鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国ツーリング 2013 D 「ライダーズイン四万十」宿泊編

<<   作成日時 : 2013/05/14 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月14日(火)

太平洋に別れを告げ、四万十川沿いの町、窪川までやってきました

窪川の道の駅で見かけた、とんでもない荷物のライダー↓
画像
和歌山からやってきたそうですが、これだけの荷物だと日本一周中によく間違
われるらしいけど、ただ四国を訪れただけの野宿ライダーだそうです。

私も昨晩に引き続き今夜もキャンプでも良かったけど、洗濯がしたかったので
今夜はライダー専用の宿泊施設「ライダーズイン四万十」に泊まる事に。
市町村合併により窪川と同じ四万十町ですが窪川から30`以上先です。

ライダーズインのある旧十和村は、こいのぼりの川渡りが有名↓
画像
画像
画像
こいのぼりの川渡りはJR予土線十川駅付近で毎年この時期行われます

ここから走る事10分程度で、「ライダーズイン四万十」に到着↓
画像
「ライダーズイン」は平成8年から10年にかけて高知県内の5カ所に設けられた
ライダー用の簡易宿泊施設。シャワー・トイレ・洗面所を備えた板張りの部屋で
寝袋持ち込みが基本で素泊まり一人3,150円(人数増で一人当たりが割安に)
というもので、開設当初は物珍しさもあって結構賑わっていたけど今は完全に
すたれてしまい、大型連休でもない限りガラ空きのようです
ライダーの人口自体も年々減ってきていますからね〜
一応は町が管轄しているようですが、管理は地元の住民に委託しているようで
受付や案内は近所に住んでいそうなお婆さんがやってくれました。

部屋ごとにバイクの駐車スペースがあり洗車用の水道も↓
画像
画像

裸電球一つの薄暗い部屋で持ち込みの寝袋で寝るだけ↓
画像
銀マットの上で寝るので屋根がなければテントと寝心地は変わらない。
布団は別料金で貸してくれますが、毛布は無料で貸してくれました。
ちなみに客室に空調設備はないので夏や冬は辛いかもしれません。

シャワーとトイレを隔てるカーテンは予想してたけどカビだらけでした
画像
それでも昨日シャワーすら浴びられなかったのでサッパリしました
昨日の記事にも書いたけど四国は全般的に温泉が少なく、この辺りも旅館の
高い日帰り入浴しかないとの事で、泉質も期待できないしシャワーで我慢。
本当は、やはり湯船でツーリングの疲れを取りたいですね〜

宿泊棟と別に宿泊者同士で交流をはかれる広い交流棟があります↓
画像
交流棟といっても今日の客は私一人で、交流も何もありません
炊事場もあるので調理も可能ですしコインランドリーもこの中にあります。

食事の提供はありませんので、窪川のスーパーで購入した食料で夕食↓
画像
真ん中にある焼鳥は地鶏で、結構高かったけど激ウマでした

昨晩は「司牡丹」でしたが今日は「土佐鶴」です↓
画像
私としては「司牡丹」の方が飲みやすいと思いました

画像
近くにいそうな、鹿の大きな鳴き声が時折する中眠りにつきました
画像


「ライダーズイン四万十」の場所はこちらですよ↓

高知県高岡郡四万十町井崎4番地1
電話:0880-28-5858

宿泊料(1室1泊)1人3,150円 2人5,250円 3人6,300円 4人8,400円


今日は結構走ったつもりが、昨日より短い174`。淡路島一周程度でした↓
画像
私は走る事が目的ではなく、今日も写真を撮りまくっていましたからね〜


                                        Eへ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国ツーリング 2013 D 「ライダーズイン四万十」宿泊編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる