鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 撮り鉄ツーリング

<<   作成日時 : 2015/05/27 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月27日(水)

今月初め、約1年8か月ぶりに乗ったバイクですが、その時は特に鉄道には
興味ない職場の先輩とのツーリングだった為、ほぼ走っているだけでしたが
今日は一人で気ままにツーリングへ 私にとってバイクは走る為のものではなく、ただ小回りがきいてとめる場所に困らない移動手段。

まずは近々引退する事が決まっている、国鉄型特急「こうのとり」を撮るため
国道175号を北上して福知山線の川代渓谷にやってきました。

国鉄車両381系で運転される「こうのとり12号」↓
画像
この渓谷を右側の県道の法面によじ登り俯瞰する構図がよく紹介されており
今回チャレンジしたかったのですが、ちょうど法面工事の真っ最中で、そんな
時によじ登ると工事関係者に白い目で見られるので断念しました。

続いてやってくる14号は京都府から峠を越えて下ってくるところを大俯瞰する
丹波市市島町の「高谷山」山頂の展望台から↓
画像
麓から車でも登れるお手軽俯瞰ポイントですが、車だと対向車が来たら
どないすんねんという狭路なのであまり登りたくない。今日、バイクにしたのは
ココに登りたかったからというのもあります。バイクだとラクラク登頂

今日は5月にしては記録的な暑さとの事で空気も澄んでおらず、被写体が遠い
ので苦労して遠くまで来た割にイマイチな写真に。
実は一昨年の秋にも一度車で訪れて撮影しているけど、この時も秋の割には
空気が霞んでイマイチだったのでブログにはしなかったのだ↓
画像
今回よりかえってこの時の写真の方がマシかも知れません。
被写体まで4キロほどあり、よほど空気が澄んでいる日しかオススメできない。


無料高速の「北近畿豊岡自動車道」を走り、朝来市へ移動しました

播但線青倉〜竹田間の天空の城「竹田城」を絡めて撮れるポイント↓
画像
竹田城が有名になって以降、「18きっぷ」のポスター写真で使われた場所。
画像
但馬地方に親せきが多いので土地勘がある私は、このポスターの写真を見て
「あー、あそこの跨線橋から撮ってるな」と、すぐわかりました

生野峠を越えて下る特急「はまかぜ」を撮影↓
画像
この場所は181系はまかぜ引退前に撮影者で賑わっていた場所。
私は灰色に塗られた趣味の悪い181系は撮る気になれず素通りしてました。

やはりディーゼル特急といえばこの色ですよね〜
画像
小学生時代にこの辺りで撮った、181系どころか82系の「はまかぜ」です。

バイクの写真が一枚もないのも何なので、バイクで来た証拠に…
画像

寺前から南は電化区間。
麦秋の新野〜寺前間を走る103系「銀の馬車道」ラッピング電車↓
画像
「銀の馬車道」とは、かつて生野銀山から姫路の港まで鉱石を馬車で運んで
いた道の事で、沿線自治体が観光資源にしようと力を入れています。
ちなみに「銀馬車」と検索すると神戸の怪しいお店がヒットします

小学生時代に撮った、寺前駅に停車中の新製まもない50系客車↓
画像
この当時は寺前以南の普通列車のほとんどが客車列車でしたね〜
現役の103系電車より、とっくに引退した50系客車の方が新しいのでは?

前から気になっていた、神社バックのポイントで北条鉄道↓
画像

ラストは、今まで案外撮影した事のない神戸電鉄を加古川橋梁で↓
画像
年々新型に置き換わっている旧型車が来てくれたら良かったのだが、そううまく
いかず比較的新しい電車でした。
本数も少なく、太陽も沈んできて限界なので帰宅しました

今日の走行距離はちょうど300`ほど。一人ですが予想外に結構走りました
バイクは狭い道も、とめる場所も気にならず撮り鉄にはもってこいですね。
バイクはリッター30`以上走るのでこれだけ走っても一日1,300円程度でした

【メール便可能】もちむぎ麺(半生)2人前180gモチモチの歯ごたえめんつゆでツルっとお召し上がりください
おいしい醤油・味噌【足立醸造】
※注意事項※・メール便の場合は代引き不可・日時指定は出来ません。・ポスト投函になります。他の商品と同


楽天市場 by 【メール便可能】もちむぎ麺(半生)2人前180gモチモチの歯ごたえめんつゆでツルっとお召し上がりください の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
撮り鉄ツーリング 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる