのに、初日は窓口で自由席と言ったのに指定席にされたし
今回はそろそろ慣れてきたので、自分で券売機で自由席券を購入 
画像
新大阪〜京都に匹敵する距離が155元(約440円)と日本の在来線より安い 

混雑する指定席よりも自由席の方がかえってガラ空き…というより貸切状態
画像
山陽新幹線の「こだま」並みのガラ空きです。経営は大丈夫

桃園駅から空港までは連絡バスで約15分。
出発時刻の約2時間前の10時頃、桃園国際空港に到着
画像

12時05分発のJAL816便 関西空港行き
画像

機内食は台湾で仕入れた物のようで、苦手な「八角」の香りが…
画像


台湾付近は曇り空でしたが沖縄あたりからは晴天域に

こちらは屋久島の西北に位置する火山島、硫黄島と思われます
画像
海底から湧き出す鉄分を含んだ温泉で、海の色が変色しています

こちらは九州最南端、大隅半島佐多岬のはず
画像


気流に乗って、行きより短い所要時間で15時40分に関西空港に無事帰国

前回の沖縄同様、今回も神戸空港に車をとめて高速船利用でした
画像
関西空港〜神戸空港間の所要時間は僅か30分
高速船を片道でも利用すると、神戸空港側の駐車場が何日でも無料ですよ
ただし海上空港とあって、旅行中に海が荒れると車が塩まみれになります


職場へのお土産は「グリコポッキー」のパクリらしき、こちら
画像
「城市一族」ってどういう意味かわかりませんが、「城市一族の一族」です

そして、新幹線大好きな甥っ子にはこちらです
画像
新幹線の駅売店で売っていた新幹線クッキーとチョロQですよ
甥っ子に買ってきたにもかかわらず、手放すのが惜しいなぁ… 

台湾の駅には国鉄直営の鉄道グッズ専門店も多数あり大人も楽しめますよ

台湾鉄道の旅完全ガイド最新版
楽天ブックス
きっぷの買い方、乗り方、路線の魅力まですべてわかる イカロスmook イカロス出版発行年月:2011


楽天市場 by 台湾鉄道の旅完全ガイド最新版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
終わって見れば短かった台湾の旅でしょうか。いや、もう鉄道乗りまくりでしたね。それでも元が取れないとは不思議なチケットの料金設定にも思えますね。お土産は確かにちょっと惜しいですね。長らくお疲れさまでした。
きつぽん
2012/05/04 11:17
きつぽん様へ
私のように5日間(5日目は実質朝だけですが)かけてのんびり台湾を一周するだけでは元が取れないですね。台北と高雄を2往復すれば元が取れますが。旅も疲れたけど記事を書くのも疲れました毎回読んでいただき、お疲れ様でした。
鉄仮面ライダー
2012/05/04 20:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾に行きたいワン U^ェ^U O 夜行列車・台湾新幹線・帰国編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる