鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS JR四国 バースデイきっぷの旅 C 窪川〜宿毛〜高知編

<<   作成日時 : 2012/10/29 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月29日(月)

窪川1時間の待ち時間で、豪勢に四万十川産うな丼を食べ駅に戻りました。
ここからの第三セクター「土佐くろしお鉄道」もバースデイきっぷが使えます。

JRから直通の12時48分発特急南風3号中村行きに乗車↓
画像

普通列車なら約20分待ちであったけど、特急グリーンまでOKなので…
画像
3列シート×6のグリーン車の客は私だけだった気がする…
画像

半室グリーン車のこの車両は、半室が普通車指定席のアンパンマンシート↓
画像
こちらもガラガラで、土佐くろしお鉄道の経営状態がわかりますねぇ

ホエールウォッチングで有名な土佐佐賀付近では太平洋が車窓に↓
画像
画像

13時24分に四万十川河口の町、中村に到着〜↓
画像
窪川から中村までの区間は約20年前に足摺岬を旅行した際に乗っていますが
それ以降に中村〜宿毛間が新たに開通した為、ここから先は初乗車です。

13時30分発の普通列車宿毛行きに乗車↓
画像
画像
窪川から普通列車に乗ってきた場合でも、ここから同じ列車に接続となります。

中村駅を出るとすぐ四万十川を渡ります↓
画像

あとは特に変化もない景色で、14時ちょうどに終点宿毛駅到着〜↓
画像
行きどまりの宿毛駅は、2005年に特急が止まらず突っ込んだ大事故があった。
画像

宿毛は何年も前に一度バイクで訪れて、当時あったユースホステルに宿泊して
宿毛からフェリーで大分県へ渡った事があり、今回特に用もなく折り返すだけ。
なかなか趣向を凝らした楽しいユースホステルだったのになくなってしまった


駅ナカ店舗で酒のアテなどを買って14時34分発の中村行きに乗車↓
画像
先ほどの車両の折り返しと思いきや、隣にとまる車両だった。

色が違うだけで、車内の座席配置は全く同じようでした↓
画像

15時04分、中村駅到着。10分発の特急南風24号岡山行きに乗り換え↓
画像
先ほど乗ってきた南風3号の車両の折り返しのようだ。
画像

窪川からJR土讃線に入り高知へ向かいます。海はあまり見えないけど
須崎の町に入る手前で少しだけ太平洋を見ることができます↓
画像
海辺の駅で有名な安和駅付近です。
一昨年のバイク旅行中撮影した安和駅の写真をどうぞ〜↓
画像

そして安和〜土佐新荘間の、有名なメガネ橋付近↓
画像

こちらも何年も前のバイク旅行中撮影した写真です↓
画像
ミカン畑からの撮影で、ちゃんと農家の人に許可をもらって撮影してます。

須崎駅にあった、須崎名物鍋焼きラーメンの看板↓
画像
アンパンマンの作者、やなせたかしさんに描いてもらったっぽい絵ですね。

途中、朝倉駅で降りて土佐電鉄の撮影を考えていたけど日没の早い季節で
すっかり日影だらけなので明日回し。そのまま今夜の宿泊地高知まで乗車。

17時ちょうどに高知駅到着〜↓
画像
画像
2008年に高架駅化されてから、訪れたのは今回が初めてである。
画像
高知県の材木をふんだんに使ったと思われる特徴のある屋根だな。

須崎の鍋焼きラーメンは素通りしたけど、高知駅裏手に最近出来たお店へ…
画像
画像
1人用の土鍋で煮込んだ、鶏肉・生卵・竹輪が特徴の鍋焼きラーメン(600円)。
一昨年、須崎の道の駅の食堂で食べた時はもっと脂ののった鶏肉だったけど
今回は脂っこくなくあっさりし過ぎていて、私的には道の駅の方に軍配が。
調べると、あっさりを売りにしている須崎の店が高知に支店を出したらしい。

「千秋」の場所はこちらですよ↓

営業時間 11:00〜15:00 18:00〜23:00(L.O.22:30) 定休日 水曜日


今夜のお宿は最近話題の「スーパーホテル」。前々から泊まりたいと思いつつ
全国的にどこも「東横イン」より高い料金設定なので今まで敬遠していました。
「楽天」で調べると高知市内にはもっと安いホテルがいくらでもあるようでしたが
今回「楽天」で4,280円のプランがあったのと、楽天ポイントを800円分使った為
一泊朝食つき3,480円で泊まる事ができました
画像
部屋は「東横」と似たり寄ったりでしたが、ここの売りは天然温泉大浴場
画像
ここで湧いている温泉ではなく「長岡温泉」という10`ほど東にある温泉から
タンクローリーでお湯を運んでいるらしいけど、ツルツルスベスベの美人湯で、
昨日入った道後温泉より、こちらの方がよほどいいお湯でしたよ

鍋焼きラーメンだけでは夕食に足らないのでスーパーで鰹のタタキを購入↓
画像
せっかくなので2パック購入したけど、鰹の本場高知なのになぜか長崎産。
9月の四国ツーリングで食べた鰹のタタキも、なぜか高知産ではなかった。
高知産は一般市民が買い物をする店に出回る季節ではないのかも…
高知産だろうが長崎産だろうが、大変美味しかったので別にいいのだが。
鰹タタキの両側に突き刺さっているじゃこ天は、宿毛駅で買ったものです。

画像
高知のお気に入りの地酒、「司牡丹」に酔いしれて眠りにつきました

天然温泉「龍馬の湯」 スーパーホテル高知
楽天トラベル
朝食バイキング無料&天然温泉付!駅近♪


楽天市場 by 天然温泉「龍馬の湯」 スーパーホテル高知 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR四国 バースデイきっぷの旅 C 窪川〜宿毛〜高知編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる