鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS ANAで行く、東京・神奈川ツアー A <鉄道博物館編>

<<   作成日時 : 2017/05/15 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

5月15日(月)

築地で早い昼食に海鮮丼を食べてから大宮の鉄道博物館へ向かう事に。
関東方面に来ても天気がいいと撮影目的で他の所へ行くので、今まで何度も前を通っているものの入った事はなく、いつか天気の悪い時に行こうと思っていたけど今回が初訪問となりました。

都営地下鉄の一日券を持っているので、大宮へは板橋でJRに乗り換えるのが一番安いと判明し、築地市場から大江戸線と三田線を乗り継いで新板橋駅、JR板橋駅から埼京線で大宮へ…
画像
板橋から大宮はICOCA利用で388円。東日本ではJR・私鉄ともICカード運賃は1円単位で現金だと10円単位に切り上げ。IC利用に誘導しています。

大宮駅から鉄道博物館は1駅だけ「ニューシャトル」に乗ります↓
画像
神戸の「ポートライナー」のような無人の新交通システム。
1駅なので歩いても行けるかなと思いきや間に広い敷地のJR大宮工場があり、直線では歩けず2キロぐらいあるので素直に乗車した方が良さそうです。
運賃はICカードで185円でした。

3分ほどで、その名も「鉄道博物館駅」に到着↓
画像
博物館の真横にJR線があるのでJRが駅を作っても良さそうですが、そうすると郊外の町を走るだけの「ニューシャトル」の経営が危ういような気がします。

駅を降りるとすぐ、かつての「修学旅行電車」の生首がお出迎え↓
画像
私の修学旅行時代にはもう引退していたと思われ、12系の客車列車でした。

この青いモケットの直角シート。家に1ボックス欲しいものです
画像
この電車は玄関前に置いてあるので無料で見られます。

画像
入場料は千円。京都鉄道博物館の1,200円より安いのですね。
梅小路の扇形機関庫がある分、京都の方が広いような気がしますし。

屋内展示のほぼ全景が見渡せる2階のデッキから↓
画像
平日ですし、まだ昨年出来たところの京都と違って年数が立っているので客数も落ち着いてゆったりしています。

「ムーミン」と呼ばれていたEF55↓
画像
最近まで群馬あたりでイベント列車に使われていたと思います。

こちらは私の年代にはあまり馴染みのない旧型国電↓
画像
山口県の小野田線でこの手の電車に一度乗りましたが…
画像
これは鶴見線で使われていたやつでしょうか?

東日本とあって東北で活躍した名車が並びます↓
画像

京都と違うところはたいていの車内に入れるという事↓
画像
京都は保存と部品窃盗防止でほとんど車内に入れずつまらない。

なぜか地元の高砂線の看板がこんなところに
画像
関東の人が「高砂線」って言われてもピンときませんね。

屋外に置いてある急行型電車は休憩&食事スペースになってます↓
画像
高崎線や川越線の電車が横を走るのでまるで現役の車窓のようですが、駅弁や持ち込んだ弁当など家族連れが車内のあちこちで広げているので色んな食べ物の匂いが混じり合って気分悪く長居できませんでした。
各地の名物駅弁が売られていますが昼食は築地で食べてきたので買いませんでした。

屋内を走る、子供たちに大人気のミニ鉄道↓
画像
前を走る電車の進み具合で信号が制御されそれに従って運転するこのタイプのミニ鉄道は九州門司の鉄道記念館にもありますね。

JR東日本車両のミニチュアが色々走っておりました↓
画像

屋上に上がると新幹線の走行が見られます↓
画像
画像
東海道と違って、ここは色とりどりの新幹線が見られますね。
それにしても天気悪いですね〜

15時から転車台に乗ったSLの回転ショーが行われました↓
画像
火の入っていないSLが回っても大人には特に感動はありません。
このショーを見終えて、そろそろ退館する事に。
何か物足りないなぁと思ったら鉄道博物館に付き物の「ジオラマ」がない。
どうやらジオラマはリニューアル中で、当分おあずけのようです。

ニューシャトルで大宮駅に戻りました↓
画像

再び、都営地下鉄の駅に一番安く戻れる板橋までJR埼京線で↓
画像


                                   Bへ続く…



紙の「鉄道博物館」 作って楽しむ鉄道ペーパークラフト図鑑 (小学館SJムック)
楽天ブックス
作って楽しむ鉄道ペーパークラフト図鑑 小学館SJムック 小学館カミ ノ テツドウ ハクブツカン 発行


楽天市場 by 紙の「鉄道博物館」 作って楽しむ鉄道ペーパークラフト図鑑 (小学館SJムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大宮の鉄道博物館は、子連れで2回訪れたことがありますが、三男が生まれてからはまだ一度も訪れていないので、一度は三男を連れて行かなければと思っています。
修学旅行専用電車は子供の頃に大船駅で何度か見たことがありますが、私が小学校の修学旅行に行くときには湘南色の153系でした。関西では12系客車が修学旅行列車として使われていたとは初耳です。
鉄道博物館はレストランの座席数が少ないのに、初めて訪れたときはで、事前に弁当を買っていくのが賢明です。飲食スペースとなっている車両が多いので、ここを利用すると食事ができますが、臭いが充満するのが欠点ですね。
カツマティ
2017/06/05 22:26
カツマティ様へ
食事のできる車両、183系もあった事に、帰ってパンフを見てから気づきました。そちら側には行かずです。
神戸の小学生は非電化区間が多い伊勢方面へ行ってたので客車でした。伊勢は近鉄特急で行くのが一般的と思うけど大阪と鶴橋での乗り換えの手間を考えて国鉄利用だったのでしょう。数年前には修学旅行に晩年使っていた、はまかぜ用のキハ181が引退して使える車両がなくなりバス旅に移行しましたが長距離のバス旅で酔う子供が続出して近場の京都に変更になっているそうです。神戸から京都なんか日帰りで行く場所ですけどね。
鉄仮麺ライター
2017/06/06 10:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ANAで行く、東京・神奈川ツアー A <鉄道博物館編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる