鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 灼熱の九州ツアー D <田園シンフォニー&寝台特急はやぶさ宿泊編>

<<   作成日時 : 2016/07/21 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

7月21日(木)

人吉からは第三セクターの「くまがわ鉄道」に乗車します。
18時34分発の湯前行き↓
画像
JRではないので、もちろん「青春18きっぷ」は使えません。
以前利用したことがある、九州内のJRと私鉄が全て乗れて3日間10,800円の「九州満喫きっぷ」というのがあり、今回どちらにしようか迷ったのだが、トータルで考えると私鉄は別払いにした方が僅かに安い計算になるので18きっぷの旅にしました。それに「九州満喫きっぷ」だと九州内しか乗れないので今朝の山口県内は別払いですね。

週末を中心に一日一往復「田園シンフォニー」という観光列車があるとの事で、それ以外は一般的な質素な車両だろうと思いきや、その他の列車も観光案内や途中駅でのイベントがないというだけで車両自体はどれも「田園シンフォニー」仕様のようでした↓
画像

JR九州などでおなじみ、水戸岡さんデザインの車内↓
画像

始発駅の段階では比較的空いていましたが…
画像
次の駅が高校最寄駅なのか、部活帰りの高校生がたくさん乗車。

宿に着くまで我慢できず、学生だらけの車内で缶ビールをプハーっと
画像

黄昏時の球磨地方をゆく…
画像

19時11分、多良木駅に到着↓
画像

駅前にある、過去に鉄道利用とバイク旅行の2度利用した事がある、ブルートレインの廃車体を再利用した宿泊施設に3度目の宿泊です
画像

寝床は開放式B寝台と一人用個室「ソロ」の2タイプあります。
料金は共に一泊3,080円ですが、あえて旅情を誘う開放式で寝る事に。
※3,080円には、道向かいにある町営温泉の入浴券も含まれています
画像
一人用個室よりも開放式の方が、よほどの混雑でない限り向かいのベッドも上段も独り占めで広々利用できるというメリットもあります。

人吉市内のスーパーで買ってきた弁当等で旅情溢れる夕食を↓
画像
撮影する為に広げましたが、寝台内は汚損防止の為、食事は厳禁。

ベッドが撤去されテーブルが置かれた2号車(談話室)で食べる決まりです。
画像
夕方で弁当は半額の190円。日奈久ちくわ3本も半額の71円でした
弁当は焼きビーフンと熊本名物の高菜飯でしたが、なかなか美味。
辛子蓮根は定価でしたので258円ですが、全部で税込560円か。
酒代は別ですが、安い夕食やなぁ…


夜の帳がおりると、夜行列車らしくなります↓
画像
画像
画像
画像

そろそろ寝室に戻り、眠る事にします。
画像

現役当時のJRの刻印のある毛布がそのまま使われています。
シーツはちゃんと洗濯されていますよ↓
画像
現役当時のように揺れないのはいいのですが、やはり寝返りが出来ない狭いベッドは窮屈ですねぇ…

                                   Eへ続く…


ベートーヴェン:交響曲 第4番、第5番≪運命≫、第6番≪田園≫ [ ヘルベルト・フォン・カラヤン ]
楽天ブックス
ヘルベルト・フォン・カラヤン ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団発売日:2014年06月25日 予約


楽天市場 by ベートーヴェン:交響曲 第4番、第5番≪運命≫、第6番≪田園≫ [ ヘルベルト・フォン・カラヤン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
水戸岡さんデザインの列車は、いずれも単なる移動手段ではなく「乗ること」を目的にできるものが多いですね。このような列車に乗ると、ビールも一層おいしくなります。私も以前、同じ水戸岡さんデザインの「つばめ(在来線)」のビュッフェで流れゆく車窓を眺めながら缶ビールを飲んだことがありますが、ビールが一層おいしかったです。

ブルートレインの車両がこんなところで宿泊施設として再利用されているとは知りませんでした。「はやぶさ」は小郡(現新山口)から熱海まで乗車したことがあるので、思い出の列車です。人吉周辺を訪れる機会があったら、一度利用してみたいです。
カツマティ
2016/08/16 21:31
カツマティ様へ
有明海や東シナ海を眺めながらの「つばめ」は優雅でしたがトンネルばかりの新幹線になり鹿児島行きも味気なくなりましたね。
ブルートレイン車輌の宿泊施設は秋田県小坂にもできたようなので関東からならそちらの方が近いかも。
鉄仮麺ライター
2016/08/17 10:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
灼熱の九州ツアー D <田園シンフォニー&寝台特急はやぶさ宿泊編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる