鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 灼熱の九州ツアー A <名門大洋フェリー編>

<<   作成日時 : 2016/07/21 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7月20日(水)

大阪南港17時発の「名門大洋フェリー」で北九州へ向かいます↓
画像
北九州へのフェリーは地元神戸からの「阪九フェリー」もありますが、「名門」の方が一日2便あるのでスケジュールに合わせて利用しやすく、そしてこちらの方が運賃が安いので大阪までの移動費を考慮しても割安になります。(阪九フェリーは2便のうち1便は自宅から遠い泉大津発着なので論外)
昨年新造船が就航しましたが、利用客の多い20時頃出航する2便目に新船を充当する伝統のようで、昨年まで2便目で使われていた船が玉突きで現在1便目に使われています。

ネット予約で各等級とも通常より2割引ですが旧船の1便目は3割引のキャンペーン中で、雑魚寝と620円しか変わらない4,940円の「2等洋室」で↓
画像
前回2年前の乗船時は7,080円でしたのでかなり値下げされています。
頭上にある木の板は、元々「特2等洋室」にあったテレビを封鎖したもので、この先長く使わないであろう船のテレビを今さら地デジに入れ替えるのも勿体ないからなのか、テレビがあるだけで1,200円も高かった「特2等洋室」は廃止したようです。

夜行バスと違い、汗だくになった体を綺麗に洗い流せるのも船旅の魅力
画像

出航から1時間ほどすると明石海峡を通過します↓
画像
この時期、1便目ならこのあたりで綺麗な夕焼けが見られます。
画像

橋のたもとにはJR舞子駅があります↓
画像

何度か利用した、高松から神戸に向かうフェリー↓
画像
右側は淡路島です。

船内のレストランは2時間制のバイキングで1,550円ですが、果たして元を取れるほど食べられるのか?というのと、どうせ冷凍やレトルト食品のオンパレードだろうという予測から、乗船前にデパ地下で弁当を買っておりました。

480円の焼き鳥弁当ですが、小さいので×2+カップラーメンで
画像

明石海峡を超えると夕日が播磨灘に沈んでゆきました
画像
21時半頃に瀬戸大橋、0時頃に来島海峡大橋の下をくぐりますが、明朝の到着が5時半と早いのでさっさと眠りにつきました

7月21日(木)

まだ夜も明けきらない4時半に船内放送で起こされます
画像

1便目に限り、なんと朝食が無料!というキャンペーン中です↓
画像
パン・ゆで卵・サラダ・オレンジジュース・ホットコーヒーだけでしたが、嬉しいサービスですね こんな時間に朝食を食べても昼まで腹が持ちませんが…

定刻の5時半に新門司港に到着↓
画像
無料送迎バスでJR門司駅に向かいます。

                                   Bへ続く…



【国産】名門ブリーダーの理想的なオヤツ お魚ジャーキー★ にぼし
ネイティブドッグ
商品名 NativeDog 国産 お魚ジャーキー にぼし 内容量 各150g 原材料 いわし 原産国


楽天市場 by 【国産】名門ブリーダーの理想的なオヤツ お魚ジャーキー★ にぼし の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
灼熱の九州ツアー A <名門大洋フェリー編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる