鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾に行きたいワン 2016 L 帰国編

<<   作成日時 : 2016/01/28 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1月28日(木) 時々

13時にホテルへHISの迎えが来るので、龍山寺と中正紀念堂を見ただけで時間がなくなりあとは昼食をとってホテルに帰るだけ。

とりあえず台北駅にやってきました↓
画像

昨年食べておいしかった「麺線」が駅のフードコートでも食べられるとわかり、駅弁とともにいただきました。
画像

鰹ダシのきいたトロトロのスープに極細麺と豚か牛の大腸が入ります↓
画像
ナンプラーが入ってそうなクセのあるスープにパクチー。
苦手な人も多そうですが、私は昨年ハマってしまいました
駅弁も麺線も200円程度なので合わせて400円程度です。

食べ足りないので初台湾の時から駅ナカで気になっていたこちらへ…
画像
字体からも「丸亀製麺」のパクリと思われます。
湯布院にある店の支店のような書き方ですが、実際は湯布院にこんな店はないようで、台湾人にとって「湯布院」が憧れの地なので名付けたのだろう。

麺は冷凍うどんでダシは讃岐のダシとは全く違い、甘い濃縮つゆっぽい。
画像
ワカメしか入っていないが130元(約480円)とお高めでした。
日本の有名ラーメン店もありましたが全般的に日本食の店は割高です。

4日間使いまくった鉄道系ICカード「悠遊カード」。残額が残っているけど、次回台湾にいつ来れるかわからないし駅の案内所で僅かな手数料を差し引いてほぼ全額戻ってくるとのネットの情報で、駅で聞くと「悠遊カードの案内センターじゃないと払い戻せない」との事。時間がないのに〜と思いつつ案内センターを探し回って到着すると長蛇の列で番号カードを取らされる状況。そして私の番が回ってきたのですが…
画像
手数料を差し引いて戻ってくるはずの、購入時支払ったデポジット金額100元(約370円)が戻って来ず残額だけが戻されました。おかしいと思いつつ、中国語はわからないし集合時間は迫っているしどうしようもない。係員がわかっていないのか、外国人だから誤魔化されたのか…
地下鉄が2割引で国鉄が1割引でしたが、これでは現金払いの方が得だったかも。しかし小銭がないと釣銭もくれないらしい路線バス利用時にカードは不可欠。まぁ便利代と思わないと仕方ないか…

結局、集合時間に10分ほど遅刻してホテルに到着
HISの方、他のツアーの方々スミマセン

行き同様、用もない免税店経由で桃園空港に到着しました↓
画像
旧正月前なので飾り付けがされています。

関空到着が遅くなるので、中途半端ですがまた食料補給。
空港内なのでかなり高いですが仕方ありません…
画像
画像
空港内だし期待していなかったけど、極太麺で美味しかったです。


17時25分発のチャイナエアラインで帰ります
雨だしガラスが反射してサッパリで、飛行機の写真はありません。
行きは窓側席だったけど帰りは中ほど4列席のそれも内側。
まぁ夜間飛行なのでいいのですが、じっと耐えなければなりません

機内食は行きとともに大変美味なチャイナエアラインでした
画像

20時50分に関空に無事帰国。22時発の高速船で神戸に戻ります↓
画像
行きは大寒波による荒天でゲロ船でしたが今日は穏やか。
22時半に神戸空港到着。とめていたマイカーで23時過ぎ帰宅しました 


今回の各方面へのお土産はこちら↓
画像

昨年まであちこちで売られていた「グリコポッキー」のパクリらしき「城市一族」はほとんど姿を消しており、代わりに「雪の宿」のパクリ、「雪の屋」が各地に出回っていました
画像
なんで日本語表記なのかは知りませんが、日本でローマ字表記が多用されているのと同じで、台湾人にとって日本語がファッションなのでしょう。
買いたかったけど、かさばるので諦めましたが…

「雪の屋」とともに出回っていた「雪の月」↓
画像
アジアはなんでもアリですね

「台湾に行きたいワン 2016」終わり。


三幸製菓 雪の宿サラダ 24枚×12袋
アローズ楽天市場店
【商品説明】原材料・成分うるち米、砂糖、植物油脂、でん粉、食塩、脱脂粉乳、ゼラチン、乳果オリゴ糖、乳


楽天市場 by 三幸製菓 雪の宿サラダ 24枚×12袋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
台湾紀行、堪能させてもらいました。普通目線?!でみる台湾は身近に感じられて、そして気軽な感じが面白かったです。韓国よりも訪れやすい感じがしましたが、何とかしたいです。
門ハイ
2016/03/30 19:55
門ハイ様こんばんは。
九州からだと出国手続きが容易な高速船で行ける韓国の方が行きやすいとは思いますが、鉄道趣味的には台湾の方が魅力が多いです。両国とも客車列車がなくならないうちにどうぞ!
鉄仮麺ライター
2016/03/30 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾に行きたいワン 2016 L 帰国編 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる