鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS RAILWAYS 秋の北陸富山ツアー @ <富山地方鉄道 不二越上滝線編>

<<   作成日時 : 2016/11/10 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

11月9日(水)

木曜日から4連休が取れました。夏以降、連休が取れても台風で旅行を全てキャンセルしたり計画倒れ続きでしたが今回も色々あって本来台湾に行く予定だったのが国内一人旅に。

仕事を終えて、大阪梅田22時発の富山行き夜行バスに乗車↓
画像
富山行き夜行はJRバスもあったけど、早割で4,600円と安かった阪急バスで。
3列シートの真ん中の座席が指定されていたけど乗ってみるとガラ空きで、京都駅出発後「適当に移ってもらって結構です」と運転手さんが言うので窓側に移りました。
ひと昔前なら大阪から富山や新潟への夜行といえば「急行きたぐに」でしたが、夜行バスがガラ空きなのですから長編成の夜行列車を走らせても需要がない事がわかりますね。

11月10日(木) →時々

寝たのかよくわからないまま、6時前に富山駅前に到着↓
画像
何度も訪れていますが新幹線開通後初の富山駅は様変わりしていました。

6時から開店していた富山駅の駅そばで朝食を↓
画像
何度も食べているけど、富山は東日本のイメージですが関西風。


今日から2日間、富山地方鉄道にお世話になります。

もと京阪のダブルデッカー車が観光特急として走っていますが間合い運用で普通電車にも使われており、その運用情報がホームページで公開されています。

運用表をもとに、6時43分発の不二越上滝線に乗車↓
画像
同じ車両が多数移籍してきていますが、ダブルデッカーを組み込んだこの1編成だけが京阪時代の塗装で走っています。

ダブルデッカー車には京都の時代祭の絵柄が京阪時代のまま↓
画像

1階席は眺めが悪い見返りか、ゆったり3列シートとなっています↓
画像

2階席は1階席より少し狭い4列シートです↓
画像
ダブルデッカーの2号車は特急運用時は指定席で、指定席料金が220円必要ですが、普通電車として走る時は自由席。
富山の市街地から郊外へ通勤客と逆方向に向かうのでガラ空きで、2階席も私ともう一人だけでした。

2日間4,530円の高額フリー切符を購入↓
画像
全国トップクラスのボッタクリ私鉄なので、すぐ元が取れます。

7時05分着の月岡駅にて下車↓
画像
画像
映画「RAILWAYS」のロケで使われた駅だそうです。

散居村の向こうに立山連邦を望む駅前の風景↓
画像
これで天気が良ければ最高なのだが…

先ほど乗ってきたダブルデッカー車が岩峅寺で折り返してきます。
天気が良ければもちろん山を背景に撮りたいのだが…
画像
駅で「おけいはん」同士のすれ違い風景を。

8時03分発の岩峅寺行きに乗車↓
画像
こちらは富山地鉄オリジナル車両です。

約10分で不二越上滝線の終点、岩峅寺駅に到着↓
画像
立山線と合流する駅で、富山から立山へは不二越上滝線経由の方が近道だが立山行きの電車はなぜか全て寺田経由で遠回りしてここまでやってきます。
画像
画像
画像
この駅も「RAILWAYS」の撮影に使われましたが、富山地鉄はその他の駅も昔ながらの雰囲気の良い駅舎や駅設備が数多く残されています。

ちなみに大阪に住んでいた私のいとこ夫婦が最近この駅近くの古民家を購入して田舎暮らしを始めたそうです。もう十年以上付き合いがないので立ち寄る事はありませんが…

                                   Aへ続く…












RAILWAYS レイルウェイズ 愛を伝えられない大人たちへ /三浦友和【中古】
テックシアター
【注意】 ● レンタル落ちの中古商品になります。詳しくは商品についてのご案内ページをご覧ください。


楽天市場 by RAILWAYS レイルウェイズ 愛を伝えられない大人たちへ /三浦友和【中古】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
富山地方鉄道は様々な私鉄の車両が走っていて、まるで「走る鉄道博物館」のようですね。私も2005年7月に地鉄を利用したことがありますが、この時はオリジナル車両にしか乗車できませんでした。2014年9月に訪れたときは車だったので、地鉄には乗車せず、乗車したのは黒部峡谷鉄道だけでした。

京阪電気鉄道は関東在住の私には疎遠ですね。来月、大阪へ行きますが、大阪市内は地下鉄での移動です。
カツマティ
2016/11/19 22:58
カツマティ様へ
最近の地方私鉄はどこも自社発注で新車を製造する体力がなくて大手私鉄の中古ばかりになり個性がありませんね。オリジナル車しか乗っていないというのはある意味幸運だったかも。神戸に住んでいる私も京阪にはあまり乗る機会はないです。京都へは阪急が繋がっていますからね。
鉄仮麺ライター
2016/11/20 07:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
RAILWAYS 秋の北陸富山ツアー @ <富山地方鉄道 不二越上滝線編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる