鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 北陸・東海 ぶらり各駅停車の旅 D 富山地方鉄道編

<<   作成日時 : 2013/08/05 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8月5日(月) 時々一時

黒部峡谷鉄道の旅を終えて、今日は昨晩に続き富山市内での宿泊です
前記事にも書いたけど黒部峡谷鉄道は以前乗った事があるので涼みがてらの
ついでであり、ほとんど乗った事のない富山地方鉄道が今日のメインです

宇奈月温泉14時19分発の富山行き普通電車に乗車↓
画像
関西人の私は初乗車の、元西武特急のレッドアローでした
画像
快適なリクライニングシートに揺られてこのまま富山まで帰りたいところですが
晴れてきたので午前中撮影した下立駅で14時30分、途中下車↓
画像

せっかくの青空、そして田んぼを強調して縦位置で撮影↓
画像
富山地鉄の新塗色ですが、この色は景色に映えてなかなかいいかも。

そして旧塗装の電車もやってきました↓
画像
晴れるとクソ暑いですが晴れた方が綺麗な写真が撮れるので、仕事と違って
好きな事をしている時はクソ暑いのが苦にならないから不思議ですね

クソ暑い所に2時間近くいて、16時14分発富山行きに乗車↓
画像
今度は元京阪特急「おけいはん」でした。
画像
京阪時代からそのままと思われる成田山不動尊のお札も
画像

立山線に乗り換える為、寺田駅で17時17分に下車↓
画像
魚津あたりから雲行きが怪しくなり段々雨が降ってきました

17時22分発の立山行きは、また「おけいはん」↓
画像
立山〜寺田〜富山間は大昔、立山黒部アルペンルートの帰りに乗っている。
12系の急行ちくま、塩尻で新宿からの急行アルプスに乗り継ぎ信濃大町へ。
宿泊もせず特急雷鳥で帰った夜行日帰り旅行でした。
「北陸ワイド周遊券」だったので急行券不要、雷鳥も敦賀まで特急券不要。
周遊券があった時代は良かったなぁ…

乗った事のない不二越上滝線に乗る為、岩峅寺駅でのりかえ↓
画像

17時46分発の富山行きに乗車↓
画像
立山〜富山間は立山線と不二越上滝線と2通りの経由方法があり、こちらの
不二越上滝線経由の方が短距離だが、なぜか寺田経由がメインとなっている。

稲荷町の車庫では元京阪ダブルデッカーがデビューに向けて整備中↓
画像
3月に京阪を引退したところだが、半年もたたないうちに富山で復活するとは
ちなみに、昨年秋に京阪電車で撮影した写真です↓
画像


18時20分に富山駅に戻り、路面電車を除く富山地方鉄道全線走破を達成

一日乗車券は3,000円でしたが、4,790円分乗ったので1,790円オトクでした
画像

昨晩売り切れで買えなかった「ますの寿司」を手に入れる為JR富山駅へ

                                        Eへ続く


名物にうまいものあり 源のますのすし | ますのすし一重
ますのすし本舗源 楽天市場店
名称ますのすし一重内容量一食分原材料ご飯、ます(サケ類)、食酢、食塩、トレハロース保存方法直射日光・


楽天市場 by 名物にうまいものあり 源のますのすし | ますのすし一重 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北陸・東海 ぶらり各駅停車の旅 D 富山地方鉄道編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる