鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾に行きたいワン 2013 E 池上鐡路月台便當

<<   作成日時 : 2013/03/20 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3月20日(水) 時々

そういえば日本では今日祝日なんだなぁ…。台湾は関係なく平日です。

花蓮市内にある日本人経営の民宿で一夜を明かし、早々に出発です。
宿主の車で駅まで送ってもらったけど「花蓮の町を何も観光してないのでは?」
とツッコミを入れられました 確かに夕方駅に着いて早朝に出発するだけで
花蓮の町は夕飯の食べ歩きぐらいしか堪能しておりません。
花蓮といえば太魯閣渓谷の宿泊拠点の町で、宿主によるガイドツアーもある
そうなので、次回日程的に余裕がある時に太魯閣渓谷はまた訪れてみたい。

花蓮8時20分発の自強号新左營行きに乗車↓
画像
ちなみに新左營とは高雄市内にある台湾新幹線との接続駅です。
画像

座席指定列車で今回の旅で初めて窓際席でした↓
画像

とりあえず目的地は台東の先の「太麻里駅」。理由は次の記事で…↓
画像
175.2`の距離が特急で1,270円程度。

玉里までは昨日乗った区間なので重複しますが…
画像
志学・平和・吉安と、どれも日本だと入場券が売れそうな駅名である。

昨日乗ってきた玉里を過ぎてしばらくすると池上駅に停車します↓
画像
池上駅の駅弁は台湾の駅弁(便當)の代名詞のような存在で超有名。

駅に列車が着くと何人かの売り子がホームを走り回ります↓
画像
窓の開かない今時の列車なので、乗客は僅かな停車時間に駅弁を売り子から
買おうとデッキの扉へ急ぐのですが、駅弁は70元。100元札を出される事を
想定して、売り子は30元分の硬貨が入った袋をたくさん用意していました。

そして、私も他の乗客につられて買い求めました↓
画像
ちなみに「月台」とは中国語でプラットホームの事である。

日本円で僅か約225円なのにこのボリューム↓
画像
噂に聞いていただけあってウマ━━━━(゚∀゚)━ ━━━!!
台湾独特のクセのある香りもないし、今まで食べた台湾の駅弁で一番最高
この駅弁を食べる為に、はるばる池上をまた訪れたいと感じる駅弁でした

台東を過ぎると昨年昼間に乗車した区間に入ります。

11時25分、昨年も降りた太麻里駅に到着〜↓
画像


                                        Fへ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾に行きたいワン 2013 E 池上鐡路月台便當 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる