鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道3日間 レンタカーの旅 B 〈十勝 上士幌編〉

<<   作成日時 : 2016/05/10 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月10日(火)

然別湖畔の「ホテル福原」にて宿泊し、朝食をいただきます↓
画像
煮物、玉子焼き、マカロニサラダ…と、どれも業務用のパックから出しただけといった感じで手作り感が感じられず。スーパーマーケット「フクハラ」の系列ホテルとあってスーパーの総菜コーナー用と共通?

然別湖に宿泊したのは、この周辺に生息する「ナキウサギ」を撮影する為。
もう20年以上前から何度も撮影に訪れていますが必ず出会えるというものでもなく、なかなかいい写真は撮れません。
今回は季節を甘く見ていて、撮影場所まで予想外の雪山登山に
撮影ポイントに到着するまでにも鳴き声は聞こえ、撮影ポイントでは姿も何度か確認できましたが、現れてもすぐ岩場に隠れてしまい1時間ほど粘ったけど今回は一枚も撮れず

なので、過去に撮影した写真でご容赦ください↓
画像
画像
ネズミに見えますがウサギの仲間です。

撮影を切り上げ、「ナイタイ高原牧場」へ…
画像
十勝平野の爽快な道が続きますが曇り空で残念

若かりし頃バイクで何度も訪れている「ナイタイ高原牧場」↓
画像
数年前の暴風によりレストハウスが倒壊したそうで、仮設の売店だけがポツンと営業しておりました。

上士幌からは三国峠超えで旭川方面に向かいます

国道273号線沿いには、国鉄士幌線廃線跡の遺構がたくさん。
コンクリートのアーチ橋が数多く残っています↓
画像

糠平駅の跡地です↓
画像
画像
廃線後線路は撤去されていましたが、足こぎ観光トロッコ用に再び線路を敷いています。乗りたかったけど、この時期週末のみの営業だそうです。

ダム湖の糠平湖に水の少ない季節だけ姿を現す「タウシュベツ川橋梁」↓
画像
雪解け水で水量が増すと湖底に沈むので幻の橋と言われています。
士幌線廃線跡のアーチ橋で一番有名かと思います。

今回は湖の反対の国道側にできた展望台からの撮影ですが…
こちらは以前、林道をオフロードバイクで走って反対側から写したもの↓
画像
このとき自由に走れた林道は現在営林署の許可証が必要だそうです。

士幌線の終点、十勝三股のひとつ手前の幌加駅跡↓
画像
こちらは廃線当時そのままの線路が残っています。周辺は鹿のふんだらけ。

駅名票は最近つけられたものですね↓
画像

林業最盛期は千人ほどの人が暮らしていたという終着駅十勝三股↓
画像
駅に関連する建物と思われますが「倒壊の危険」と書かれていました。
画像
今は広大な鹿の運動場と化しており、一軒の喫茶店以外人家もありません。

そして北海道の国道最高地点(1,139m)の三国峠です↓
画像
山肌は、まだ深く雪に覆われていました。
画像
峠のトンネルを抜けると層雲峡のある上川町に入ります。

                                  Cへ続く…




鹿のふんふんふんチョコだんご奈良名物・おみやげお取り寄せ
奈良ええもんストア
&nbsp; &nbsp; &nbsp; ※ただし、同じ製造者の商品の複数注


楽天市場 by 鹿のふんふんふんチョコだんご奈良名物・おみやげお取り寄せ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道3日間 レンタカーの旅 B 〈十勝 上士幌編〉 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる