鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾に行きたいワン 2017 A <台湾新幹線で新竹まで>

<<   作成日時 : 2017/01/25 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1月25日(水)

2泊3日の忙しない台湾旅行。明日の午前中には空港に向かわないといけないので、観光できるのは実質今日だけです

宿泊している「舞衣新宿」の客は100%日本人のようで、バイキングの朝食も日本人向けなのか台湾特有のクセのある味付けのものは出ていませんでした。
画像
最近台湾が日本近海でサンマを乱獲していて日本のサンマが不漁だとよく報道されていますが、丸ごと一尾の焼きサンマも サンマは好きですがさすがに朝から大きな焼きサンマを食べようとは思わず、私以外の客も誰も食べている様子はありませんでした。

ホテルから徒歩で台北駅に向かい窓口へ…
地元の山陽電鉄と台湾国鉄が姉妹提携を結んでおり、山陽電鉄の使用済みカード持参で台湾国鉄のフリー切符がもらえる企画をやっています↓
画像
いつも三宮に行く時に使うカードが家にたくさんたまっています。

「九分」最寄駅の「瑞芳」から「頭城」までの東海岸の僅かな区間と平渓線が乗り放題だけの、日本円にしても500円程度の切符↓
画像
今回はこちら方面には行かないので使わないけど、記念にもらってきました

姉妹提携している日本の鉄道のパンフレットが置いてありました↓
画像
今日向かう方面のフリー切符は長良川鉄道の券持参でもらえるようです。

台北から新竹まで約30分だけ新幹線にチョイ乗りします。
「30分だけやし、始発駅やから」と自由席にしましたが、いつの間にやら台北駅が始発ではなく少し東の南港駅まで延長開業しており台北駅は途中駅に。2列シートはいっぱいで3列シートにかろうじて空席がありました。
画像
改札に何度切符を通しても引っかかると思ったら、自由席の改札は別でした。

12両編成のうち、自由席は台北側の後ろ3両です↓
画像

台北から新竹は70`弱ですが、280元(約1,050円)と激安↓
画像
指定席でも290元。日本円で40円も変わらないのですが…
米原〜京都や小倉〜博多と同等距離ですが、日本の普通運賃よりも安い。

所要32分で、8時53分に新竹駅到着↓
画像
安い運賃設定だからか短距離の新竹での下車客もかなり多いです。
画像

新幹線の新竹駅は市街地のある国鉄新竹駅とは10`以上離れており、既存の非電化のローカル線「内湾線」を改良、延伸して「六家線」というアクセス路線が設けられました。

連絡デッキで結ばれた国鉄六家駅に向かいました↓
画像
ここからは昨日も地下鉄で使ったICカードが使え、運賃が1割引きになります。
画像

六家発新竹行きの區間車(普通電車)に乗車↓
画像
韓国製の通勤電車。新型車両の増備で数を減らしているようです。
画像

新幹線の線路に並行して一駅3キロで内湾線の竹中駅に到着↓
画像
この駅に隣接して新幹線駅を作れば六家線を建設する必要がなかったのに…
土地もたくさんあいているようなんですけどねぇ。
画像
台湾には日本にも存在する駅名がたくさんあって姉妹駅提携を結んでいたり色々友好を深めていますが、「竹中駅」も大分県の豊肥線に同一駅名が存在しています。ここは特に姉妹提携等ないようですが。

新竹からやってきた六家行は派手なラッピングトレインでした↓
画像


                                   Bへ続く…





【六花亭】マルセイバターサンド 20ヶ入【夏ギフト ギフト お中元、お歳暮ギフトに】
北海道 くしろキッチン 和商店
this item is only available for orders delivered t


楽天市場 by 【六花亭】マルセイバターサンド 20ヶ入【夏ギフト ギフト お中元、お歳暮ギフトに】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾に行きたいワン 2017 A <台湾新幹線で新竹まで> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる