鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS ANAで行く、東京・神奈川ツアー C <シーサイド江ノ電編>

<<   作成日時 : 2017/05/16 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

5月16日(火)

横浜2泊3日の旅。天気が良ければ昨日は江の島・鎌倉へ行き、今日は箱根方面へ行くつもりだったのだが、全国的に快晴続きの予報にも関わらず関東地方だけ曇りや雨のパッとしない予報続きで昨日は仕方なく鉄道博物館などに行きました。
3日間のうちまだ今日が一番マシな予報ですが、高いお金をかけて箱根に遠出するほど天気は良さそうにないので近場の江の島・鎌倉方面へ行く事に。

ホテルの無料朝食を済ませて8時半頃出発
画像
ホテルのすぐ前が横浜スタジアムです。

スタジアムの最寄駅、関内駅から京浜東北線に乗ります↓
画像

関内駅は県庁や市役所の最寄駅のようで職員らしき人々がドッと降りるので、通勤ラッシュも関内から先はガラ空きに。
画像
関内〜大船間はICOCA利用で302円でした。

大船駅でこちらのフリー切符を購入しました↓
画像
江ノ電の一日券「のりおりくん」は600円ですが、それに100円プラスするだけで大船からの湘南モノレールとJRにも乗れます。以前は東京や周辺の駅発着の分もあったと思うけど今は現地でしか買えません。
※江ノ電とモノレールにも乗れますが、発売はJRの駅だけです。

大船からは初乗車の「湘南モノレール」で↓
画像
モノレールは大阪で何度か乗っているけど、上から吊るされて走る「懸垂式モノレール」は初乗車なので興味津々。運転席の後ろに立って前面展望を楽しみたかったのだが、ガラ空きの車内で大の大人が前に立ってかぶりつくのも恥ずかしく出来ませんでした 混んでいた方が良かったのだが…
ぶらさがって走るのでもっとゆっくり走るのかと思いきや、普通の電車並に飛ばしまくるので驚き。山あり谷ありでモノレールのくせにトンネルもあったり変化に富む沿線でした。

前面展望は他人のYouTubeでどうぞ↓
https://youtu.be/mvpYmnuxTyw

あっと言う間に江の島駅に到着↓
画像

南に歩くとすぐ江ノ電の江ノ島駅がありました↓
画像
30年ぐらい前に訪れているのだが、こんな駅だったかな?

とりあえず、ベタなところで鎌倉高校前駅へ…
画像
ここまで乗った電車内で、テレビの撮影をしておりました。見た事のある女性外国人タレントだが名前が浮かびません。

ホームから江の島を望む、お決まりの構図↓
画像
天気も鬱陶しいが、海岸が工事中で工事用バリケードが鬱陶しい。
先日の京都丹後鉄道の由良川橋梁も足場が組まれていて絵にならなかったし、最近は予想外の撮影障害続きでツイてない。

ちなみに、最近発売された切手です↓
画像
偶然にも切手と同じ車両でした。
よく見ると、切手にもわざわざ工事用バリケードが描かれているようです。

駅を出てすぐのあたりの道路から↓
画像
ポスターのように、車が入らないタイミングなんて早朝でないと無理なのでは?
空気が澄んでいると富士山も見える場所ですが、今一パッとしない晴れなので富士山なんか見えません。

そして超有名な踏切です↓ 江ノ電最古の電車がやってきた
画像
この付近、「スラムダンク」というアニメの舞台だそうで、台湾人観光客が群がっています。三脚を道路に置いて撮影している人もいて、「車が通れない」と注意されていました。
ここもポスターやドラマのように車のいない状態での撮影は無理。車を通行止めにして撮影しているのでしょうか?

ちなみにこちらも最近発売された切手です↓
画像
こちらにも、工事用バリケードまで描かれていますね〜
絵なら修正出来そうなもんですが、単に写真を変換ソフトで絵画風に加工しただけなのかも。

                                   Dへ続く…








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
懸垂式モノレールは楽しいですね。以前、家族で江ノ島へ行ったとき、江ノ島までの交通手段を子供たちに選ばせたところ、小田急や江ノ電ではなくモノレールを選び、復路もモノレールでした。

いつ乗車しても混雑している江ノ電ですが、「1960年代には自家用車の普及の影響で廃止寸前まで追い込まれた。」と江ノ電の社長がラジオ番組で語っていました。高校の新設、テレビドラマのロケなどのおかげで江ノ電の利用者が回復したそうです。
カツマティ
2017/06/30 22:45
カツマティ様へ
湘南モノレールは速度やトンネルや驚きの連続でした。帰りも乗りたかったけど江ノ電でまた江ノ島まで戻るのが面倒でJRで帰りました。鎌倉や江ノ島は特に週末の渋滞が激しそうなので江ノ電が復権したのでしょうね。
鉄仮麺ライター
2017/07/01 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
ANAで行く、東京・神奈川ツアー C <シーサイド江ノ電編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる