鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS ふるさと旅行券の旅 B 青春18きっぷ 岩徳線経由で下関まで編

<<   作成日時 : 2015/08/20 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

8月20日(木) 時々

宿泊した広島の「コンフォートホテル」の部屋はトレインビューでした
様々な路面電車がやってきます。

こちらは、もと京都市電↓
画像

こちらは、もと大阪市電↓
画像

そしてこちらは、もと神戸市電↓
画像
京・阪・神の3都市で活躍した電車が短時間で捕獲できました
神戸市電の車両は現在1両残るのみだそうで遭遇できたのは奇跡的です。

上の3台は、色や形から見ただけでどこの電車かスグわかりますが…
↓の車両は、元どこの電車かな?と調べてみると…
画像
原爆投下時に被爆した「被爆電車」だそうで歴史的な電車でした

次々貴重な電車がやってくるので飽きないけどキリがない。
今日は大分県別府まで行かなくてはなりません。
後ろ髪をひかれながらチェックアウトし、路面電車でJR広島駅へ…
ちなみに、今までのレトロ電車とは対照的に今年製造の最新型でした。

通勤ラッシュが終わる頃の8時20分発、岩国行きに乗車↓
画像
このあたりにしては長いと思われる8両編成で、乗車時は混雑していた車内も
宮島口までにはガラ空きに。やはり宮島に向かう欧米人旅行者が多かった。

9時13分、終点の岩国駅に到着↓
画像
天気が良ければ海辺を走る山陽本線経由が景色が良いのだが、天気が悪く
鉛色の海を見ても仕方ないので、徳山までは久々岩徳線で向かう事に。
岩徳線は一時山陽本線だったそうだが長いトンネルの峠がありSLにはネックになっていた事から、今の海岸ルートが山陽本線に落ち着いたそうです。岩国〜徳山間は岩徳線経由の方が約20`も短くて山陽本線経由でも運賃は岩徳線経由の距離で計算されます。

9時43分発の徳山行き「タラコ」に乗車↓
画像
岩徳線は20年ほど前に一度乗った事があり当時は1時間に1本だったのに
今は2時間に1本程度にまで減便されていました。

山陽本線時代の古い駅舎が残る西岩国駅↓
画像

たった1両なのに、各駅のホームがやたら長いのは昔山陽本線だった名残。
画像
山陽本線は瀬戸内海が綺麗けどこちらは山間部の単調な風景で飽きます。

徳山が近づくにつれ混んできて10時57分、終点の徳山に到着↓
画像

徳山から大分県国東半島へはフェリーが出ており、このフェリーにバスごと
積んで移動することで有名な高速バスが広島〜別府間にあるので、運賃は
18きっぷ移動よりかなり高いけど乗りたかったのだが雨なのでやめました。
明石海峡大橋が出来る前、東京〜徳島間の夜行バスも神戸〜淡路島間は
フェリーに積んでいましたね。

11時16分発の下関行きに乗り換え↓
画像

瀬戸内海の風光明媚な車窓も雨天で台無し…
画像

途中土砂降りの区間もあり、13時09分に本州最西端の下関に到着↓
画像
関門人道トンネルを歩いて門司港のトロッコ列車に乗るという考えもあったが
この天気ではトロッコ列車なんぞ乗る気にはなれず
そのままJRで関門トンネルをくぐり九州入りする事にしました。

                                   Cへ続く…



ふくやのたらこ
味の明太子ふくや
■内容量 無着色120g ※価格と内容量が変更となりました。 ■賞味期限 冷蔵7日 ■主原料/原産地


楽天市場 by ふくやのたらこ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふるさと旅行券の旅 B 青春18きっぷ 岩徳線経由で下関まで編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる