鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS JR四国 バースデイきっぷの旅 2015 I 「南風」&「剣山」で帰宅編

<<   作成日時 : 2015/10/06 23:50   >>

トラックバック 0 / コメント 2

10月6日(火)

高知市内でのんびりほぼ丸一日滞在して、そろそろ神戸に帰宅します。

15時13分発の岡山行き「南風20号」に乗車↓
画像
3年前の「バースデイきっぷ」の旅の時と同じ乗り換えパターンで帰宅です。

今回の旅、最後のグリーン車
画像
6列18席のグリーン席に今回そこそこの乗車率で、後ろの席にも老夫婦が…
気兼ねなく席を倒せず、なんか損した気分

鈍行列車ならのんびり眺められる風光明媚な路線ですが…
画像
大歩危小歩危などの絶景の渓谷沿いもぶっ飛ばします
画像

2年前のバイク旅行で撮影した、大歩危峡をゆく「南風」↓
画像

16時19分、阿波池田駅に到着↓
画像
このまま瀬戸大橋〜新幹線経由で帰るのが最速コースですが、旅費を出来る限り安く上げる為にも徳島から高速バスで帰ります。

16時37分発の徳島行き「剣山10号」に乗り換え↓
画像
たった2両編成でグリーン車はなく指定席も4列16席(だったはず)のみ。
沿線に大きな町のない徳島線。7往復も特急が走るのは過剰と思うけど…

「バースデイきっぷ」なので指定券を発行してもらっていたけど、どうせガラ空きなのはわかっていた。
画像
結局、指定席には全区間誰もいませんでした。

指定席に座るより自由席で座席を回転させて寛ぎます↓
画像

車窓に吉野川を見ながら…
画像

高知駅で買っていた駅弁をいただきます↓
画像
刺身の入った駅弁なんて初めてかも
昼ご飯時を過ぎ、生ものだからか少し割引販売されていました。
画像
さすが本場の鰹は違う!…とは特に思いませんでした。

17時46分、終着駅の徳島に到着↓
画像
こんな時間に田舎町から県庁所在地に特急で向かう需要なんかなく、終始空気輸送でした。

高速バスは徳島駅前が始発ですが、本州〜四国間の高速バスは橋の通行料金が高いからなのか距離の割に高いので出来る限り節約するため行き同様、鳴門〜舞子間の最短区間のみの乗車です。

18時06分発の鳴門行き普通列車に乗車↓
画像
ラストランナーは国鉄型気動車の鈍行でした

昔ながらの直角シートに揺られ、18時45分に終着駅の鳴門到着↓
画像
画像
鳴門駅から高速鳴門バス停へは1`ほど離れておりますが、バスは19時55分発なので余裕です。途中にあるスーパー「マルナカ」で夜食を買ったり時間をつぶしてからバス停へ…

鳴門から僅か50分で高速舞子バス停に到着。自宅に戻りました
鳴門の「マルナカ」で買っていた、すだち酎と鯖寿司で晩酌を…
画像


10,280円で3日間特急グリーン車乗り放題の、JR四国「バースデイきっぷ」
画像
今回の旅で普通に切符を買って旅した場合…
なんと、39,080円にもなります

今回、交付を受けたグリーン券・指定券を全て並べてみました↓
画像

四国バースデイきっぷの旅2015シリーズ 終わり。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
今回も楽しませてもらいました。九州から見ると、四国は岡山→本四架橋に目が移ります。大分〜愛媛の海上ルートも思うのですが、大分までのルートや乗船時間に気が萎えます。鳴門大橋経由の関西は、イイなと思いつつ、時刻表で確認旅行してみました〜♪
門ハイ
2015/11/20 19:29
門ハイ様こんばんは。
大鳴門橋が鉄道を通す前提で設計されたのに明石海峡大橋が道路橋になってしまい残念です。高速バスは高いので鉄道が通っていたらもっと四国が身近だったんですが…
鉄仮麺ライター
2015/11/20 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
JR四国 バースデイきっぷの旅 2015 I 「南風」&「剣山」で帰宅編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる