鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 須磨浦ハイキング

<<   作成日時 : 2014/10/01 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 2

10月1日(水) 時々

10月に入り、そろそろ涼しくなってきたかな…と久々登山する事に
…といっても近場で昼前から軽く歩くだけです。
画像

画像

画像

JR塩屋駅から歩く事、3〜40分で標高253mの旗振山山頂に到着
画像

頂上は垂水・須磨区の境で、昔の摂津・播磨の国境にあたります。

眼下には須磨海岸と、その先神戸の市街地が見渡せます(拡大可)↓
画像
沖に見える埋立地は神戸空港です。

この先、宝塚まで約50`は「六甲全山縦走路」となっており、毎年11月には
神戸市主催の縦走大会が開催され、私も16年前に完走した事があります。
須磨浦公園を朝6時頃スタートして宝塚到着は21時を回っていました

少し下ると須磨浦山上遊園の「回転展望閣」があります↓
画像
昭和33年に出来たという年代モノの建物。
3階は床がゆっくり回転する有料展望台ですが平日で閑散としており料金
(百円)は箱に入れるだけ。真面目に入れている人はいない様子でした。

展望台から我が町垂水区と明石海峡大橋方面を望む↓
画像
写真左端、漁港のあるあたりが塩屋駅。あそこから登ってきました

眼下には海岸を走るJR神戸線の快速電車が見えます↓
画像
JR神戸線は複々線で、その手前にも片側2車線の国道2号線、そして北側に
山陽電鉄の線路もあり交通の大動脈なのですが、一番海側の快速・普通電車
のみ走る下り線しか見えないので、断崖絶壁の海岸を走るローカル線のよう。

神戸から四国高松へ向かうフェリーと普通電車↓
画像
ステンレス車両ばかりで味気ない路線ですが、たまに白色の221系は来ます。

ロープウェイ乗り場まで「カーレーター」というレトロな乗り物が↓
画像
ベルトコンベアに、人が乗る台車がついたような乗り物(200円)です。
昭和41年に開業したようですが、現代ならエスカレーター設置で十分な距離。
100mに満たない営業距離だし下りなので並行するハイキングコースで十分。
歩いても3分程度で下の駅まで下りてしまいました
画像

本当はこの先「須磨アルプス」を経て地下鉄妙法寺駅まで歩くつもりだったが
今回お供した連れが、塩屋駅からの坂道を5分も登らないうちに「ブーブー」と
言いだして、「もう無理」とロープウェイの切符を買ってしまった
台風が接近している影響で湿度があり、登山超初心者には少し暑かったかも。

ロープウェイなんか乗らなくても30分弱で麓の駅まで歩いて下りれるけど…
画像
須磨浦のロープウェイなんて30年ぶりぐらいだなー
画像
ちなみに片道350円。
山陽電鉄の経営なので、ロープウェイ+カーレーター+リフト往復と展望台が
セットになった株主優待券が、金券ショップで700円程度で売っているらしい。

ロープウェイの駅は山陽電鉄須磨浦公園駅と一体化しています↓
画像
 JR神戸線の車内からも見える、お馴染みの建物ですね


かつてサンテレビで流れていた須磨浦山上遊園のCM↓

噴水のまわりで踊り子が舞う「ドレミファ噴水パレス」
今は跡地がバーベキュー広場になっています。



須磨海苔 味付2帖箱 磯の香
神戸市漁業協同組合楽天市場店
商品詳細内容量全形20枚(1袋10枚入×2袋)原材料乾のり(兵庫県)、砂糖、醤油、みりん、食塩、風味


楽天市場 by 須磨海苔 味付2帖箱 磯の香 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。下の山陽本線は通るものの、地元の方のみ知る乗り物や施設に驚きました。この区間を上から見ると、由比〜興津や親不知に似ているのですね!
見方で路線のイメージも変わるのが面白かったです。
門ハイ
2014/10/20 00:22
門ハイ様こんばんは。
須磨駅付近を俯瞰する構図は時々雑誌等で見られますが建物がごちゃごちゃしています。このアングルは今回初めて気づきました。メタボ解消(笑)に、時々登ってみようと思います。
鉄仮麺ライダー
2014/10/20 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
須磨浦ハイキング 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる