鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾に行きたいワン 2017 D <京鼎樓で小龍包&饒河街夜市編>

<<   作成日時 : 2017/01/25 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1月25日(水)

鶯歌から三峡へ向かうつもりでしたが小雨が降り出したので諦めて台北市内に17時過ぎには戻ってきました。
台北駅から徒歩でホテルに戻り荷物を置いて身軽になってから、夕食を食べに向かいました。
2泊3日の短い台湾旅行。最後の夕食なのでちょっと豪華に

台湾で小龍包といえば「鼎泰豊(ディンタイフォン)」が一番人気ですが一昨年食べに行ったけど1時間待ちはザラだし、今回は鼎泰豊で修業した人がやっている、こちらも有名な「京鼎樓(ジンディンロウ)」に行ってみました。
ホテルから徒歩10分程度で到着
画像
鼎泰豊は台湾のあちこちに支店がありますが、京鼎樓は台北市内の2店舗だけで、かえって日本国内に多く出店しており地元神戸にも支店があるので2度ほど行った事があります。是非今回は本場で食べてみようと…

行列もなくすんなり入れました。
台湾の食堂はたいてい伝票にチェックを入れて注文する方式なので簡単
画像
というか、おそらく客の100%が日本人みたいだし店員も日本語ペラペラで困る事はありません。

もちろん定番の小龍包は外せません↓ (190元なので約710円)
画像
肉汁ジュワーッの、アツアツ小龍包。
画像
ウマ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

こちらは烏龍茶が練りこまれた烏龍茶小龍包↓ (220元なので約830円)
画像
画像
普通の小龍包よりコクがあり、超ウマ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

豚肉チャーハン↓ (120元なので約450円)
画像
「餃子の王将」並みの価格ですが、すごいボリュームでした。
でもパラパラ感がなく素人が作った焼飯みたい 王将の方が旨いです。

お気に入りの空芯菜炒め↓ (140元なので約530円)
画像
こちらも、安いのに鼎泰豊や日本の京鼎樓と比べ物にならないボリューム

牛肉麺も食べたかったけど、もう満腹なので麺が入らない牛肉湯で↓
画像
170元なので約640円でした。
ビールは缶ビールですが200円程度と市内より高いけど日本の市販並み。
サービス料を10%取られるけど約3,500円と鼎泰豊よりかなりお手軽でした (小籠包のウエイトが高いけどね)
鼎泰豊のような行列もないし、価格・量とも京鼎樓の方が気に入った
※チャーハンは鼎泰豊の方が旨いです。

鼎泰豊の場所はこちら↓



もうフラフラですが夕食のあとは台湾のお楽しみ、夜市に向かいます。
中山駅から地下鉄に乗って松山まで10分程度(20元なので約75円)。

地上に出ると旧正月の飾りつけが超ド派手
画像

そして駅前にある、こちらもド派手な「松山慈祐宮」という寺院↓
画像
画像

その門前町に当たるのが「饒河観光夜市」です↓
画像

各種飲食店やバッタ物を売る雑貨店…
画像
画像
画像

ゲームセンターなどもあります↓
画像

そして反対側の出口にあったのが、このお店↓
画像
日本円に換算すると日本の価格と同等のようでした。

この夜市の名物が「胡椒餅」というネギたっぷりの豚まんのような饅頭らしく食べたかったのだが、京鼎樓のボリュームの多さに腹がいっぱいで食べれませんでした
http://www.taipeinavi.com/food/229/

帰りは松山駅から国鉄で台北駅まで戻る事に。
画像

JR四国の松山駅と姉妹提携しているのだそうです↓
画像
画像
国鉄で戻ると地下鉄より安い14元(約53円)でした。

台北駅から徒歩でホテルに戻り、晩酌
画像

「烏龍派出所」を見て眠りにつきました
画像
3連休で2泊3日のカツカツ台湾旅行。
明朝10時半にはもう空港へ向かわなくてはなりません

                                   Eへ続く…



シングルモルト ニッカ 余市10年 45度 700ml あす楽
酒類の総合専門店 フェリシティー
ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝が自らの理想を叶えるために選んだ最初の地、北海道余市はニッカだけでな


楽天市場 by シングルモルト ニッカ 余市10年 45度 700ml あす楽 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾に行きたいワン 2017 D <京鼎樓で小龍包&饒河街夜市編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる