鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国ツーリング 2013 G 鹿島へ渡る編

<<   作成日時 : 2013/05/16 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

5月16日(木) 時々

「北条水軍ユースホステル」で目覚める朝
画像

朝食はこんな感じでした↓
画像


今日は神戸に帰るだけですがユースの前が海で、沖合すぐの所に鹿島という
瀬戸内海国立公園の小さな無人島があります↓
画像

ユースから徒歩1分で渡船の乗り場があるので、朝食後に散歩がてらちょっくら
渡船に乗って渡ってみる事に↓
画像
無人島というのに20分間隔で運航されており、運賃は往復200円。
たまに地元の釣り人が渡る程度なのに、平日で20分間隔は過剰と思うけど…
客が一人もいないと運航しないようだが船は鹿島側で待機しており、券売機で
切符を買うと自動的に連絡がいくようで、私一人の為に船がやってきた。
この暇そうな航路、松山市営なのだそうだ。なんとも暇な仕事である
橋下市長が松山市役所にやってきたら真っ先にリストラ対象だな。

私一人を乗せた船は瀬戸内の海へ…
画像
地元松山出身のタレント「友近」の声によるウルサイ(?)観光案内があります。
「お帰りも私、友近がご案内いたします」って、もうええって

僅か3分程度で、鹿島に到着〜↓
画像

島は一周1`程度で歩いても15分ほどで一周できてしまう

小さな島ながら奇岩が多く景色も素晴らしい↓
画像
画像

伊予の二見というらしい夫婦岩↓
画像

そして野生のシカがたくさんいます↓
画像
野生といってもたぶん観光用で人間に連れてこられて繁殖したのでしょう。

島の頂上へのハイキングコースもあったけど頭上にアオサギの巣が多数あり
足元はアオサギの糞だらけなので、糞が落ちてくる危険性が極めて高く断念。

30分程度の島滞在で、帰りも私一人を乗せた船で北条の町へ戻りました↓
画像
また友近のウルサイ観光案内を聞きながら…(笑)

鹿島の場所はこちらですよ↓


                                        Hへ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
往復200円でたった一人のためにでも運行してくれる渡船が松山市営とは驚きますね。
無人島でも見所もありのんびりゆっくりと散策できますね。
ただのいなかもの
2013/05/29 09:32
ただのいなかもの様へ
平成の大合併以前は北条市でしたので北条市営だったと思いますが往復300円だったはずなので値下げされたようです。松山市は道後温泉本館など観光収入で潤っていますから財政にゆとりがあるのでしょうね。
鉄仮麺ライダー
2013/05/29 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国ツーリング 2013 G 鹿島へ渡る編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる