鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS スルッとKANSAI 和歌山ラーメン&加太ツアー A   加太編

<<   作成日時 : 2012/11/27 23:50   >>

トラックバック 1 / コメント 0

11月27日(火) 時々

和歌山ラーメンを2軒ハシゴして、紀淡海峡の港町、加太へ向かいます。

和歌山市駅から南海の赤字ローカル線、加太線に乗車↓
画像
加太線は開業百周年を迎えたそうで、同じく今年百周年の吉本興業とタイアップして新喜劇のメンバーの声による車内放送が期間限定で行われています。ちなみに「吉本」と書かれたヘッドマークは昔和歌山〜徳島間のフェリーに連絡して運転されていた特急四国号のものを模して作られたそうです。

1983年、地上駅時代の堺駅で撮影した特急四国の写真がありました〜↓
画像
今の堺駅前は高い建物が多いはずだけど、この頃は写ってないですね。

画像

画像
加太線は昼間約30分間隔ですが車内はガラ空きで、ちょうどホームでは県の職員らしき人たちが加太線の利用者にアンケートを配布していました。
そのうち貴志川線(現:和歌山電鐡)のように南海が手放すかも知れませんね。

辻本茂雄・未知やすえ・島田珠代の3名の、それぞれの持ちネタを織り交ぜた
テープによる車内放送でしたが、「次は〇〇です」や「扉にご注意ください」など肝心なところでは3名とも真面目な声に戻るのが何だか面白かったです

約25分の乗車で終点加太駅に到着〜↓
画像
画像
画像
加太は昔125ccのバイクでの紀伊半島ツーリングの際にも来たことがあるし、
電車でも3dayチケットで2度ほど訪れた事があるので、たぶん4度目ですが
駅の観光案内版にもある、有名な淡島神社には意外にも行った事がなくて
今回は是非とも行ってみたかったのです。駅から徒歩20分ほどで到着↓
画像
淡島神社は、いらなくなった雛人形など人形類を供養して処分してくれる神社
として有名で、全国から持ち込まれた人形がびっしりと並んでいます↓
画像
画像
横の海岸で流し雛の行事もあるようですが最終的に焼却処分するようです。
右下の人形がこっちを向いているような… 「助けて…焼かれる…」

淡島神社のホームページはこちら


境内に3軒の土産物屋兼食堂があり、中でも有名な「満幸商店」へ↓
画像
以前、「探偵ナイトスクープ」や他のグルメ番組でも見た気がするお店ですが
「満幸商店」の漢字をどう読むかは閲覧者みなさんのご想像にお任せします。

入りにくそうな店構えでしたが、入るとオバチャン達が温かく迎えてくれました。
「駅から歩いて来たん?寒かったやろ〜、帰りは車で駅まで送ってあげるよ」
それは申し訳ないので「そんなんいいですいいです〜」と返答しましたが…

他の人のブログや「食べログ」などでは、てんこ盛りのシラス丼が有名なので
私もそれ目当てで訪れたのですが、メニューを見ると「あわしま丼」がトップで
「あわしま丼って何?」と聞くと「生姜をきかしたタレで貝を煮込んだ丼です〜」
との事で、どうやらこちらの方が店のイチオシのようなので気が変わり…
「あわしま丼」のレギュラーサイズ(1,200円)にしました↓
画像
画像
磯の香りがたっぷりでウマ━━━━(゚∀゚)━ ━━━!!
オバチャンの話では加太の港ではシラス漁は行っておらず本当はシラス丼は加太の名物ではないとの事。でもこの貝類は自分達で採ってきたものらしい。

週末は行列が出来る程の人気らしいですが、今日は平日で時間も夕方なので
客は私と、車で来たというスーツ姿のオジサンの2名のみで静かな店内です。
かかってきた電話に「ハイ、満幸です!」と応えるオバチャンの声が響きます。

食べているとオバチャンが色々話しかけてきて「土日はこんなん出来んけど、今日は暇やし国民休暇村まで夕日を見に連れて行ってあげるわ〜」との事。
「せっかく遠い所から来てくれたんやし見て帰りよ〜」と車を出してくれました。

淡島神社から3キロほどの、国民休暇村から見た黄昏の紀淡海峡↓
画像
手前の小さな島は無人島の友ヶ島で向こうの島影は淡路島です。
画像
以前はこの近くの深日港から淡路島へフェリーがあり、125ccのバイクは高速が使えないので、大阪の大都会を走って帰るのが嫌でフェリーに乗って淡路島経由で神戸に帰ったものですが、今や淡路島へ渡るには遠く明石海峡大橋を経由しなければならず、近くて遠い島なのであります。「満幸商店」は漁師なので、「淡路島へは漁船に乗って行くんよ〜」と申しておりましたが…。

防波堤のある漁港あたりに先ほどの淡島神社と満幸商店があります↓
画像

そして最後は南海加太駅まで送っていただきました
画像
「土日は無理やけど平日やったら次回から、和歌山市から加太線に乗る前に何時の電車で行くからと電話くれたら加太駅まで迎えに行くから〜」との事。

一杯の丼を食べただけで至れり尽くせり。幸せに満ちた「満幸商店」でした
画像
「店の名前を大きな声で言わんときよ〜」とオバチャンが名刺をくれましたが
なんで大きな声で言ったらダメなんだろう…

「満幸商店」の場所はこちらですよ↓
加太と淡路島との位置関係のご参考に。

営業時間 9:00〜17:00 17:00〜は二日前までに要予約。コース料理のみ
定休日 無休(悪天候時は休業)

次回は是非シラス丼を食べに来ようと思い、加太をあとにしました
画像

3dayチケットは関西の私鉄乗り放題なので有馬温泉に寄ってひとっ風呂…と考えていたけど、遅くなりそうなので断念。山陽電車から地下鉄に乗り換える板宿駅前の「餃子の王将」で晩御飯を食べただけで帰りました↓
画像


今日一日、普通に切符を買いながら旅した場合、6,120円にもなりますが
3日間5千円のスルッと関西3dayチケットなので約1,666円で済みました
画像



休暇村 紀州加太
楽天トラベル
淡路島・四国を望む絶景の宿、紀淡海峡に沈む夕日は絶品


楽天市場 by 休暇村 紀州加太 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スルッとKANSAI 和歌山大食いツアー @ 加太 満幸商店編
4月29日(月・祝){%晴れwebry%}→{%曇りwebry%} ...続きを見る
鉄仮麺ライダー放浪記
2013/05/03 22:07

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スルッとKANSAI 和歌山ラーメン&加太ツアー A   加太編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる