鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国ツーリング 2013 B 吉野川に沿って…

<<   作成日時 : 2013/05/13 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月13日(月)

「うどん県」で讃岐うどんの店を3店舗だけハシゴして、峠を越えて徳島県へ

※この記事の写真は、ほとんど拡大が可能です。

徳島から吉野川に沿って走るJR徳島線の鈍行列車をパチリ
画像

同じ場所で、反対からやってきた特急剣山もパチリ
画像
徳島線は「よしの川ブルーライン」と愛称がついていますが、吉野川を絡めて
撮影できるポイントはここだけだと思います。それも年々木々が成長して…
高圧線と、対岸にある高速のサービスエリアの建物群もうっとうしいですね。

撮影場所はこの辺りですよ↓
 

高校野球で名をはせた池田の町を過ぎると、大歩危・小歩危の渓谷へ…

高知方面行きの特急南風をパチリ
画像
あまりにも有名なポイント。新緑が眩しいです

大歩危の道の駅から崖下の渓谷を覗くと…
画像

川下りの遊覧船も道の駅から出航しています↓
画像

高知県に入り、こちらも何度か訪れているポイント↓
画像
せっかくの棚田も、休耕田が多いのか水を張った田んぼがほとんどない

この場所への道はかなり狭いけどバイクならラクラク


さて今回は、昨晩まで行先も決めていなかったし宿もとっておりません。

昨年秋のツーリングで宿泊した廃校の宿がすぐ近くなのですが、一応今回は
テントを積んできていたので、何年ぶりかにキャンプする事に↓
画像
廃校の宿の麓の町にある吉野川の河原の無料キャンプ場です。
別にお金をケチる為のキャンプではありません。アウトドアの醍醐味なのです。

無料とあってシャワーがなく、近くの道の駅にコインシャワーがあるので行くと
17時45分で終了したとの事。近くに温泉施設もないので汗だくの体を炊事場で
拭くだけで寝るハメに 四国は温泉が少ないのが難点だなぁ。
そういう意味では温泉天国の紀伊半島ツーリングの方がいいですね
シャワーはないけど炊事場やトイレと、そこまでの道には明かりがありました

調理器具は持ってこなかったので夕食は近くのスーパーへ買い出しに。
高知でのお楽しみ、カツオのタタキは鹿児島県産と表示が
画像
高知県でお気に入りの地酒「司牡丹」に酔いしれて眠りにつきました

高松港からキャンプ場まで、今日走ったルートはAからBへのこんな感じ↓
画像
家から神戸の港まで走った約20`を含めても合計約180`程度でした。

よく一緒にツーリングに行っていた職場の先輩は一日400`以上(一般道を)
走らないと気が済まないそうですが、私は今日の距離で充分です
一日400`以上って、ただ走ってるだけでしょう。私は撮影・グルメ・温泉などで
なかなか前に進まない。私にとってバイクは単に小回りの利く移動手段であり
「走る」事に関しては歳のせいか、もう目的ではないですね こんな軟弱な
ライダーなので、最近は先輩からのツーリングのお誘いも来なくなりました。

帰全山公園キャンプ場はこちらですよ↓
河原とあって石だらけで、快適に眠れる場所は極めて少ないです。
ちなみにキャンプ場は私ただ一人でした


                                        Cへ続く



BUNDOK ツーリングテントUV BDK-17
村の鍛冶屋
 【ここがポイント!】 1?2人対応テントです。ツーリングやドライブなどに最適なので、お手軽にキャン

楽天市場 by BUNDOK ツーリングテントUV BDK-17 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国ツーリング 2013 B 吉野川に沿って… 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる