鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東海北陸くるま旅 C 〈飛騨白川郷〜砺波宿泊編〉

<<   作成日時 : 2015/05/22 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 2

5月22日(金)

世界文化遺産、「白川郷合掌集落」にやってきました。
世界遺産登録以前の1992年に初めて路線バスで訪れて、その後1996年には
125cc、そして1999年には250ccのバイクで訪れている記録があるので今回で
少なくとも4回目、16年ぶりの訪問です。
その頃は東海北陸自動車道なんかないので、どの方向こから訪れるにしても
カーブの続く狭い道路しかなかったのたが、今回は時間の関係で高山市から
高速道路を使いました 全線の9割がトンネルではないかと思う何とも味気
ないアクセスでかつての秘境、白川郷に到着しました。
1回500円の観光駐車場に車をとめると、ある程度予想はしていたけど平日と
いうのに中国系外国人でわんさか観光客の7割以上が中国人のような…

それはさておき、午前中はパッとしない天気でしたが快晴となりました
中国人の群衆が写りこまないよう、写真を撮りまくりましたのでどうぞ〜
画像
画像
画像
画像
画像

集落内にある合掌造りのお寺を300円で内部見学↓
画像

集落を眼下に望む、定番の展望台へ↓
画像
展望台の柵にはハングル文字の落書きが彫られていました
特殊な文字だけに韓国人の仕業なのがバレバレ。昔、対馬に行った時は
観光地がハングル文字の落書きだらけでした。民度の低い国民だな

92年訪問時、集落内を走っていた今はなきJR(国鉄)バス名金線↓
画像
この時、ここから長良川鉄道北濃駅まで乗車しています。
もちろん当時高速道路なんかなく、つづら折りの国道を延々と走ります。
かつては一般道だけで名古屋と金沢を結んでいた長大路線なのです。
国鉄バスの運転手が、太平洋と日本海を結ぶ沿道沿いに桜並木を植えて
いた話が有名でしたがそれも昔話。今は高速バスが結んでいます。

この頃の白川郷はホント静かで良かったのだが、今や湯布院か軽井沢か
という混雑ぶりでウンザリ。平日でこれなのですから週末や連休は…
高速道路で簡単に来れるようになって「秘境」ではなくなり、もうダメですね。


富山県に入りました。「五箇山・菅沼合掌集落」↓
画像
ここも世界遺産ですが、白川郷に比べると知名度が低くひっそり。
こちらの方が本来の生活感を感じられると思います。
画像
見学は有料駐車場にとめる事になっていますが、国道が絶好の展望台で
「危険、駐停車禁止」と大きな看板があるけど、長距離トラックまで路駐して
景色に見とれて撮影しておりました。

この先、五箇山地区の合掌集落では一番規模の大きい「相倉集落」があり
通り道なので少し見るつもりで寄りましたが、駐車料金徴収員が走ってきて
「500円」と言うので、少し見るだけで500円は勿体ないなと明日回しに…

その先、峠を越えて砺波平野を見渡せる展望台から↓
画像
本当は砺波平野が一望の「夢の平展望台」に寄りたかったのだが、時間的に
遅いので、今夜の宿「アパホテル砺波駅前」に急ぎました

JR城端線砺波駅直結の「トレインビュー」ホテル。
ちょうど「ハットリ君列車」が入ってきたので部屋からパチリ
画像
画像
本当はポイントがたまっていて無料宿泊できる富山か金沢の「東横イン」に
泊まりたいところだったが、ビジネスホテルは駐車場に限りがあり満車だと
富山や金沢市内の一般コインパーキングは高額で馬鹿らしい。しかし砺波
だとホテルの駐車場は無料で、満車でも市営駐車場が一日300円と激安
なので辺鄙な場所ですがローカル線の駅前に泊まる事になりました。

無事ホテルの無料駐車場を確保出来たので、これ以上車を動かすと駐車
スペースを取られてしまうし、歩いて近くのスーパーに買い出しに…

スーパーで買ってきた北陸らしいグルメで夕食としました↓
画像
白川郷の濁り酒に酔いしれて究極に狭い部屋で眠りにつきました
狭い部屋もニンニン忍耐でござる。




アパホテル<砺波駅前>
楽天トラベル
【JR砺波駅すぐ横!】39型液晶TV完備!Wi-Fi・有線LAN接続無料!コンビニ徒歩1分!!


楽天市場 by アパホテル<砺波駅前> の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





駅弁ランキングの横綱!富山名物ますの寿し!厚さが違う!旨さが違う!市販のものとは別物!匠のます寿し(二重)
iShop@alpha
※時間指定がある場合はコメント欄にご記入ください。※なま物の為、必ず受け取れる日時をご指定ください。


楽天市場 by 駅弁ランキングの横綱!富山名物ますの寿し!厚さが違う!旨さが違う!市販のものとは別物!匠のます寿し(二重) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
今回も目から鱗でした(笑)。鱗1は、白川郷です。観光用の定番アングルしか知らなかったので、日常目線の貴画像が新鮮で、食傷気味の白川郷のイメージが変わりました。鱗2は、富山県にも似た集落があるのと、直通できることでした。山に阻まれて白川郷でどん詰まりと思い込んでいました(汗)。鱗3は、白川郷〜城端線のつながりです。思わず地図で確認しました。
貴ブログの旅を拝読して、毎度の事ながら、九州の西端でくすぶっていないで、出かけようと思います。
門ハイ
2015/07/07 19:15
門ハイ様こんばんは。
鉄道以外の記事も読んで下さりありがとうございます。
東海北陸道が出来る以前は岐阜県側はJRバス、富山県側は高岡から加越能鉄道バスが絶景の一般道を白川郷まで走っていて私も初めて訪れた時はこの手段を使いました。
今はトンネルばかりの高速バスで味気ないですね。白川郷は岐阜県ですが北陸側から訪れた方が近いので北陸新幹線絡みで余計賑わっているのでは?と思います。
鉄仮麺ライター
2015/07/07 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
東海北陸くるま旅 C 〈飛騨白川郷〜砺波宿泊編〉 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる