鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福岡発往復1万円 激安海外旅行 E 仁川へ向かう

<<   作成日時 : 2012/07/17 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7月17日(火) 時々

釜山から夜行列車で約7時間半、ソウル清涼里駅に早朝6時前に着きました。
2泊3日の短い旅なので夕方のKTXで釜山へ戻りますがそれまでどこ行こう…

韓国の国鉄(正式には国鉄でなく鉄道公社)の路線はほぼ全線走破しており
残るは、以前訪れた際電化工事で運休中だった京春線の南春川〜春川間と
ソウル近郊の、国鉄が管轄する電鉄線(地下鉄線)のみとなっています。
その中のひとつ、地下鉄1号線直通の京仁線で仁川へ行く事にしました。
国鉄管轄といってもどうせ地下線や大都市の味気ない通勤路線ばかりだし
京仁線以外の電鉄線はあまり興味もなく走破する気もないんですけどね。

ソウルの地下鉄は国鉄管轄とソウルメトロという別管轄の線がありますが
運賃や車両運用は共通で、通しの距離で計算した運賃となっていますが
KTX・セマウル・ムグンファなど長距離列車とは全く別の運賃体系です。


清涼里から仁川へは、地下駅から1号線で乗り換えナシで向かえますが
味気ない地下線よりも龍山(ヨンサン)まで漢江沿いを経由する方法もあり
本数が多少少ないのが難点ですが外の景色も見えるのでこちらを選択。
現在は地下鉄と同じ近代的な電車が走っており駅も近代的なのですが
20年くらい前に乗った時はまだ非電化で日本製の年代物の気動車でした。
他のサイトの「自由に使用可」の画像を使わせていただきました
当時は一時期「撮り鉄」をやっていなかった時なので悔やまれます

龍山駅で再び地下鉄1号線(京釜線)と合流するので乗り換えとなりますが
たまたま仁川へ向かう龍山始発の急行が入ってきたので乗る事に
画像
朝のラッシュ時間ですが都心のソウルと逆方向へ向かうのでガラガラ
色んなタイプの車両の混結でしたが一番年季の入った車両を選んで乗車。
日本の201系のような車内ですね〜。201系よりも古そうな車両ですが。

急行は京釜線内は各駅にとまり、九老駅で京仁線に入ると通過駅があります。
京仁線は複々線になっており各駅停車と別の線路を飛ばしてゆきました

複々線は仁川のひとつ手前の東仁川駅までで、急行は全て東仁川止まり。

東仁川で後からきた各駅停車に乗り換え、仁川駅に到着〜
画像
清涼里から仁川まで50`弱の運賃は1750ウォン(約125円)と激安
前回秋のソウル訪問の際、帰国直前になって気がついたのですが
私の持っている釜山の地下鉄のICカードがソウル近郊でも使用可能。
1750ウォンはICカードでの運賃で、現金払いだと100ウォン増しになります。
画像
左側は国鉄の車両ですが右側はソウルメトロの持ち物のようです。

地下鉄1号線から直通の終着駅とはいえなかなか趣のある仁川駅
画像
駅前には阪神競馬場が…ってそりゃ阪急今津線の仁川駅やん 

仁川といえば仁川国際空港が有名ですが、空港は市内にあるのではなく
沖合の島と島との間を埋め立てて造られたのですが、最近気づいたけど
仁川市内へは直接鉄道では行けず一旦ソウルへ向かう事となるので
仁川空港は知っていても仁川市内を訪れる外国人観光客は皆無では


仁川はソウルに一番近い主要港であり、京仁線は通勤路線というだけでなく
貨物列車も頻繁に行き交うようで、仁川駅の先にはまだ魅惑の貨物線が…
画像
高速道路高架下の貨物線…震災前の神戸にもありましたねぇ。

この先にもっと魅惑の風景があるようなので線路沿いに歩いてみましょう

                                        Fへ続く

小さな駅を訪ねる韓国ローカル鉄道の旅
楽天ブックス
イムビョングク 金光英実 平凡社発行年月:2011年08月 ページ数:215p サイズ:単行本 IS


楽天市場 by 小さな駅を訪ねる韓国ローカル鉄道の旅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福岡発往復1万円 激安海外旅行 E 仁川へ向かう 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる