鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 青春18切符 来んせえな!北近畿ツアー A <天橋立編>

<<   作成日時 : 2012/08/19 23:45   >>

トラックバック 0 / コメント 4

8月19日() 時々

福知山からは山陰線で城崎方面、舞鶴線で舞鶴若狭方面へ向かうかなど
色々選択肢がありますが、天気も良いので日本三景の天橋立へ行く事に

天橋立へは、第三セクターの「北近畿タンゴ鉄道」で向かう事となります。
JRではないのでもちろん青春18切符では乗れず、別途運賃が必要ですが
北近畿タンゴ鉄道では色々格安の乗り放題切符が発売されているようです。
毎月19日は京都府の「育(19)児の日」だそうで、全線が千円で乗り放題で
しかも同伴の子供2人まで無料という「子育て応援切符」の発売日らしい。
「今日はちょうど19日でラッキー」と「子育て切符下さぁい」と窓口で言うと
駅員が「子供を連れていないとこの切符は発売できませんが…」との事
「マジでぇ〜」 まぁ、将来通学で客として乗ってくれるであろう子供達を
育てている沿線の親への感謝の気持ちの切符なのでしょう。
我々のような日本の少子化に貢献している者は便乗して買えないようです
子連れでないと買えないなんて注釈はどこにも見当たらなかったけど…

「子育て切符」が買えなくても1,200円で乗り放題の券は年中あるので購入し
ホームへ上がり、乗車する9時57分発の快速大江山浪漫号を待ちます。
画像
JRのホームには何気に381系の特急が停車中でした。

ちなみに昭和50年代後半の、地上・非電化時代の福知山駅です↓
画像
そんな列車本数もない路線ばかりで踏切の閉まる時間もあまりないのに
わざわざ高架化する必要があったのかな〜と思う福知山市内の鉄道です。

普通・快速のみ乗り放題という「タンゴ鉄道版18切符」 ↓
画像
以前はJRの18切符を提示すると500円で乗り放題という切符が買えましたが
宮津線の廃止が取り沙汰されるくらい経営が思わしくないのでやめたようです。

しょせん快速なので普通列車用のレールバス1両と思って待っていると…
入ってきたのは特急タンゴエクスプローラーで使われていた車両↓
画像
前から思っていたけど、カメムシのような顔つきですね〜
画像
数年前まで大阪までの特急にも使われていたけど、理由は詳しく知りませんが
現在は北近畿タンゴ鉄道線内のみの特急等で使われているようで今でも特急
として運行される列車だと特急券が必要な車両です。

車内は特急車両とあって豪華〜 それもハイデッカーで眺望抜群
画像
シートカバーは丹後ちりめんだそうです↓
画像
きれいなお姉さんが1人、アテンダントとして乗車しておりましたが
「観光列車ですので途中の見所では停車して観光案内を行います」と放送。

結局停車して観光案内があったのはこの一箇所のみでした↓
画像
百人一首の歌で有名な「大江山」山系の山々だそうです。

「大江山〜 いく野の道の 遠ければ〜 まだふみもみず 天の橋立〜」

身近な地名なので、近畿の小中学校ではいち早く覚えた子供が多い歌では。 
学校の百人一首の授業では「大江山〜」と読むだけで激しい争奪戦でしたね。   

宮津駅で進行方向が変わると日本海が見えてきました↓
画像
 
海が見えると、程なく天橋立駅に10時43分到着〜
画像
                       カメムシ〜
画像

ウチは祖母など親戚が但馬地方に大勢いるので、天橋立は子供の頃の
国鉄宮津線時代から何度も訪れており、今回は観光より昼食がメイン

海辺で昼食といえば海鮮丼かなということで、適当に入った店で…
画像
昼間から「プハァー」と乾杯出来るのは鉄道の旅ならではですね

本当はボタンエビも乗りますが私はエビが無理で、他の魚に替えてと注文。
しかし同僚の丼と見比べると、ただボタンエビを抜いただけのような気が…
エビ一匹抜くのだから刺身3切れぐらいは増やしてもらわないと割合わんよ
単品で1,200円、写真はもずくの小鉢・味噌汁とのセットで1,500円でした。

先ほどの食堂は、この知恩寺の参道にありました↓
画像


天橋立の付け根は外海と内海との水路になっており、船舶が通過する時だけ
橋を回転させる、珍しい可動橋となっています↓
画像
画像

天橋立自体を歩いても日本三景の景観は楽しめず、上から眺めないと…
せっかくなので駅裏手にある展望台へ、リフトで登ってみました↓
画像
天橋立の向こう側のケーブルカーで登る展望台は子供の頃何度か行ったけど
こちら側の展望台は初めて。今回は向こう側まで行く時間がなかったので…
往復850円ですが、ネットで印刷していった割引券で700円になりました 
先ほどの食堂や駅にも割引券はありましたが、僅か50円引きみたいでした。

そして展望台からの日本三景天橋立の素晴らしい眺望をどうぞ〜
画像
先ほどの写真の、船が通る一箇所の水路でしか外海とつながっていないから
天橋立より右側の日本海と左側の内海(阿蘇海)の色が全然違いますね。

20分ほど絶景を眺めて、再びリフトに乗って下山し駅に戻りました

                                        Bへ続く




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
知らない土地ばかりです。
地名も!
日本海の碧さを見ると、列車にのって行ってみたい
気分になります。
清兵衛
2012/08/21 21:16
清兵衛様へ
清兵衛さんのお住まいは関東でしょうか。私は逆に関東は知らない土地が多いですよ。
鉄仮面ライダー
2012/08/21 22:57
おぉ、天の橋立、絶景ですね。確かに海の色が違いますね。海老抜き海鮮丼でも昼間からプハッとうらやましいです。
きつぽん
2012/08/22 19:18
きつぽん様へ
昼間どころかまだ11時頃でした。その後も一日中飲み続け、大食いツアーというより飲んだくれツアーになりました
鉄仮面ライダー
2012/08/22 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
青春18切符 来んせえな!北近畿ツアー A <天橋立編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる