鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS JR西日本 冬の関西1デイパス 船旅満喫ツアー @ 琵琶湖縦断編

<<   作成日時 : 2013/02/17 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2月17日(日) 時々

「千円高速」の時期に、苦戦を強いられていたJR各社は高速道路に対抗して
色々な格安切符を発売しましたが、これもそのひとつ↓
画像
関西アーバンネットワークのJRが乗り放題なのに加え、他社ともタイアップして
発売のたび異なった私鉄などにも乗れる引換券付きなのですが私鉄等に乗る
か否かは利用者の自由で発売額以上のJR線を乗れば元が取れるわけです。
(好評なのか、前回利用した時より600円値上げしています)

神戸垂水の家を7時前に出て、神戸電鉄沿線の同僚と神戸駅集合↓
画像

7時31分発の新快速で京都の山科駅まで乗車し京阪山科駅へ↓
画像
関西1デイパス提示で大津市内の京阪電車一日券がもらえます。

一部路面電車の京阪電車に乗って10分程度で浜大津駅へ…
画像

浜大津駅では日曜市のような催しをやっており、鮒寿司をはじめ滋賀県の各種
名産品を売っていましたが、飲んだくれの我々を歓迎するかのように…
画像
地酒のきき酒をやっていて、オバチャンにたくさん飲まされました

関西1デイパスは以前から秋発売分に限り、琵琶湖でも大津周辺を巡るだけの
遊覧船は利用でき、それだけでもかなりオトクでしたが今回の発売分はなんと
大津から長浜までの日本一広い琵琶湖を縦断する航路も乗船OKとの事
琵琶湖一周は鉄道でも車でも容易に出来るけど、船で縦断できるなんて事は
そう出来ないので今回この切符に熱い視線を注いでいたのです

浜大津港10時ちょうど出港の長浜行き「雪見船」↓
画像
けっこう小さな船で、瀬戸内海の古き良き連絡船のよう。
画像
大津〜長浜間は鉄道の距離でも約70`あるので、ほぼ同じ距離と思われ。
所要2時間40分。普通に乗船券を買うと3,000円だそうです。
先程引き換えた京阪一日券が通常500円なので、この時点でJRは実質タダ

早めに並んでいたので窓側をゲットしましたが、かなりの混雑です↓
画像
我々と同じJRの格安切符で乗船した人と普通に乗船した人が横で話していて
普通に券を買って乗った人が、JRの切符を知らず大変悔しがっていました

利き酒会でちゃっかり地酒を購入。併せてワカサギの天ぷらも↓
画像

「雪見船」という名称だけあって湖西の積雪した山々が見渡せます↓
画像
これは比叡山と思われます。朝10時から雪見船で雪見酒

外部甲板もあり、瀬戸内の連絡船風でいい感じ↓
画像
画像
日本酒で酔って甲板に出ると酔い醒ましにはなるけど、船から酔って転落する
事故も時々ニュース等で報道されるので船内での飲酒はほとほどに

こちらは琵琶湖南側にある近江富士こと三上山↓
画像

琵琶湖全域で見られる「えり」という魚を追い込む漁法↓
画像

堅田にある有名な「浮御堂」も今日は雪化粧(拡大可)↓
画像

そして琵琶湖大橋をくぐります↓
画像

スキー場のある「びわこバレイ」の辺り↓
画像

近江八幡市の沖に浮かぶ、日本の湖の島で唯一の有人島である沖島↓
画像
400人余りの人々が生活しているそうですが島には車が一台もないそうです。

鉄道や車では見る事の出来ない琵琶湖の様々な表情を見る事ができました。
画像
画像
画像

長浜が近づくにつれ、滋賀県最高峰・岐阜県境の伊吹山が…
画像
画像

そして長浜城が見えると12時40分、長浜港に到着〜↓
画像
画像
途中、彦根港にも寄りますので彦根での下船も可能です。

2時間40分も絶景の船旅が味わえて、乗りごたえのある「雪見船」でしたがこの
琵琶湖縦断「雪見船」の運航は3月8日までの期間限定です。
ちなみに14時発の長浜→大津の逆方向でも乗れますが「関西1デイパス」での
琵琶湖汽船乗船は1回限りなので往復乗船は出来ません。
期間中は平日も運航しますが平日は客が集まらないと欠航するとの事なので
平日どの程度の客があるのかわかりませんが土日の乗船の方が無難かも。
「関西1デイパス」は、今季発売が2月中なので23と24が最後の土日ですよ
※琵琶湖縦断航路以外に竹生島航路や大津周辺の遊覧船も乗れます。
竹生島航路は竹生島で一旦下船観光となりますがもちろん往復乗れますよ。

琵琶湖汽船のホームページ
http://www.biwakokisen.co.jp/


さてちょうど昼どきなので、昼御飯を一昨年も訪れたこちらへ↓
画像
前回は夕方でガラ空きでしたが今日は昼御飯どきでかなりの行列…
と思いきや、4人掛け・6人掛けだろうが空いた席から順次一人客でも一人で
座らせ、相席にしない主義の店なのかなんとも客の回転が悪い
わざと行列を作って、「行列が行列を呼んでいる」だけのような感じである。

そしてここの名物「ホワイト餃子」を…
画像
ホワイト餃子は千葉県野田市が発祥で、そこで修業した人が全国各地で提供
しているが、関西はここだけ。中国の「白さん」に習った為この名称なのです
分厚い皮が特徴ですが皮の中側がベチャついておりイマイチ
前回も思ったけど、これなら近所の王将の方がダンゼン美味いな。
他の地方の「ホワイト餃子」を提供している店はもっと美味しいらしいけど…

併せてこちらの名物だという、前回は食べなかった「イタリアン」↓
画像
ソース焼きそばにミートソースがかかっているというもので、新潟名物でもある。
同僚は「美味い」と言っていたけど私には合わない 喉ごし悪い麺だし…
「雪見船」での「雪見酒」で酔ってしまい、ここではビールを飲む気になれなくて
ビールを飲みながら食べると多少美味しく感じたのかも知れません。

ホワイト餃子とイタリアンの「茶しん」のホームページ。
http://www.chashin.co.jp/

イタリアンのあまりの後口の悪さに、自販機で缶コーヒーを買ったのでした。



子持ち鮒寿司 【送料無料】 琵琶湖の名産鮒ずし(ふなずし)産地から直送
京・近江・ほっこり茶屋
■子持ちの鮒を厳選し、漁師・望月幸三氏が 真心込めて漬け込んだ、湖国・近江独特の 高級珍味です。■送


楽天市場 by 子持ち鮒寿司 【送料無料】 琵琶湖の名産鮒ずし(ふなずし)産地から直送 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR西日本 冬の関西1デイパス 船旅満喫ツアー @ 琵琶湖縦断編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる