鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS タイに行きタイっ! 2012 I アユタヤーに向かう編

<<   作成日時 : 2012/10/20 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月20日(

今夜の飛行機(日付的には明日深夜)で日本へ帰りますがまだ一日たっぷり。
昨年大洪水で行けなかったアユタヤーに行ってみようと思い立ちました

バンコクからアユタヤーは1〜2時間程度と近いので、ホテルをのんびり出発し
ちょっとの間、ホテル裏の国鉄の線路で列車の撮影をしてみました
バンコク市内とはいえこの線(東線)はあまり幹線ではなく本数は少ないです。
タイ国鉄はよく遅れますが、バンコクから地方へ向かう方向の列車については
バンコク市内ではまだ定刻に近いので、ある程度時刻表で見当がつきます。
時刻表はタイ国鉄のホームページからダウンロードできますよ。
画像
これはカンボジアとの国境、アランヤプラテート方面への列車。

反対側からも約10分後にやってきましたが、こちらは地方からのバンコク行きで
バンコクへの列車は相当遅れるので時刻表上のどの列車なのか不明↓
画像
ここは複線のように見えますが片方は貨物線のようで、旅客列車・貨物列車
ともに、どちら方向ともそれぞれの同じ線路を単線で使っているようです。 

しかし、線路際で生活している人達は鉄道用地の不法占拠じゃないのかな〜
画像
なんでもアリの国なので国鉄も「マイペンライ」なのでしょう。

ちなみにホテル出発前に部屋の窓から動画を撮影しておりました↓

一番上の写真の列車もこれと同じですが、学生時代シドニーへ行った際乗った
電車に似てるなぁと思ったら、調べるとやはり元オーストラリアの通勤電車から
モーターを取っ払って客車として使っているのだそうです。


BTSと地下鉄を乗り継いでファランボーン駅にやってきました↓
画像

全く時刻も調べずにやってきて、窓口で「アユタヤー」と告げると渡されたのが
この切符。バンコクから約80`のアユタヤーまで20バーツ(約54円)
画像
大阪から京都を往復する距離の運賃が54円ですよ

発車までまだ1時間近くあるので駅構内をブラブラ撮影 

こちらは日本から贈られた元ブルートレインですね↓
画像
画像

タイのオンボロ食堂車と手を組んでおりました↓
画像

朝ホテルの窓から撮影したのと同じ元オーストラリアの通勤電車↓
画像
画像
この元オーストラリア電車にはトイレがないらしく、編成の前後に必ずトイレの
ついたタイのオンボロ客車が連結されるようです。

そして日本の元12系・14系客車のペア↓
画像
画像
窓枠が赤く塗られており水曜日に見たのとは違う客車のようですが
この位置には昨年も営業運転してなさそうな12系・14系がずっととまっていた。
今年はオーストラリアの通勤電車改良型客車の列車ばかりよく見かけたけど
元ブルートレイン以外の日本の元JR客車の列車は一切見かけなかった。
12系も14系もどこへ消えてしまったのだろうか…


切符を渡された10時05分発の列車はベトナム国境近く「シー・サケート」という
町まで約9時間かけて走るEXPRESSらしいので少しはマシな車両と思いきや

またこいつか〜
画像
発車時刻をとっくに過ぎた10時10分頃入線してきたが、メークロン線などと同じ
硬いプラスチックシートの日本製気動車である
よくもまぁ、非冷房で座席も硬い車両を所要9時間の急行に充てるものだ
4両中1両は冷房付2等車だったけど、3等は全て自由席と思い適当に座ると
「ここはワシの席だ!」と客がやってきた。どうやら3等も全て指定席のようで
切符をよく見ると「STANDEE」と書かれており、どうやら立席券のようである
まぁ指定券を持った客が来るまで座っていようとドア横のロングシートに着席。

立ち客もいて、満員の状態で定刻より約15分遅れの10時20分頃出発↓

ファランボーン駅の先端には、戦時中日本から送られた日本のSLが…

バンコク市内あちこちの駅から更に多数乗客が乗り込み通勤ラッシュ並に
私はアユタヤまで1時間半程度だが、周りの立ち客の家族の切符を見ると
6時間も乗ってかなり遠くまで行くようで、地獄のような劣悪の車内である

メークロン線と同じ車両だがこちらは幹線で線路状態がいいので快調に飛ばし
それでも定刻より約25分遅れの11時50分頃アユタヤ駅に到着〜↓
画像
結局アユタヤーまで、ロングシート部分ながら座って行く事は出来たものの
ロングシートとあってあまり車窓を楽しむことはできず結構寝ていたかも
画像
アユタヤが終着駅ではないし、タイ国鉄は車内放送もないから乗り過ごしたら
ヤバいな〜と心配していたけど、やはり外国人観光客の利用が多い駅とあって
到着時に車掌が「アユタヤ〜アユタヤ〜」と車内を叫んで回り、迷わず下車
画像
特に帰りの列車の時刻も決めず適当にアユタヤの遺跡巡りに出発です

アユタヤー駅の場所はこちらですよ↓

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイに行きタイっ! 2012 I アユタヤーに向かう編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる