鉄仮麺ライター放浪記

アクセスカウンタ

zoom RSS 18きっぷ+αで夏旅 B <伊豆急行 前編>

<<   作成日時 : 2017/07/25 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

7月25日(火) →時々

「ムーンライトながら」で東京駅に5時05分に着きました。西日本の週間予報は晴れ続きのようですが関東は南海上に台風があるからなのかずっと曇りや雨の予報
天気予報とにらめっこして、今日まだ晴れる事が多少期待出来そうな伊豆半島へ向かう事に。
東京駅では丸の内の赤レンガ駅舎をちょっと眺めただけで、5時20分発の沼津行きに乗車。上野東京ラインの開通で高崎・宇都宮方面から直通運転となり東京駅からの客が座れなくなったと不評の東海道線ですが、早朝のこの便は東京駅始発で、余裕で座る事が出来ました。
腹が減ったので小田原駅で一旦下車して立ち食いそばで朝食、後続の電車で熱海駅には7時42分に到着しました。

熱海からは7時55分発の伊東線、伊豆急下田行きに乗車↓
画像
伊東まではJR伊東線ですが、普通電車のほとんどは伊豆急の車両。
東急の中古ですが海側だけ西武特急の廃品を利用したクロスシートです。

画像
熱海や伊豆は首都圏からの手軽な観光地なので関東地方のようですが、東海地方の静岡県ですね。

電車はこのまま伊豆急行を経て下田まで直通運転しますが、JR伊東線の終点伊東駅で8時17分に下車↓
画像

昔ながらの風情ある駅弁&立ち食いそば店がありました↓
画像

ここ伊東駅で、7年前にJR在来線完乗を達成しました
画像
その後「仙石・東北ライン」が開通したので、また乗りに行かねばなりません。
…と言っても東北本線と仙石線を繋ぐ数百メートルの渡り線なのですが

伊東駅からは8時49分発のリゾート列車「リゾート21」に乗ります↓
画像
先ほどの東急の中古とは大違いの豪華な展望列車。

ただの普通列車なので普通乗車券だけで乗れますが、伊東から先はJRではないので18きっぷが使えず別途運賃が必要です。
伊豆急行は全国で1・2を争う超ボッタクリ。普通運賃ではとても乗る気がしないけど、今回期間限定で安い切符があったので伊豆行きを思い立ったのです。
画像
伊東から下田までの距離はほぼ大阪〜京都間と同じで阪急電車なら僅か400円で乗れる距離が1,620円 とても日常生活では使えませんね。
この切符は一日乗り放題で1,700円なので単純に往復してもほぼ半額。それでもまだ高いですけどね。
この切符は伊東駅でしか買えないので一旦伊東駅で途中下車したのです。
稼ぎ時の8月は発売されないけど9月からまた発売するみたいですよ。

途中駅からの乗車ですがボッタクリ私鉄なので伊東からはガラガラで、先頭の展望席にも余裕で座れました↓
画像
画像
青い海なら綺麗けど、どんより灰色の海

9時49分、終点の伊豆急下田駅到着。
バブル時代に流行した、ひな壇になった展望席です↓
画像

画像
20年ぐらい前に、レンタカーでは訪れた事のある下田です。

赤い色は金目鯛が名物の伊豆にちなんだ「金目電車」なのだそうです↓
画像

画像

改札を出ると、伊豆急グループの観光施設に誘う案内がいっぱい。
こちらは水族館へと誘う、改札前のさかなクン↓
画像

車で来た事があるので軽く流しますが、少しだけ街中をウロついてみました。
伊豆に多い「なまこ壁」の家が下田にも多数あるようです↓
画像
画像

そして下田といえば教科書でも習った、ペリーが黒船で来航した町。
その記念碑が港にありますが、続々と観光客がやってきます↓
画像
たいした事ないんですけどね…

海鮮丼でも食べようと思っていたけど中途半端な時間でまだ食堂が開いておらず、駅構内で売っていた金目鯛の押し寿司で昼食としました↓
画像
高かったけど、ウマ━━━(゚∀゚)━━━!!

                                    Cへ続く…



ギフト【静岡 伊豆】 縁起のよい 金目鯛 の姿煮( 金目鯛煮付け )
静岡グルメ セレクトフードコパン
商品名 静岡 伊豆 祝い魚の 金目鯛 の姿煮( 金目鯛 煮つけ ) 商品内容 国産 金目鯛姿煮( 金


楽天市場 by ギフト【静岡 伊豆】 縁起のよい 金目鯛 の姿煮( 金目鯛煮付け ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに、伊豆急行の運賃はボッタクリですね。しかも、リゾート21以外の車両は他の私鉄からの中古品ばかりで、情緒がありません。

金目鯛の駅弁は食べたことがありませんが、おいしそうですね。私にとっては煮付けが身近です。
カツマティ
2017/08/11 21:44
カツマティ様へ
大手の阪急電車を引き合いに出すのは酷かも知れませんが地方の三セク鉄道でもせいぜい千円ぐらいでしょう。外国人もびっくりのボッタクリ運賃です。ちなみにボッタクリ一位はおそらく大井川鉄道と思います。
金目鯛もですが他の魚も全般的に煮付けは食感が苦手です。刺身や焼魚なら食べますが。
鉄仮麺ライター
2017/08/12 20:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
18きっぷ+αで夏旅 B <伊豆急行 前編> 鉄仮麺ライター放浪記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる