鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS JR 秋の乗り放題パスの旅 in九州 E 日田彦山線で門司へ編

<<   作成日時 : 2013/10/07 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 2

10月7日(月)

筑前岩屋16時16分発の小倉行きに乗車↓
画像
県境をまたいで人の交流がないようで車内は悲惨な程ガラガラ。
画像
画像
なんかタバコ臭いと思ったら背後のボックス席でヤンキー(?)が喫煙中
コイツらのせいで地方路線にも死角の少ないロングシート車が増えるんだよ

修験道の霊山、英彦山の登山口の彦山駅↓
画像
新潟の弥彦山、兵庫の雪彦山とともに日本三彦山として知られる。
今どき列車で英彦山を訪れる人はほとんどいないだろうけど…

JR九州には国鉄時代の味のある古い駅名票が数多く残っている↓
画像

かつて炭鉱で栄えた田川後藤寺で15分も停車時間が↓
画像
構内は、「ザ・国鉄」といった昔ながらの光景↓
画像
広い駅構内はかつて石炭列車が数多く行き交っていた名残。

炭鉱だけでなく、興味深い駅名も…
画像
かつて付近に銅山があったのだと駅名が物語っている。

18時13分、小倉駅に到着↓
画像

新幹線小倉駅高架下にある、ラーメン横丁のような所へ↓
画像
ついに、九州でのラーメンもこれが最後かぁ…
画像
ウマ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

鹿児島本線で1駅乗って門司駅にてJR九州ともお別れです↓
画像

本来、門司で宿泊して明日山陽本線を延々鈍行で神戸へ帰るつもりでしたが
台風が接近しており明日の九州北部・山口県の天気予報は大荒れとの事だし
ヤバいので、今夜の新門司港発大阪南港行き夜行フェリーで帰ります
連続3日間乗り放題の「秋の乗り放題パス」は一日放棄する形。残念です
まぁ今夜の宿泊代をフェリーの運賃に置き換えたと考えれば良いのです

昨日の宮崎から、肥薩線・日田彦山線経由で門司まで普通に切符を買った
場合の運賃は8,200円(久留米〜鳥栖往復を含む)なので一応7,500円の元は
取っていますし、明日は大阪から自宅の最寄駅までもこの切符で乗れるので…

門司駅前からフェリー会社の無料送迎バスで新門司港へ向かいました






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一番上の写真の風景、最高ですね。
福岡も博多、小倉、久留米あたりから離れると
かなり田舎といった感じでしょうか!
地方都市の特徴ですね。
最後のラーメンはマジ美味しそう。
もりた
2013/11/13 22:14
もりた様へ
一番上の写真は自分がこれから乗る列車をホームから撮影しただけですけどね。
福岡県の都会は福岡市周辺と小北九州市ぐらいで久留米も田舎ですよ。
鉄仮麺ライダー
2013/11/15 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR 秋の乗り放題パスの旅 in九州 E 日田彦山線で門司へ編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる