鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東海北陸くるま旅 A 〈木曽路編〉

<<   作成日時 : 2015/05/21 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月21日(木)

伊那市で美味しいローメンを食べた後は、権兵衛トンネルを抜け旧中山道の
木曽奈良井宿にやってきました
若い頃つづら折りの険しい峠道をオフロードバイクで越えた権兵衛峠ですが
今は延長5キロ近いトンネルが出来ており、あっという間でした。
国道沿いに道の駅があり駐車無料なのだが2013年秋に訪れた際は土曜日
だったので宿場町見学の車で満車。仕方なく1回500円の観光協会駐車場に
とめたのだが、今日は平日とあってガラ空き。余裕で無料駐車できました

国道からこの橋を渡ると宿場町に入ります↓
画像

橋を渡った所に、森林鉄道の車両が放置されておりました↓
画像
かつて木曽路は森林鉄道王国でしたからね〜

前回土曜日に訪れた時の混雑がウソのように今日は閑散としています。
人がいないタイミングが多いので思う存分撮影が楽しめました
画像
画像
郵便ポストと「たばこ」の看板。赤はいいアクセントになりますね。
画像
画像

宿場町を南端まで歩くと、中山道は峠道となります↓
画像
昔はこれが東西の大動脈だったんですね〜

峠道を少し登ると、宿場町とJR中央本線を望む高台に出ます。
列車撮影のお立ち台があるとは聞いていたけど、もっと登るのかと思いきや
宿場町から5分程度で登れてしまい楽勝でした。

中央西線では、数少ない貨物列車の撮影が人気のようですが貨物列車が
やってくる時間に合わせて来たわけでもないので特急しなのを撮影↓
画像
名古屋を通り越して、一日一本はるばる大阪まで走る、16号です。
一度、長野〜京都間を乗ったけど、名古屋より先はガラガラでした。

「お立ち台」は足場の悪い崖で、すぐ横には熊を捕獲するワナが↓
画像
私以外誰もいない森の中で、少し恐怖を感じる撮影でした

ちなみに、宿場町内の踏切から過去に撮影した、懐かしの165系↓
画像


奈良井から木曽谷を下ると、長野方向への貨物列車と2度すれ違いました。
南木曽駅を過ぎると中山道の宿場町で最もメジャーな妻籠宿と馬篭宿があり
妻籠宿の駐車場は有料なのでその先、駐車無料の馬篭宿へ↓
画像
しかし到着が17時半とあって店は全て閉店しており観光客は誰もいない
画像
坂道の両側に立ち並ぶ宿場町が特徴の馬篭宿。

馬篭宿から望む、日本百名山の恵那山↓
画像

当初、上松町の赤沢森林鉄道にも寄る予定だったけど、とても無理。
今夜の宿「かんぽの宿 恵那」に向かいました
最近は短い休みしか取れないので、そのぶん宿は少し贅沢に
…といっても所詮、昨年会員になった、公共の「かんぽの宿」ですが…

高台から恵那峡を一望できる開放的な部屋↓
画像

天然温泉だそうですが沸かし湯でスベスベ感もなく水道水と変わらない。
でも昨年から4か所泊まった「かんぽの宿」の中で一番立派な浴室↓
画像
画像
(浴室の写真はホームページから拝借)

食事も少し贅沢なプランにしてみました↓
画像

画像
画像
食事も4か所の中で一番良かったです (写真は夕食の一部)

昨晩は車中泊であまり寝ていないので爆睡です


かんぽの宿恵那
楽天トラベル
景勝地「恵那峡」を全室より眼下に一望できる高台にあり、バリアフリー対応のやさしく安心の宿。


楽天市場 by かんぽの宿恵那 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東海北陸くるま旅 A 〈木曽路編〉 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる